ブログ・Blog

2018年

8月

20日

いよいよ8月22日(水)からキャメロン先生がやってきます!

 

ナマステ!

 

今日2本目の投稿です。

題名通りですが、いよいよ今週22日(水)から25日(土)までの4日間、

ニュージーランドよりキャメロン先生がAYKBにやってきます!

 

昨年の日本ツアーから神戸に来てくれて、

昨年はとても盛り上がった4日間でした!

それはやっぱりキャメロン先生の人柄だと思います!

そしてもちろん人柄だけではなく、

長く実践と指導をされているのでとても経験が豊富で親身になってくれます。

 

4日間のうち1日だけでも良いので、是非興味がある方は神戸にお越しくださいね!

そして、普段は休みの土曜日もマイソールクラスを行うので、

休日マイソールにもご参加ください!

 

土曜日の午後から夕方はWSも行いますので、

そちらも楽しみにしていてください!

 

 

2018年

8月

20日

金・土・日のWSを終えて

 

ナマステ!

 

金曜はマイソールクラス後に大阪でのWS、

土曜は広島県大竹市にてWS、

日曜はレッドクラス後に高砂市で不定期アシュタンガクラスを行わせて頂きました!

 

この3日間でお会いした多くの方が

アシュタンガヨーガを練習したいけど、近くにクラスがない。先生がいない。

ということを言っていました。

そして、練習は好きだけどまだ習慣にはなっておらず、

続けたいけど、どうしても朝起きると

『 今日は休もうかな。』

と思ってしまうことが多いそうです。

( もちろん習慣として長く実践されている方もいらっしゃいました。)

 

僕もその気持ちがすごくわかります。

僕はアシュタンガヨーガを練習したくて荻窪に引っ越したのに、

仕事と付き合いが忙しくて、毎日練習することができませんでした。

 

クラスに行くと90分前後練習していたので、

今日も練習をした。( Yes  )

休んだ。( No  )

Yes の場合は90分練習するべきだ!という思いも強く、

90分できないなら潔く休む。ということが多かったように思います。

 

けど、継続していて感じることは

毎日5分でも良いから呼吸を意識して身体と動かした方が良い。

ということです。

5分だとインド滞在中にブログで書いた

『 キャット&カウ ポーズ 』で背骨を動かして、

その後ダウンドックをしたら5分もかからないかな?

 

1週間に1回75分のクラスに参加することよりも

毎日5分ヨガを2セット( 朝と夜でもいいし、手が空いている時など。)

やる方が、ヨーガの恩恵を感じやすいと僕は思っています。

また毎日5分でも行えば、週に1回のクラスに参加した時の

自分の身体の変化も感じやすくなっていることでしょう。

よくお風呂や歯磨きで例えられますが、

1週間に1日だけ70分歯を磨くよりも

同じ70分でも朝晩5分磨いた方が良いに決まっていますよね!?

 

そして、5分でもいいから毎日練習を継続すると

趣味だったヨーガが習慣になり、

今までよりも格段に変化に対して敏感になることはもちろん、

毎日継続するという行為はとても自信がつきます。

 

そして、1ヶ月もすると5分じゃ物足りなくなってくることでしょう。

そしてら太陽礼拝をやれば良いし、もっとやりたくなったらBもやりましょう。

こうしてまずは5分でもいいから習慣にし、

習慣になってから少しづつ深めて行けば、

無理なく趣味から習慣になるのでは?と思っています。

 

沢山の方にご参加頂いて毎回とても嬉しいのですが、

ヨーガは継続しないと意味がないので、

是非、週末のクラスを機に、毎日5分でも良いから生活習慣に取り込んで欲しいと強く思います。

そして、また次回のクラスにご参加頂き、

継続してどう変化したか?

何が理由で継続が難しいのか or 簡単なのか?

など、なんでも良いので意見を交換することを楽しみにしています!

 

この3日間で出会ったほとんどの方が

すでにヨーガが身体や心に良いことはもちろん、

様々な分野との相性が良いこともご存知でした。

みんなヨーガが良いって知っているなら

後はそれを毎日やるだけです。

これを毎日継続した1年後や3年後を想像すると

ワクワクしませんか?

 

僕は来年の僕が今日よりも確実に成長していることを知っているので

ワクワクどころか、明日の練習が楽しみでしょうがないです。

 

5分なんてあっという間だし、

1年後も3年後も10年後もすぐですよ。

今日もやったを積み重ねていくのか?

何もしないでただ老け込んでいくのか?

常に選択権は自分にあります。

 

週末の3日間、ご参加頂いた皆様!

どうもありがとうございました!

 

 

ヨガアカデミー大阪

2018年

8月

17日

明日8月17日(金)はヨガアカデミーでWSが開催されます!

 

ナマステ!

 

お盆休みを頂きまして、関東の両家の実家から昨日神戸に帰ってきました。

20代の頃は実家にあまり帰らなかったけど、

関西に移住し、子供もできると

『 たまには帰りたい。』という気持ちが強くなってきています。

 

地元には18歳までを共に過ごした友達もいるので、

この数年は帰省するとみんなで集まるのですが、

当たり前の様に毎日遊んでいた友達なのに、

今となっては特別で貴重な時間になっていて

僕は北茨城市で育ったということを毎度再確認しています。

 

インドからも帰国し、お盆も終わり、とてもスッキリしています。

これからまたアシュタンガヨーガを練習して、伝えるということに

集中して取り組んでいこうと思います!

 

そして、明日はヨガアカデミー大阪にて

帰国後1発目のWSが開催されます!

今回も基礎を見直すWSになっていますが、

僕も KPJAYI にて基礎を見直し、学び直してきたので、

WSでそれをお伝えできるのがとても楽しみです!

そして、このWSが皆さんにとってもきっと良い時間になると思っていますので、

ご参加される皆様! 是非楽しみにしていてくださいね!

詳しい詳細はこちらをクリックしてください。

 

 

 

飛行機にも慣れたかな?

2018年

8月

09日

お盆休みについて

 

ナマステ!

 

今週もお疲れ様でした!

studio SUNDARI はお盆休みがあるので、

AYKB も休みを取らせて頂きます!

 

12・13・14・15日(水)はお休みになりますのでご注意ください。

 

では、また16日(木)のマイソールクラスからよろしくお願い致します!

 

 

2018年

8月

07日

帰国後の生活

 

ナマステ!

 

帰国して早7日、日本という国の素晴らしさを再確認しています。

これはちょっと海外旅行に行っても感じますよね。

 

順不同ですが、

・空気がキレイ

・町がキレイ

・ご飯がとんでもなく美味しい

・手にする物全てのクオリティがいい

・スーパーのレジスタッフのレジ打ち、袋詰めが完璧

・交通ルールを守っているドライバーが多い

・外は暑いけど、涼しい 

もちろん完璧ではないけど最高の国だと思うし、

日本に生まれて本当に良かったと思います。

 

 

さて、今回僕は時差ボケを感じていました。

日本からインドの場合は3時間半長く寝れば時差は解決でしたが、

インドから日本だと3時間半早く起きなければならず、

それは3時間半早く寝ることを意味していて、

帰国後3〜4日はリズムが戻りませんでした。

 

やっと、月・火のマイソールクラスでリズムが戻ってきているのを感じていますが、

食べ物が美味しすぎて食べすぎてしまい、体が重いです。

 

そして、エアコンを長時間利用しているので、

エアコンにもちょっとやられています。

もちろん、この暑さではエアコンなしではもっとキツイですよね。

 

そんなこんなで思っているのは

『 生活環境が変わった場合は慣れるまで無理しない 』

ということ。

僕はインドでの練習の調子が良かったので

帰国したらその続きを楽しもうと思っていましたが、

身体はそうは言っていないように感じます。

 

皆さんも

引っ越しや転職や

もちろん、アシュタンガヨーガを始めた場合も

( ヨーガを始めると生活は激変しますよね! )

ゆっくり慣らしてくださいね。

 

僕も慣らしていく為に

早寝早起きを徹底していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

8月

04日

無事に帰国しました!

 

ナマステ!

 

帰国の報告が遅くなりましたが、

無事に帰国し、昨日からマイソールクラスに復帰しています。

2ヶ月間のインドでの出来事をゆっくり報告しようと考えていましたが、

すでに日本での生活が忙しくなっていて、

まとめのブログは書けなそうなので、

思い出しながら小出しにしていきます・・・。

 

ただ、何度か思ったことの一つに

『 あっと言う間ではなかった。』

ということがあります。

僕は何事でもあっと言う間だったと感じることが多かったのですが、

今回の2ヶ月間のインドは1日1日がとても濃密でした。

たぶんですが、練習、アシスタント、病院の繰り返しだったので、

( 康平の子守と雨を気にしながらの洗濯物も )

いつも気をはっていたので1日がすぐに終わらなかったからだと思います。

その2ヶ月が終わり、

全てにおいてやりきって帰国できたことにホッとしています。

 

自分の練習のことも

息子と過ごすインドのこともどれも特別なことでしたが、

その中でも今回はシャラジのアシスタントを経験できたことは

特別の中の特別なことでした。

僕を選んでくれたことの意味を何度も何度も考えました。

もちろん、その答えはシャラジのみ知るのですが、

少なからず僕に経験を積ませるチャンスを与えてくれたことは、

僕とケイコのことを応援してくれていると受け止めました。

 

そして、アシスタントをさせて頂くなかで

今までは見ることのできなかったシャラ内での出来事、

何よりシャラジの指導を一番近い所で受け取ることができました。

年月をかけて本当にちょっとづつ、

だけど確実に学びを深めることができていることが僕はとても嬉しいです。

そして、これから日本でこの経験を皆さんにシェアすることは

僕に与えられた重要な任務、役割の一つだと思っています。

是非アシュタンガヨーガ神戸、もしくはWSに来て頂けたら嬉しいです!

 

 

最後にもう一つ嬉しい報告があります。

この度、妻・ケイコがシャラジより正式指導者資格( authorized )を頂きました。

09年始から二人で IYC 荻窪のキノシタケイコ先生のマイソールクラスに通い出してから丁度10年。

点と点を振り返るとあっという間ですが、

線で繋ぐととんでもなく様々なことがありました。

これからも様々な出来事が待っていると思いますが、

変わらず毎日の練習を継続することと、

AYKBの皆さんの練習を毎日サポートすることに全力を注いでいこうと思います!

 

今回のインドでお世話になった皆さんはもちろん、

日本で毎日共に練習をしている AYKB のみなさん、

家族や友人、ブログを読んでくれている皆さん、

これからもよろしくお願いいたします!

 

 

 

今回の往復の飛行機とマイソールライフを共にした仲間との1枚。

左から クリス(留守番)とチョウさん ( AYKB )

吉田早紀 ( アシュタンガヨガ田辺 )

ケイコ & 康平 & 僕  ( AYKB  )

加藤 ユキ ( マイソール別府 )

 

人生の中の本当に特別な時間をこのメンバーで過ごせて良かったです!

 

みんなありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

7月

30日

いよいよラスト1日!

 

ナマステ!

 

いよいよ明日が最後のマイソールクラス、

そして、アシスタントも最終日になりました。

 

今シーズンに思い残すことはもうありません。

後は明日の練習もいつも通り全開でがんばるだけです!

 

そしてこれがインドでの最後のブログになりそうです。

明日は練習、アシスタントが終わった後にパッキングをして

15時マイソールを出発して、

1日の17時頃に関空に着く予定なので、

2日のマイソールクラスは引き続きユキ先生ですが、

何事もなければ僕も練習に参加する予定で考えています。

僕は3日からAYKBに戻りますね!

 

この帰国日に合わせたかのように康平もケイコも完全に復活しています。

では皆さん、帰国後もよろしくお願い致します!

 

アシスタントメンバー 左から

 

清水誠也   ・ 日本

ハニー    ・ エジプト

ルーカス   ・ ブラジル

ミーシャ   ・ オーストラリア

キャロライン ・ ベルギー

ウーシャ   ・ インド

ヤン     ・ 中国

2018年

7月

28日

祝・康平が一歳になりました!

 

ナマステ!

 

今日は土曜日なのでレッドクラス。

ビザや飛行機の関係で帰国した生徒も多く、

今日は少し少ない人数でのレッドクラスでした。

いよいよ残りはレッド1回、マイソール1回です。

 

インドでの生活も終わりが見えてきたところでの

昨日のグルプルニマ。

そして、今日は康平が一歳の誕生日をインド・マイソールで迎えることができて

とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

ちょうど一年前に康平が産まれてから今日まで、

毎日育っていく姿、成長していく姿を見させてもらえて、

僕もケイコもいろんなことを感じ、沢山の幸せを感じることができました。

これからも大変なことも沢山あるだろうけど、

それらを含めて楽しみにながら日々の生活を送っていこうと思います。

 

また、家族や友人、

そして一番多くの時間を共にしているAYKBの皆さんには

これからも沢山お世話になりますが、

引き続きよろしくお願い致します!

 

 

言い出したらキリがないくらい、

この一年、僕たちの生活の中心には康平がいます。

 

これからの一年も康平から様々なことを学び、

共に成長を感じれる一年にしたいと思います。

 

康平ありがとう!

 

2018年

7月

27日

Gurupurnima グルプルニマ

 

ナマステ!

 

本日は満月の為、練習はお休みで、

KPJAYI では Gurupurnima というグル(師)を敬う催しが行われました。

毎年7月に行われているそうです。

スペシャルな行事だったので、

多くの人がインド式の正装で参加し、

記憶に強く残る1日となりました。

 

インドでの生活も残りわずかになり

かなりバタバタしてきたので今日は写真のみ。

明日もとてもめでたい日が続きます。

 

2018年

7月

24日

カウントダウン

 

ナマステ!

 

いよいよ KPJAYI での練習もカウントダウンです。

今週はマイソールクラスは後3回。来週の火曜日を入れて後4回。

 

月曜日に腹一杯ピザを食べたら

いつもより身体が重く感じました。

そして、毎週火曜日のマイソールクラス初日は

土・日・月とセカンドの練習をしていないせいもあり、

少し身体が開きにく感じているので、

ダブルで重く感じていたのですが、

それが火曜日の練習というものでしょう。

 

今日は2つすごく嬉しいことがあったのでその報告です。

1つ目は康平がとても完全に元気になっていることです。

月曜日に点滴の針を抜いてもらい、通院も終了。

心配事がなくなり、そして元気な康平から今まで以上のエレルギーをもらっています。

 

2つ目はやっとこカポーターサナで自分で片手だけカカトを掴みました。

僕がカポーターサナを練習している時間帯は

多くの生徒さんがアジャストを待っている時間とかぶっているので、

なかなかアジャストを自分のタイミングでは受けれません。

なのでアジャストをして頂いてカカトを掴むまでは

僕もトライし続けているので必然的に多くの回数を行なっています。

今日は5回目でやっとブレッドが来てくれました。

5回もやると1回目よりは格段に身体が開いているので、

いつもよりも深く掴めました。普段は5回で終わりにしているのですが、

ここからのもう1回で何かが起こるかもしれないと思い、

もう一度トライ。

 

するとまず右手がカカトに到着。

初めて自分で届いたことに少し驚きつつそのまま左。

もう脚がガクガク震えてしまい、これ以上押せない。

けど、もうちょい! 

いけ! もうちょっとやれんだろ! 

と、もがいてみると左手の指がギリギリカカトに届いたところで本日は終了。

カムアップして膝立ちのまま震えていると

『 ナイス トライ! 』

とブレッドが背中をポンポンと叩いて、笑っていました。

見ていてくれてたんでしょうね。

 

マイソールクラスはあと3回。

そろそろマイソールマジックが起こるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

7月

21日

康平の経過と練習のこと。

 

ナマステ。

前回の続きから。

 

火曜日、水曜日と夜中に康平がすごく吐いたので、

木曜日に再度病院に行きました。

 

そして、病院後ブログを書き終える前に康平に病院から処方された薬(シロップ)を飲ませると、飲んですぐにまた嘔吐。

もう、おっぱい以外を口にできなくなっていて、

水を飲んでも嘔吐してしまう為、薬を飲ませることもできず、

康平が見る見る衰弱した為、木曜日の午後再度病院へ。

もうこうなると点滴で薬を入れるしか手はなく、入院しました。

 

最初は大部屋だったけど、うるさいし、明るいから個室にしてもらい、

3人で病院に泊まりました。

水曜、木曜と風邪と言われていたけど、

血液検査の結果

『 ウイルス性の感染症 』

と診断されました。

ケイコもウイルス性の感染症ですが、

インドでは何のウイルスかを特定することはせず、

ケイコの時も康平も

『 何のウイルスかわからないけど、インドのワイルドなウイルス 』

というかなりアバウトな診断です。

 

日付が変わり午前2:30。

僕は一度家に帰り練習へ。

 

みんなそうだと思うけど、アーサナの練習に私情は持ち込みたくないですよね。

生きているから様々なことが日常で起こるけど、

そういう外側の出来事は一旦横に置いて、

日常生活では入り込むことができない内側の世界、

自分自身を見つめる為に日々練習をしているのですが、

どうしても金曜日の練習は康平のことを何度も思いました。

 

僕はアーサナの練習で日々自分自身を見つめる練習は

生きていく上でとても重要なことだと確信しています。

例えば地震や災害、または今回の僕のケースの様な家族のこと。(今回は軽いけど)

今後の残りの人生で、味わいたくないけど確実に経験する困難を迎えた時に

自分が自分でいる為に、日々自分がどういう人間なのかを知っておきたいし、

外側で何が起きても内側は安定していられるようになりたいと思っています。

 

だから、心配事や嫌なこと、もちろん嬉しいことや楽しいことも

練習には持ち込みたくないのですが、

点滴の針を刺され叫び、嘔吐し、泣きじゃくる康平がかわいそうで、

ケイコももう1ヶ月半も体調が悪いので、

康平も長引いたらかわいそうだなぁ。

と、いくら骨盤底筋を閉め、呼吸音を出しても

吐ききること、吸いきることを気にしても

思考がもって行かれました。

 

そして、あっという間にカポーターサナ。

できるだけ全身を満遍なく伸ばすことを意識し、

何度も呼吸を繰り返しながら降りていると

『 キャッチ! キャッチ! 』

と近くも遠くもない位置からシャラジの声が聞こえました。

『 これはオレに言ってるぞ! 』と気づき、

カカトの横まで歩き、そこからカカトまで登れずにもがいていると、

サクっとアジャストされました。

 

今回アシスタントの機会を頂き、気づいたのは

シャラジは生徒のレベルに関係なく、

チャレンジしている生徒をかなり応援していること。

そして、そのチャレンジに成功すると、とても嬉しそうにしていること。

僕はこの3週間でそんなシャラジの表情を何度も見ました。

だからこそ、僕のカポーターサナでその表情にさせたかったのですが、

それはもう少し持ち越しになりました。

 

さすがにこの時は何も考えることはできず、

掴めなかったけど、やりきった思いでいると、

なぜか僕は立ち上がりドロップバックをしていました。

本来ウールドゥヴァダヌラーサナ(ブリッジ)を3回するのですが、

なんと忘れていたのです。

アシュタンガヨーガを始めてから初めての出来事です。

ドロップバック、そしてカムアップで起き上がった時に

『  あれ? 飛ばしてしまった。』

と気づき我に帰ると、また康平を思い出しました。

『 まぁ、こんな日もあるし、これも練習だよな。』

と言い聞かせ、残りをこなすと、

いつもより着地点がかなり近く、

その後ブレッドがアジャストにきてくれて練習が終わりました。

 

シャワーを浴びて病院へ戻ると

康平は起きたところだったけど、元気がなくて、ぼーっとしていました。

もう少し入院が長引くつもりでいようとケイコと話し、

またシャラに戻りアシスタント。

 

いつも気にかけていた男性が休みでした。

男性は生理がないから休む理由は病気のみ。

『 食あたりかな? 』

なんて勝手に人の休みを食あたりと決めつけながら、

みんなの練習を見ていると、

できないことができるようになっている人もいれば、

できたことができないようになっている人もいます。

少なくても1ヶ月、または2ヶ月間スペシャルな練習をするので

人生最高の練習を味わう日もあれば、

病気になったり、痛みを味わったり、

ホームシックになったり、母国で大きなニュースがあったりするので、

集中できる日もあれば、

マインドを揺さぶられる出来事も多々あります。

世界中から様々な人々が来るけど、

みんな人間なので山あり谷ありの人生。

今日が山の人も、谷の人も、平地の人もいますよね。

でも山でも谷でも平地でも結局できることと言えば、

今この瞬間に自分に与えられている役割を全うすることだけです。

ここでの僕にとってそれは、

自分の練習であり、アシスタントです。

アシスタント中の方が

『 シャラジの生徒さんをアジャストさせてもらう責任 』

を感じているので、自分の練習よりも集中できたように思いました。

 

 

11時にアシスタントを終え病院に行くと、

朝とは大違いの笑顔の康平がいました。

今後は点滴の針を腕に残したまま、

通院しながら薬を腕から投与することになり退院してきました。

でも、夜中は熱が上がり、嘔吐。

下剤を入れるか悩んだけど、吐いたら少し楽な表情になっていたので、

そのまま寝て、僕だけ早朝起きてレッドクラスへ。

クラスを終え6時に帰宅すると

康平の熱は下がっていました。

カンファレンスの後、午後に病院で薬を投与し、

発熱から8日経ち点滴も3日目、

やっと前日より元気になってきて少し安心してきました。

 

今回は康平とケイコの病気のような軽い出来事を経験しながら、

いずれ必ず訪れる本当の試練に備えられる精神的な覚悟と準備をするきっかけになりました。

いよいよインド滞在も後10日。

康平とケイコが回復し、僕はこのまま最後まで元気に過ごせることを願います。

 

 

今日の康平。

2018年

7月

21日

7月19日(木)のこと。

 

ナマステ!

 

相変わらず今日の練習のことを思い出すと

カポーターサナとバックベンドについてになっていまいます(笑)。

アシュタンガヨーガのアーサナのクライマックスは

バックベンド(後屈)なんですが、

僕は最後のアーサナもカポーターサナ(後屈)なので、

超後屈の直後に超後屈をします。

 

なので、カポターサナでの感覚がそのままバックベンドに繋がります。

これってかなりやっていて楽しいです。

 

そして、今日(木曜日)の気づきは

『 まだ伸ばせていないところがある。』

ということ。

 

カポーターサナもバックベンドも全身を満遍なく使わないと

できるはずがないようなアーサナなんですが、

どうしても意識しやすいところに頼りがちになり、

全身を均等に満遍なく伸ばすって僕にはとても難しく感じています。

 

そんな中で、今日は今まで伸びていなかったところが伸びて、

新しい感覚が芽生えました。

『 こんなところにこんな感覚がある!

  今までの人生で一度も伸ばしていなかったところだ! 

  これだー!! 』

と脳内で興奮してカポーターサナを終え、バックベンド。

 

確実に今までよりも伸びた分、

今までよりも踏ん張れた感覚。

きっと見た目はそんなに変わっていないだろうけど、

内側は今までとは良い意味で違う感覚を得ました。

 

明日の練習で今日の感覚を再確認するのがとても楽しみです。

 

 

 

さて、その後のアシスタントの時間でもとても嬉しいことがありました。

それは僕がよくバックベンドを担当する中国人のおじさんなんですが、

( たぶん50代 )

彼はドロップバックはできるけど、

カムアップができなくて、

いつもカムアップ3回をちょっとだけ手伝っていました。

そして、今日の2回目ではほんのちょっと触っただけでカムアップできたので

3回目は触らずに見ていたら、初めてカムアップできて、

二人で喜びを味わいました。

やっぱり、初カムアップの瞬間を共有することはとても嬉しいです!

なんと言っても、おじさんが超嬉しそうでした!

 

アシスタントも3週目。

3週も練習を見させてもらうと、とても多くの変化と変容、練習生の成長をみます。

そして僕も練習生のことを少しづつ知ってきたし、

練習生も僕のことを少しづつ知ってくれてきています。

僕自身練習に夢中になっているように

シャラにいる一人一人が夢中で練習しているので、

それだけのエレルギーとドラマに包まれて、

めちゃくちゃ疲れるけど、

それ以上のポジティブなエレルギーを頂けています。

 

実は1週目はみんなのエネルギーが強すぎて圧倒されてしまったけど、

少しづつ慣れてきて、練習生が放つエネルギーが消化できるようになったような、

自分のモチベーションの燃料にできるようになってきている感覚です。

 

 

と、実はここまでは木曜日に書いたんですが、

康平の体調が悪化し、

病院に行くと入院することになりました。

 

一旦区切って、経過を連続で投稿します。

 

2018年

7月

17日

今度は発熱

 

ナマステ!

 

日本はとんでもなく暑いようですね。

こちらインドは最近はモンスーン(季節風)の影響の為、

風が強いし、少し肌寒く感じています。

雨期と言っても6〜10月までの5ヶ月間もあるので、

雨期の中でも気候の変化があるようです。

 

そのせいか?

康平が熱を出し4日目になるので、今日は子供病院に行ってきました。

風邪と診断されシロップの薬をもらい、とりあえず様子をみています。

本人はいつも笑顔なんですが、

おっぱいばかりでご飯を食べないので元気がなくなっています。

きっと赤ちゃんが熱を出すなんて当たり前のことなんだろうけど、

初めてのことなので、いちいち心配しています。

 

病院の帰りにお腹が空いたのでお昼を食べに行くと、

アシスタントでお世話になっている

アメリカのヴィヴィアンと旦那さんのエリックが後からきて相席しました。

二人の娘さんは現在20歳になり、今は一緒にインドには来ていないけど、

やはり子供の頃には一緒にマイソールに来ていて、病気の度に心配したそうです。

さらに彼らが来ていた頃のインドはもちろん今よりもはるかに過酷だったようです。

そして過酷が過酷じゃなくなったのはインドの発展と衛生状態の向上はもちろんですが、

もう一つ大きなな理由としてスマホの存在が大きいと思います。

 

例えば、今回の発熱ももちろんスマホを使い

( 1日1、5GBまで毎日使い放題、通話し放題3ヶ月プランで1000円 )

・1歳未満の発熱について調べる。

・日本のママ友にラインで聞く。

・以前インド人から薦められた子供病院の地図を写真のフォルダから探し、

・グーグルマップで検索

・病院の先生とは辞書と翻訳アプリでやりとり

とスマホ一つでほとんどのことができてしまいます。

 

ちなみに、2年前はすでにsimフリースマホをインドで使っていたけど、

3年前は僕はまだwifi環境が整っているところだけでの利用でした。

そういえば2012年の時点でもsimフリーiPhoneを使っている日本人もいました。

2018年現在はほとんどの人が現地の格安simを利用してインドで生活しています。

メルカリで1500円ぐらいから買えるから、持ってこない理由がないですよね。

 

ちょっと便利ついでに話がズレますが、

『 Uber  』ってタクシーを探すアプリがあるんですが、

目的地を入れると料金と、何分以内で迎えにくるかが表示されます。

しかもタクシー(自動車)なのに、リキシャ(ドアなしの三輪車)よりも安いのです。

もちろん、料金が表示されているので価格の交渉やぼったくりもありません。

マイソールは日本と比べるとめちゃくちゃ空気が悪いので

多分もう僕は家族での移動でリキシャを利用することはないでしょう。

 

こういった便利になることで窮地に立たされる業界もあれば

潤う業界もあることでしょう。

便利になることが良いことなのか?

悪いことではないと思うけど、

良いことだけでもないでしょう。

 

リキシャに乗る楽しさが無くなったり(実際乗ると楽しい)、

不便さがもたらすインドの楽しさが減ると思う人もいることでしょう。

 

 

インターネットとスマートフォンのおかげで、

世界中がとんでもなく便利になって、

人間のライフスタイルがものすごいスピードで変化していることを感じます。

00年代と10年代で大きく違うように

後数年で迫ってくる20年代はどんな時代になるのか

僕には想像もできません。

 

と僕の悪い癖で話が二転三転、

落ちどころを見失って来たので今日はこの辺で。

 

早く康平が元気になることを祈ります。

2018年

7月

15日

6月・7月のマイソールの気候について

 

ナマステ!

 

今日は題名通りですが、6・7月のマイソールの気候について書いてみます。

通常 KPJAYI のオープン期間は10〜3月の為、

6〜8月の雨期のマイソールに来ることは少ないと思いますが、

将来的に6〜8月にオープンする可能性もあるし、

サラスワティ先生のクラスに参加する方もいるかと思うので、

この時期のマイソールに来る方の参考になれば嬉しいです。

 

まずは雨ですね

5月末〜6月上旬は夕立が多かったのですが、

いつのまにか夕立も少なくなってきていました。

日中に雨が降ることは多いのですが、

一日中雨が降り続けた日はほんの数日で、

そこまで雨が苦にはなっていません。

ですが、毎日ランダムにパラパラ降るし、

時に大粒の雨が洗濯物を濡らします。

僕が一番心配していたのは洗濯物が乾かないこと。

または半乾きの匂いが残ることでしたが、大丈夫でした。

理由は3点。

① 干せる時間帯がある。

② 速乾の服がほとんどの為すぐに乾く

( いわゆるヨガブランドや・アウトドアブランドの洋服です。)

③ 部屋干し用洗剤を日本から持って来た。

 

②の乾きやすい服は好みの問題もあるでしょうが、

半乾きの匂いの服よりは個人的にはましだと思っています。

Tシャツは10分もあれば乾きます。

 

③の部屋干し用洗剤は日本から一箱持って来ましたが、

まだ半分ぐらい余っています。

2018年のマイソールには部屋干し用洗剤は売っていないので

日本から持って来た方がいいでしょう。

この1ヶ月半で数日でしたが、外に干せない日があり、

とても助かりました。

 

傘などの雨具について

まず、個人的は傘は必須ですかね。

ちなみに僕は外国に行く時は必ず折りたたみ傘は持っています。

それは日本の家から空港や、トランジットの国で雨が降っている可能性があるからです。

もちろん、今回の雨期のマイソールでも重宝しています。

 

バイクに乗ることも考えて、

ゴアテックスの雨具上下も持って来ましたが、

まだ一度も使っていません。

『 ポンチョが便利だよ。』とアドバイスを頂きましたが、

シャラまで歩いているので、今回は傘だけで事足りました。

これがシャラまでバイクの方はポンチョがあった方が便利だと思います。

 

ただ雨については日本同様その年によってかなり違うので、

いっぱい降る年もあれば、そんなに振らない年もあるでしょう。

 

 

続いて気温。

平均気温が何度か測っていないのでわかりませんが、

とても過ごしやすい気温です。

1〜3月のように暑くないし、

そんなに寒くもないです。

ですが、ダウンかフリースは1枚持って来た方がいいと思います。

まず、マイソールは標高が700mぐらいあるので、

高尾山や六甲山の山頂のイメージです。

朝晩はそれなりに寒いですよね。

また、1〜2ヶ月の滞在で体調を崩す可能性もあるので、

そういった時に洗えるフリースがあった方が便利です。

ダウンは洗えないから、僕はフリース派です。

 

日中はTシャツで過ごしていますが、短パンってほどの暑さではないです。

僕は7部丈のパンツで過ごしていて丁度良いです。

長ズボンは早朝の練習の時と飛行機移動の時だけなので

1本しか持って来ませんでしたが、これぐらいの涼しさならもう1本あっても良かったかも。

この辺は人それぞれですかね。

シャツがないと涼しい日も結構あります。

なので、11〜12月のマイソールに似ているように感じます。

 

ロンT2枚、シャツ2枚持って来ましたが、丁度良かったです。

ただ、なぜかレギンスを持ってこなかった為、

次回は必ずレギンスも1〜2枚持って来ようと思います。

睡眠時寒いんですよね。

 

余談ですが、僕は海抜0mのゴア、しかも2〜4月の暑い時期を過ごした頃は

必ず手袋を持って行きました。

なぜか早朝がとても寒く、手袋をしないとバイクの運転が大変だったからです。

早朝にバイクを10分以上運転する可能性がある場合は手袋は必須です。

 

 

食べものについて

何かシーズンで違うかな?と思っていたけど、

マンゴーがあるぐらいで他は僕には違いがわかりません。

くれぐれもマンゴーの食べ過ぎにはご注意を(笑)!

 

 

蚊について

今回一番心配したのはデング熱でした。

僕は今シーズンはかなり病院に行っているので、

デング熱のことも先生に聞いていますが、

マイソール市内では感染者はいるけど、ゴクラムにはいないとのこと。

そしてやはり7月まではまだ流行らないようです。

これもその年によって違うと思うので毎年ご注意を。

僕は今回とても大きな蚊帳を持ってきていて、

それはとても重宝しています。

病気を持っていないとしても蚊がいる部屋での睡眠はとても不快ですよね。

以前蚊に睡眠を邪魔されたシーズンがあったので、

これも家の作りなどによるでしょうが、蚊帳は便利です。

 

また、日本から

『 ワンプッシュで蚊を寄せ付けない! 』

スプレーを持って来ましたが、あまり効いていません・・・。

現地で購入できるベープで十分だと思います。

 

以上、今僕が思いつく気候についてですが、

僕が例年来ていた12〜2月と比べると

6〜7月の方が圧倒的に過ごしやすいです。

やはり暑くない。ということと、

毎日雨が少し降るので、ホコリが舞いにくいという点です。

インドの空気の悪さは半端ではないので、

僕にとってはかなりストレスでした。

 

 

ちなみに8月のことは全くわからないので、

8月のマイソールを検討中の方は8月経験者に聞いた方がいいですよ。

8月からはいよいよデング熱シーズンらしいので

もっと蚊の対策をしっかりした方が良さそうですね。

 

 

 

雨期のマイソールは緑満載。そして様々な花が咲いています。

2018年

7月

14日

カンファレンスについて

 

ナマステ!

 

今日は週の最後のレッドクラスでの練習でした。

週の最後の練習はどのシリーズを練習している生徒でも

全員プライマリーシリーズを練習します。

何年も何十年も練習しているメンバーでのプライマリーレッドクラスは

とても穏やかな雰囲気に感じました。

 

そして、シャラタイム am 9:30からは

シャラジのカンファレンスがありました。

( 基本的には毎週ある。)

 

話は少し変わりますが、

現在はシャラジはレッドクラスやカンファレンス( 講話と質疑応答 )

ではマイクを使用していますが、

それは2〜3年前からで、それ以前はマイクなしでそのままカウントやお話をしていました。

その為、シャラジの近くに座らないと聞き取れなくて、

更に英語が苦手ということもあり、

カンファレンスのお話の内容をあまり理解することができなかったのですが、

現在はマイクを使用しているので、どこに座っていても聞こえるし、

英語にも慣れてきて、カンファレンスでお話を聞けることがとても良い経験になっています。

 

少し前のブログでも書きましたが、

カンファレンスの内容をSNSやブログでアップすることは禁止されています。

メモを取ることも禁止されています。

以前は録音して文字起こしをしたものがFacebookに上がっていることがあったので、

それを禁止したのかもしれません。

 

何が言いたいかというと

『 禁止されているけど、皆さんに伝えたい! 』

ということなんですが、

文字起こしみたいなきっちりしたものではないので、

『 こんなことを言っていた。』

程度のことはこれから小出しにしてみようかと思います。

もし、この件に関して

『 それはダメでしょ! 』というご意見があれば是非直接ご意見をください。

僕もダメと思う面もあるし、書き方によっては良いのでは?

と思う面があり、ずっと悩んでいます。

 

 

 

今日はドリシュティについて細かくお話されていました。

9つの視点の位置や間違えやすいアーサナの話。

難しい場面での簡単ヴァージョン。

そして、核心は

『 9つの部位を見ているようだが、ドリシュティで見ているのは自分自身だ。 』

とおっしゃっていました。

そこから更に深いお話に入っていきました。

( その話はクラスやWSでシェアしますね。)

 

僕が今シーズン特に感じていることは、

シャラジは質問の答えを細かく説明してくれるようになったように感じます。

以前は冗談を言ってはぐらかすこともあったのですが、

今シーズンは冗談も言うけど、しっかり説明してくれます。

 

例えばバックベンドで毎日足首をつかまされる(つかませていただいてる?)

ことについては、何年か前は

『 Just Fan !』

と言ってみんなが笑って終わりでしたが、

今シーズンも同じ質問があり、その時は質問者に

 

シャラジ

『 つかみに行く時、つかんでいる時に何を考えている? 』

質問者

『 何も考えることができません。呼吸のことで精一杯です。』

シャラジ

『 それでいい。何も考えずに呼吸に意識を向ける練習の為だ。』

 

というやりとりがあり、

その後にもかなりこれについての補足をお話してくれました。

毎日足首をつかみにいくことはシャラジを楽しませる為ではなかったのです(笑)。

 

 

どうしてもヨーガ練習というとアーサナのことをイメージするかと思いますが、

( 実際にアーサナの練習をしている。)

昨日も書いたけど、

アーサナの練習を通して、様々な変化と変容を体験します。

それはすごく個人的なことで、

誰かが変わりに練習することはできないし、

誰かの経験を自分のものにすることもできません。

そして、長い年月がかかるし、終わりもありません。

また、自分自身で経験したことは誰にも奪われることはありません。

 

この経験を一日でも長く、

そして思い切り楽しんで続けて行こうと思います。

 

 

 

 

 

2018年

7月

13日

心の成長について

 

ナマステ!

 

今日はムーンデイの為練習はお休みです。

もうここでの練習も残すところ約2週間となりました。

 

僕の日課の一つにブックマークしているブログを読むということあるのですが、

木下景子先生のブログ『 身体の限界はある、心に限界はない。』

を読んでハッとして、この二日間は自分の心について考えていました。

 

どこか抜粋しようと思ったけど、
全文を読まないと誤解を生みそうなので抜粋できませんでした。
ぜひ全部読んでください。

 

 

僕は今までの人生で、『 頑張る 』とか『 努力 』をせずに大人になってしまい、

( 学校や職場で強制的に頑張らさせられたことはある。)
『 努力 』とは無縁のことに打ち込んだことはあるけど、
それはただ楽しいだけで、
ただ楽しいだけの日々に楽しさの限界を感じていました。
だから自分の意思で何かを頑張ったり、
努力することに憧れを抱き、
そして、アシュタンガヨーガに出会い
初めて真剣に何かに打ち込める人生を歩めて、
ヨーガという生き方に気持ちが高まっていっている最中です。

 

だけど、心にはもっと様々な感情や働きがあって、

頑張ることや努力という性質の気持ちを使った時に現れている
もっと違う感情や思いにも意識を向けていかないと
偏った主観で自分の世界を作り上げてしまうし、
視野が狭くなってしまいますよね。
時に心の成長のチャンスを潰してしまうことも。

 

( ちょっと誤解を生みそうな文脈になってきたので補足ですが、
あくまで練習中の一番のテーマはトリスターナという呼吸と視点を定めるテクニックを用いて、『 集中 』することとしています。
で、僕の中での頑張ることや努力とは
バックベンドやカポーターサナでの最後の一押しと一呼吸や
ウップルティヒでお尻が着きそうになってからのもう一呼吸です。
それ以外のほとんどは頑張ることを手放して、集中することを意識しています。)

 

それを踏まえてあくまで僕なりにですが、
今回のインドではアーサナの練習を頑張っています。
( 身体に痛みがないので。痛みがあったシーズンは全く別のテーマで過ごしていました。)
だけど、痛みがない時に頑張ること自体は思っていたよりは簡単で、
( 前回のブログでは挫けた時のことを書きましたが )
昨日という判断基準があるから
ただ毎日昨日の自分よりもやるだけです。
それが強くなるポイントだと思っていたし、
練習を通して強くなりたいとも思っていました。
だけど、そこから生まれる、もしくはその時に元々存在していた感情には
見向きもせずにいました。

 

昨日、一昨日とその感情がどんなものか見ようとしたけど、
今まで見ようとしてこなかった感情だったので、
それがどんなものかはわかりませんでした。
が、そこに何かはいました。
本当にちょっとづつではあるけど、
ヨーガという実践は自分について様々なことを教えてくれます。
けど、それには師や先生が必要です。
自己解釈のみでの学びと実践は
それこそ独りヨガリ。
景子先生やシャラジの一言がないと
( 今回のような景子先生のブログとか )
火の付いたやる気というエネルギーは
時にコントロールができなくなってしまうようにも感じます。
すでに僕は全開を出しきらなくては満足できないようになっているし、
満足感を得る為の練習になっていました。
まして、僕のようにそれが良いことだ!
自分の為になることだ!
という思いが強くなればなおさらです。

 

心の成長の為にももっと自分の心に意識を向けてみます。

 

アーサナの練習を通してヨーガという生き方に出会いましたが、
アーサナの練習をすればするほどに
アーサナの練習をしている訳ではないということを思います。

 

僕とケイコは幸運にも最初のアシュタンガヨーガの先生が木下景子先生で
10年経った今でも見守ってもらっていますが、
皆さんも素晴らしい先生に出会えるといいですね。
景子先生のブログからのヒントを僕なりに模索していくこと。
答え合わせはないけれど、
きっと僕の道筋が少し危うくなってきたら
また道しるべを差し伸べてくれることでしょう。

 

残り2週間、少し視野を広げて挑戦を続けていこうと思います。

 

少し髪の毛を整えて気分転換

2018年

7月

10日

KPJAYI 練習日記

 

ナマステ!

 

昨日ブログを書こうと思ったんですが、

土曜日のカンファレンスで

『 今度の月曜日はネットをやめてみたらどう? 

  ネットを使わない。これぞヨーガDay だ(笑)。』

とシャラジが提案していたので、ネットを休みました。

 

インターネットはとても便利で

もはや人生になくてはならないものになってしまいましたが、

必要な時間だけネットを活用するということがとても難しいです。

 

これを機に使わない曜日や

もしくは使う時間帯などを決めてみようかと検討中です。

 

さて、昨日は週の初日、レッドクラスでした。

シャラで着替え終わった後におしっこをしているのですが、

なぜか昨日は始まりのチャンティングの時点で尿意を感じました。

『 むむむ。さっきトイレに行ったのに、これは確実に尿意だ。』

マイソールクラスは自分のペースで練習をしているので

比較的トイレに行くことが気まずくないのですが、

レッドクラスは集団クラスなので、

なんとなく気まずいのです。

しかも昨日はドキュメンタリー?か何かの撮影があったので、

なおさら気まずさを感じました。

 

『 これも何かのメッセージと思い、最後まで我慢してみよう。』

と気持ちを切り替え、最後まで我慢しました。

また、

『 本当に集中できれば尿意も消えるはずだ。』
と思い、呼吸とバンダをとにかく意識しました。

が、僕の集中力なんて大したことないようで・・・(笑)、

尿意は最初から最後までずっと共にいました。

 

ですが、『 おしっこを我慢する 』

という意識は尿道を締めるということ。

ムーラバンダは尿道と肛門の感覚がとても重要なので、

まんざら悪い練習ではなかったかと思います。

これが、マイソールクラスや一人での練習だったら

100%トイレに行ってただろうし、

こんなタイミングでもない限り、こんなに我慢することもないでしょう。

『 で、我慢したから何なの? 』

と鋭いツッコミを入れられると

『 いや、特になんでもないです・・・。』

ただ、80分トイレを我慢して練習をしたという報告です。(笑)

 

 

そして、今日の練習。

カポーターサナはいつもと変わらずだったけど、

バックベンド中に全然脚が押せずに今日は足首を掴めませんでした。

先週最後のカポーターサナで自分の中でとても良い感覚があったので、

その感覚を追いかけて何度もやり過ぎたからかもしれません。

バックベンドでは脚を押そうと思っても押せなくて、

最後は気持ちが折れました。

上記のような言い訳を探したり、

『 そんな日もあるさ。』

と思っても良い。と言ってくれる人もいるかもしれないけど、

今シーズンは毎日全開で練習することを目標にしていたので、

なんだかとても悔しかったです。

 

ここでアシスタントを入らせて頂いて毎日思うけど、

みんなすごく頑張っています。

ハーフプライマリーまでの人も

セカンドシリーズの人も。

そして、僕がアシスタントをしている時間に

一人だけ4thシリーズの練習をしている人がいるのですが、

その人も半端じゃなく頑張っています。

もちろん、みんな人間なんで毎日100%全開ではないと思うし、

そもそもそんなテーマじゃない人も多いかと思います。

アーサナの練習を頑張る必要なんてないのかもしれません。

が、どうしても頑張っている姿は目に入ります。

 

そんな中今日ももちろんアシスタントに入らせてもらいながら、

今朝自分の気持ちが折れたことをとても悔やみました。

みんなここでの練習の為にお金貯めて、仕事を辞めたり(休んで)、

それなりの犠牲を払って世界中から来ているのに、

最後の最後踏ん張れないヤツにアジャストされたくないですよね。

 

できる・できない、を言ったらできないことの方が多く、

経験も浅く、スキルもセンスもない僕みたいなヤツに残されているのは

気持ちだけだと思ってやってきているので、

本当に今日も全開で自分を出し切ったのか?

集中して練習したか?

と自問しながら悔いの残らない日々を過ごしていこうと再度思いました。

 

 

 

赤ちゃんは本能100%

2018年

7月

06日

猫・牛のポーズ

 

ナマステ!

 

ケイコの熱の件でご心配をおかけしたようですが、

熱は下がり、練習も再開しているのでご安心を。

書かなくてもいいのでは?

と思うこともあるのですが、

これからインドに来ようと思っている人は

マイソールがどんなところか?

どんなことが起こる可能性があるか知りたい人もいるかと思い、

なるべく書いています。

病気になれば病院に行けるし、保険も使えます。

これをどう思うかはそれぞれですよね。

 

そして、皆さんにご心配をおかけしないように

本当にヤバいことはブログでは書かないので安心してください(笑)。

 

さて、今週はムーンデイ無しの練習ですが、

アシスタントでの疲れとは裏腹に

今日は今シーズン一番の練習ができました。

その大きな要因は

食あたり中に痛めた左腰が完治したことです。

6月末は痛みというか違和感が残っていたのですが、

今週で違和感もなくなり、絶好調に戻りました。

そして、それには心当たりがあります。

 

それは題名にも書いた

・猫のポーズ

・牛のポーズ

を朝・昼・晩はもちろん、

できるタイミングがあれば日中何度でも行ったことです。

 

猫のポーズ

 

牛のポーズ

 

腰痛に効くポーズの代名詞とも言われている

超シンプルな動きですが、かなり効きます!

 

おかげで後屈がとても良い影響が出ていることを実感しています。

また、今日はその影響もあり、

カポターサナでとても良い感覚が芽生えました。

いよいよ自分で踵が掴めるかもしれないという可能性を感じた感覚です。

来週この感覚を追いかけてそれが良い方向にいけばまた報告しますね。

 

今日のバックベンドはブレッド先生。

人生で初めてバックベンドの時に両手同時にダイレクトで足首を掴ませてもらいました。

 

2ヶ月目に入り、6月よりも更に良い練習ができた週で

とても嬉しいです。

それには色んな理由があるので、

少しづつ書いていきますね。

 

 

 

馬のポーズ。

2018年

7月

05日

7月21日(土)22日(日)はサトリ先生の集中講座が開催されます。

 

ナマステ!

 

今日は関西の皆さんにお知らせです。

知っている方も多いかと思いますが、

スンダリ・アシュタンガヨーガ神戸ではおなじみの

サトリ先生が7月21日(土)22日(日)に

神戸市元町studio SUNDARI にて

『 アーサナ10時間集中講座 』を行います。

 

マイソール鎌倉や東京でのティーチャートレーニング、

日本各地でのWS、

アーサナマニュアル本「 ヨガポーズ大全 」の監修など

多方面で活躍されている先生ですが、

自身の練習も、指導力も素晴らしい先生です。

僕は毎回神戸でのWSは参加していていたのですが、

今回は残念ながらインドにいる為に参加できません。

今回のインドにいることでの一番の悔いは

この講座に参加できないことです。

 

今までのWSとは違い2日間で10時間。

なんでこうするのか?

これが何に繋がるのか?

あ〜、僕も参加したい!!!

 

いつも思うけど、

初心者の方は是非参加することをお勧めしますが、

何年も実践している方もかなり楽しめると思います。

更にはインストラクターの方には声を大にしてオススメします!

 

詳しい詳細はこちらをクリック!

 

 

 

2018年

7月

05日

練習とアシスタント日記

 

ナマステ!

 

今日はやっとケイコの熱が下がりました。

何と12日間も熱が下がらず、その間は練習も休みました。

最初は細菌による熱と診断されるも薬が効かず、

血液検査と尿検査をして

次はウイルスによる熱と診断されるも薬が効かず、

その後は咳が始まり、レントゲンを撮ると影が写り、

胸にウイルスが入っていると診断され、

それに合った薬が効いたのか?

それともそろそろ治る時期だったのか?

 

何はともあれ、やっと今日から練習に復帰しました。

そして、やはりここKPJAYIには様々な経験をしている先輩がいて、

・妊娠

・出産

・子育て

で起きた経験談を聞いたりして、

ビックリするようなこともありました。

 

僕とケイコは別人で

そして誰もが自分の山あり谷ありの人生の中のどこかにいるので、

いろんなことが起きますよね。

今回で KPJAYI での練習は6回目になるのですが、

毎回経験することは全然違います。

それはインドでも日本でも違うという当たり前のことなんだけど、

こうして思い入れの強い場所で練習をしていると特にそういうことを感じます。

 

さて、今日の練習。

の前にアシスタントのことかな?

練習の2時間後から2時間半ぐらいシャラでアジャストをさせて頂いているのですが、

スプタクルマーサナのアジャストをする機会が多く

どうやらその時に腰や背中の筋肉を使っているようで、

痛みなどは全くないのですが、硬くなっているように感じています。

それが自分の練習に影響しているように感じました。

 

アシスタントが始まりたった3日ですが、

とても疲れています。

神戸のマイソールクラスでのアジャストの方が動いているのですが、

まだここでは緊張しているのでしょう。

そして、外国人は大きいので重いからかもしれません。

とりあえず今日の感想としては

『 練習中にキョロキョロしている人が一番目立つ。』

ですかね。

集中している人よりも集中していない人の方がシャラの中では目立ちます。

ドリシュティはとても大切です。

 

では、自分の練習について。

僕がアシスタントをしているように、

どの時間帯でも新しいアシスタントの方が加わっています。

4時代はランコ先生(西洋人)と

マイソール東京でもタリック先生の代行をされていたブレッド先生です。

 

火曜、水曜はカポターサナもバックベンドもランコ先生がきてくれて、

今日はカポターサナもバックベンドもブレッド先生でした。

もちろん、先生方によってアジャストも若干違うのですが、

どちらも知っている方なので、

『 知っている人にアジャストしてもらうのは安心感がある。』

と感じました。

そして、今日のブレッド先生のアジャストでは

僕はアジャストに頼り過ぎていると感じました。

『 僕は自分じゃできないから、あなたのサポートで掴ませてください。』 

というのが当たり前になってきていました。

これが悪いことと言いたいわけではなく、

ただ僕はそういう気持ちが強くなっていたということです。

他の先生方とは違い今日のブレッド先生は

自分の限界まで行って、最後のちょっとだけサポートする。

といった感じ。

『 ほえ〜、こういうカポーターサナのアジャストもあるんだ。』

と思いました。

 

明日は今週最後のマイソールクラス。

なんだかとても疲れたので、

今日はいつも以上に早く寝ることにします。

やはり疲れを取るには睡眠が一番!

 

 

2018年

7月

03日

月が変わった事、アシスタントが始まったことについて。

 

ナマステ!

 

今日から7月のマイソールクラスが始まりました。

やはり初日はメンバーの調整があるようで

今朝の4時スタート組には新しい方達は来ておらず、

スカスカでしたが、僕が練習を終える6時前ぐらいはかなり順番を待っている方が多かったです。

 

僕は茨城県のど田舎で育ったせいか、

根がかなり田舎者の為、昨日、今日も長く練習をされている方を見かけたり、

お話をして、テンションが上がっています。

関西ではおなじみのヴェロニーク先生もアンドリュー先生とお子さんと来ていました。

どうやらお子さんも練習をするみたいです。

これまた関西ではおなじみのモザート先生も今月から。

一番驚いたのはニュージーランドのピーター・サンソン先生が来ていました。

レッドクラスで更衣室でお会いすると

『 Nice to see you again !』

とハグしてくれました。

ピーター先生はなんと40年ちかくマイソールに通っています。

8月に日本ツアーで神戸に来るキャメロン先生の先生です。

 

そして、今日は4時からの練習はガラガラで、

僕の隣が空いていたのですが、

その隣に来たのがオーストラリアのサンティーナでした。

世界トップクラスの綺麗な練習をする方です。

とんでもなくすごいので気になる方はインスタでチェックしてみてください。

# santinagiardinachard_

 

こうやって書いてみると自分のミーハー具合が恥ずかしいのですが(笑)、

サッカーでいうならば伝説のジーコとハグした次の日の隣が現役最高峰のメッシだった。

みたいな出来事です。

想像したら興奮しませんか!??

ここ KPJAYI がアシュタンヨーガの総本山ということを痛感しています。

 

 

さて、本日からシャラジのアシスタントが始まりました。

僕は8:30からラストまで(10:30)の組みです。

シャラタイム8:15に到着すると

『 少し待て。』

と言われ、少し待ってから入ると、

もちろんですが、8:30? 9:00?

までのアシスタントの方達もいるので、

アシスタントが7〜8人の状態でした。

僕は初めてだったので、しばらく様子を見て、

他のアシスタントの皆さんの動きを見学しました。

 

まず思ったことは、とにかく暑いこと。

練習中と同じぐらいの汗をかきました。

そして、最初の1時間は緊張したけど、

それ以降は緊張しつつもアジャストに入ることを楽しめました。

これから1ヶ月は練習生の練習時間も変わらないので

日々練習生に僕が慣れていくことがとても楽しみです。

 

書きたいことは時間がかかりそうで、

今日はもう時間がないのでこの続きはまた後で。

 

 

写真は文章と全く関係無し

2018年

7月

02日

1ヶ月が過ぎて。

 

ナマステ!

 

ここマイソールでの生活も1ヶ月が過ぎ、早くも折り返しです。

 

 

毎日気持ちをリセットして、

毎日昨日の続きを味わっているように思います。

同じことの繰り返しの中で、昨日とのほんのちょっと違いを察知し、

練習が終わるとまた明日の練習に向けて1日を過ごします。

 

さて、先日のブログで『 アシスタントを申請している。』

と書きましたが、

なんと、7月のアシスタントをさせて頂けることになりました!

明日の火曜日から1ヶ月間アシスタントをさせて頂くので

ここでしか積めない経験を味わってきます!

すでに思う事はいろいろとあるんですが、始まってから書きますね。

 

 

6月も終わりましたが、

KPJAYI で練習している期間が

どんな生活スタイルなのか聞かれたので

今日はマイソールでの1日のスケジュールでも書いてみますね。

僕はマイソールクラスもレッドクラスも全て4時から(カードには4:30と書かれている)なので毎日同じ時間割です。

 

am 2:30 起床

・コーヒー

・トイレ

・シャワー

 

3:15〜30

家を出てシャラに向かいます。

 

3:40 ( シャラタイム 3:55 )

練習が始まります。

終わった後に時計を見ていないので何時に終わっているかは不明。

僕はシャラタイムで4時から練習ですが、

スタート時間は人によって様々です。

僕の場合は1年目は10時からでした。

なのでスケジュールも今とは5〜6時間ずれていました。

 

6:00頃 帰宅

ケイコが練習に向かいます。

僕はシャワーを浴び、康平と散歩に行きます。

 

 

 

7:30頃 ケイコが帰宅

・洗濯

今回は初めて洗濯機付きの家なので楽チンですが、

今まではずっと手洗いで、洗濯に時間と体力を奪われていました。

 

8:30頃 朝ごはん

近所のローカル食堂やカフェ、果物やパンを家で食べます。

 

 

ここから14:00までは日によって様々ですが基本的に家にいます。

・パソコンでできるヨーガに関する仕事

・ブログを書く

・康平と遊ぶ

・友達が家に来る

・病院に行く

( 今シーズン限定の出来事ですが、家族みんなで7回は行ったと思います。)

 

 

14:00を過ぎると晩ご飯を考えますが

康平と外食するのはとても大変なので

今シーズンは近くのレストランに電話で注文して

20〜30分後に取りに行って家で食べてます。

 

16:00 シャワー

 

17:00 寝る準備

18:30 就寝

 

といった1日を過ごしているので

ほとんど日本にいるときと変わらないスケジュールです。

日本と違う事といえば、

クラスがないこと。

自分の練習の後に康平と遊ぶこと。

朝食と夕食を食べる時間が1〜2時間早いぐらいでしょうか。

 

ケイコも同じく日本とほとんど変わらない時間割です。

 

ですが、同じスケジュールでも気候、文化、食生活など

日本と違う点がいくつもあるので、それなりに大変です。

特に食事は香辛料と油で胃腸がとても疲れます。

インスタグラムで日本の友達の食事の写真を見ると

とてもうらやましく見ています。

インド料理はとても美味しいのですが、

毎日食べると1週間で日本食が恋しくなります。

 

特に今回は家族全員体調を崩したので

香辛料と油に悩まされています。

ですが、良い事もあります。

それは簡単にベジタリアンになれることです。

どちらかというと肉を食べる事の方が難しい環境で、

どこで外食をしても菜食を選択できます。

 

また食事で1番気をつけていることは

練習前の12時間は食べないという点です。

できれば12〜14時間空けた状態での練習を心がけています。

ちなみに水分はとっています。

夕方にココナッツや水を飲んだり、

起床後にコーヒーを飲むといった感じです。

 

これは試してみるとすぐに違いを感じると思いますが、

胃腸に食べ物が入った状態での練習は身体がとても重いし、

何より胸式呼吸がとても難しくなり

バンダが入りにくく感じると思います。

最初は空腹を感じる方もいるかもしれませんが、

数日で慣れなので慣れるまでは我慢する事をオススメします。

 

と書いているうちに話が脱線してきましたね(汗)・・・。

明日からはムーンデイ無しの1週間。

6月で帰った人。

7月から始まる人。

何より僕はアシスタントが始まります。

まずは家族全員で体調を整えて

7月を楽しんでいこうと思います!

 

2018年

6月

28日

エゴと情熱

 

ナマステ!

 

今日はインドでは満月の為練習はお休みです。

僕は体調も良く、順調に暮らしていますが、

ケイコは先週末から微熱が続き、

昨日、一昨日は高熱に苦しんでいました。

 

今シーズンはケイコにとってはとても大変なシーズンを過ごしています。

妊娠、出産、子育てと1年半以上まともな練習を継続してこれなかったので、

KPJAYI に来てからは練習環境が整っていますが、

毎日全開でのプライマリー、インターミディエートの練習を再開し、

妊娠前の身体との大きな違いを味わっているようです。

 

病院で薬を処方されたものの、夜になると熱が上がり寝れなかったようで、

僕のブログ

『 インターミディエートレッドクラスについて 』を読んで、

『 エゴと情熱 』について考えていたようです。

 

僕は自分の都合に合わせて、

『 これはエゴや欲ではなく、情熱だ! 』
なんてよく書いていますが、

『 いや、それは情熱じゃなくてエゴだよ。』

と言われました。

 

『 目標に向かってできる限りの努力をすることは情熱だけど、

  いついつまでにとか期間を決めたら、それはエゴな気がする。

  次のアーサナにはいつか進むから、今シーズンにこだわったら

  アーサナの為にヨーガをしてるみたいじゃない? 

  カポーターサナで踵を自分で掴むのも、セカンドレッドに呼ばれるのも

  いつか訪れるんだから。 

  セイヤはカポーターサナへの執着が強くなってきてるよ。』

 

『 確かに・・・。』

 

僕はケイコの意見に納得したのですが、

やっぱり自分では自分の都合の良い言い訳をしたり

解釈をしてしまいがちですね。

この話し合いをするまでは僕個人的には

『 いついつまでと期間を決めた目標の方が達成にかける思いが強くなる。』

と感じていたのですが、この「 達成にかける思い 」は

期間を決めると執着してしまいエゴになり、

期間がなければ情熱と捉えやすいのかと現段階では思います。

 

シャラジもカンファレンスでpassion(情熱)という単語をよく使うし、

( エゴという単語もよく使います。)

練習に関してみても、全身汗だくで人間が剥き出しになったような練習をしている人も少なくありません。( 静かで綺麗な練習をする方も沢山います。)

それを自分に都合よく解釈していたのでしょう。

 

 

その後も二人で話し合って、

とりあえず現段階での『 エゴと情熱 』の線引きをしました。

・いついつまでと期限を決めた目標はエゴ

・目標に向かって努力することは情熱

・執着しだしたらエゴ

・ゴミの分別はエコ ( なんちゃって・・・。)

 

客観的に物事や考えをとらえることはまだまだとても難しいです。

そして、そんなこんなで今シーズンのアーサナ部門の目標を修正します。

 

『 カポーターサナで自分で踵をつかめるように最大限の努力をし、

  悔いの残らない練習を毎日する。』

 

これならエゴより情熱が優っているように思いませんか?

話し合っていて思ったけど、『 エゴと情熱 』は紙一重ですよね。

 

 

 

さて、今日28日で康平が11ヶ月になりました。

インドに来てからは一度食あたりになり心配しまいしたが、

( 病院ではインドのワイルドな菌にやられたと診断されました。)

日々、元気に成長しています。

ギターを弾くと頭を振ったり、

マンマとかバイバイとたまに喋ったり、

手を振れるようになってきました。

 

インド人をはじめ、世界中の様々な人種の方達に声をかけられ、触られ、

目にしているので、今のとことは人見知りもなく、

康平も楽しそうにやっているように見えます、

まぁ、まだ赤ちゃんなので何でも楽しいのでしょう。

 

そろそろ折り返し。

引き続き大きな病気や事故に気をつけて毎日を過ごしていこうと思います。

 

2018年

6月

27日

インドの動物といえば・・・。

 

ナマステ!

 

今シーズンは沢山写真を撮っています。

朝の散歩はもちろん、家から出る時はとりあえずカメラを持って外出しているのですが、

撮った写真を見るとやっぱり牛が多いです。

実際に見かける動物は犬の方が多いのですが、

牛とかヤギとかリスとか日本の日常であまり見ない動物に目が行きます。

ゴクラムから離れると豚を目にすることもあります。

 

今回は僕が4時から練習して、その後にケイコが練習しているのですが、

ケイコの練習中は康平と30〜60分ぐらい散歩をしていて、

早朝のインド人の生活を少しだけ見る機会があります。

 

その中で目にする光景に

インド人は朝、牛に向かって手を合わせたり、

牛を触って触った手で牛を拝んだりと

まるで神様のように接しています。

 

なんとなくカメラを向けることができないとても神聖で自然な光景です。

 

 

 

 

さて、今日の練習は3回目のカポーターサナでロシアのディマさんに掴ませてもらって、

昨日同様、4回目は自分で行けるかも?

と頑張るもアキレス腱タッチ止まり。

明日はムーンデイでお休みだからもう一回。

またしてもアキレス腱を人差し指で引っ掻いていると、

誰かがちゃちゃっと掴ませてくれて立ち去りました。

ディマでした。

 

 

バックベンドはシャラジ(今日からシャラート師ではなくシャラジと書きますね)。

昨日のブンチュー先生同様ダイレクトで掴みに行きました。

ちょっと踵が浮いてしまったけど、途中で重心移動ができず、

両手でしっかり足首を掴んでから重心を後ろに持って行き踵をつけました。

踵をつけて、身体全体を伸ばして呼吸。

5呼吸を過ぎてからシャラジがアジャストしている手をクイっとして(上がれの合図)、

その後背中を押してもらった後に、

『 セイヤ、スプタヴァジュラーサナのアジャストに入れ。』

と、アジャスト待ちしている生徒を指さしました。

( お! 名前を呼んでくれた。そしてアジャストに入るの初めてだ。)

なんて思いながら、スプタヴァジュラーサナのアジャストをさせてもらいました。

 

なんとなくここまで書いたついでに

僕の今シーズンの自分の練習以外での目標を書いてみますね。

今回はいよいよシャラジのアシスタントをさせて頂くことを目標に来ています。

条件は

・オーソライズされている生徒

・事前にアシスタントを希望するメールを送っている生徒

の2点なのですが、

もちろん、希望している生徒が沢山いるので、

誰にでもチャンスが巡ってくる訳ではありません。

だから書きたくなかったのですが、

ダメだったとしてもこのブログを読んでくれている方にはおもしろいかな?

と思うし、

もし、そのチャンスが巡ってきたとしたら

読んでくれている方は喜んでくれるかな?

 

まぁ、個人の目標なんで皆さんにとってはどっちでもいいですよね(笑)

 

練習を深めることも

指導をすることも

師との関係を深めることも

時間がかかります。

そして、かかる時間は人それぞれだけど、

継続していればいつかその日はやってくるでしょう。

 

僕にとってアシスタントをさせて頂くチャンスが今シーズンだったら嬉しいけど、

ダメでも次、そのまた次と申請し続けるので、

いつか来るであろうその日を楽しみにしています。

 

発表は来週の火曜日です!

 

2018年

6月

26日

インターミディエートレッドクラス(2nd Led )について。

 

ナマステ!

 

題名が誤解されやすそうですが、僕はまだ今シーズンも参加していません。

アシュタンガヨーガのレッドクラスは2種類あります。

・プライマリーレッドクラス

・インターミディエートレッドクラス です。

 

インターミディエートとは6シーリズあるアシュタンガヨーガの

2番目のシリーズを指していることから

『 セカンド レッド 』

と呼ぶ人もいます。

 

KPJAYI では月曜と土曜日がレッドクラスで

土曜日は全員プライマリーレッドクラスですが、

月曜日はプライマリーレッドの後に

インターミディエートレッドクラスが行われています。

 

これは僕だけではなく、多くの人にとっての憧れの舞台。

目標の舞台なのではないでしょうか?

 

このクラスは唯一見学可能なクラスになっている為、

僕は毎年見学しています。

現在サッカーのW杯が盛り上がっているでしょうが、

僕にとっては戦ったり、競ったりしないW杯のようなもので、

セカンドレッドで練習している人を各国の代表選手のように見ていました。

 

『 あ! アメリカの〇〇だ。 』

とか、

『 ユウヤさんのバカーサナが世界一かっこいい! 』

などのミーハー目線で観ることもあれば、

世界中の人種が同じカウントで同じアーサナで取り組むので

人種や性別によってとても個性があることを認識したり、

自分が行なっているアーサナのカウントの確認をしたりと

とても勉強になる時間です。

 

参加条件は

エーカパーダ・シルシャーサナまで練習している人と言われますが、

カポーターサナを過ぎたあたりから呼ばれる人もいるので

厳密には決まっておらず、シャラート師が生徒を見極めて呼んでいます。

 

そう。

ある日呼ばれるのです。

 

実は僕は今回セカンドレッドに呼ばれることを一つの目標にしてきました。

前回2016年はカポーターサナまで進むことが目標だったので、

セカンドレッドのことは考えてなかったけど、

今回はアジャストしてもらえれば毎回掴める。

あとちょっとでアジャスト無しで踵が掴める可能性を感じて来ているので、

自分でカポーターサナの踵を掴んでセカンドレッドに呼んでもらいたい。

という目標を立てて来ました。

 

実際はシャラート師の見極めなので、踵を掴んでいない人も沢山いるのですが、

きっとシャラート師は僕に関しては自分で踵を掴めるまで呼ばないと思います。

 

・手放すこと

・結果に期待しないこと

をよくブログで書いているのでアーサナができるようになることを目標にすることに

矛盾を感じている方もいるかもしれませんが、

そこは僕の解釈では

『 欲 』というより『 情熱 』の部分かと思っています。

まぁ、どんな言い方をしても

今の僕は

・自分でカポターサナの踵を掴むこと

・セカンドレッドクラスに呼ばれること

をアーサナ部門での目標にしてきました。

 

そんな思いで、先週と今週の2週間セカンドレッドクラスを見学したのですが、

改めて自分があの場で練習する姿を想像すると

キツすぎて気持ち悪くなってきました・・・。

 

僕みたいに何度も KPJAYI に来ているのに

セカンドレッドに呼ばれていない人ももちろんいるのですが、

多くの日本人が参加しているのも事実です。

一緒に見学していた仲間達がいつの間にか呼ばれて

あの場で練習している姿を見て来たので

『 オレもそろそろ! 』

なんて思っていましたが、

現実のカウントは壮絶でした。

 

まだまだあのカウントにはついていけない。今シーズンは無理だ。

と思う気持ちと、

あのカウントで打ちのめされたい。

という気持ちの両方かな。

 

でも、出たいと思ったから出れる訳ではなく、

出たくないと思っても、呼ばれたらでるしかないのが KPJAYI です。

結局は僕がどうこう言えることではなく、

やはり僕にできることは日々の練習の一呼吸毎に集中するしか道はないのです。

 

 

さて、そんなこんなで今日から今週のマイソールクラスが始まりました。

カポーターサナでは2回目でシャラート師がアジャストしてくださったので、

『 今日はこれで終わろうか? 』

と一瞬思ったけど、

『 掴ませてもらった後なら自分で掴めるかも!』

と思って3回目を全開でするとアキレス腱をタッチ。( もう少しが遠い!)

これで終わろうと思って起き上がると

ブンチュー先生が僕のマットの上で微笑んでいました。

微笑み返し4回目。

最高に気持ち良かったです。

バックベンドもブンチュー先生。

いつもはドロップバックしてから歩いて掴みに行くのですが、

4回目のカポーターサナがいつもより良かったせいか?

着地せずダイレクトで足首を掴ませてもらいました。

休みを挟んだせいか? 先週よりも身体が上手に使えました。

 

今週で1ヶ月が終わります。

そして、この1ヶ月で何人かの生徒さんからメッセージを頂きました。

神戸のみんなは有希先生の元でめちゃくちゃがんばっているようです。

神戸にいながらいつも KPJAYI を思っていたように、

マイソールでの生活でもいつもAYKBを思っています。

 

明日もお互い良い練習を心がけましょうね!

では!

 

 

 

 

2018年

6月

24日

先輩から感じること。

 

ナマステ!

 

こちらインド・マイソール。

3週間が過ぎ、来週の1週間で折り返しになります。

 

昨日までの先週の1週間はムーンンデイなしの6日間の練習。

日々様々ことを感じ、最終日の土曜日の練習後にカンファレンスがあり、

とても良い気持ちで1週間を終えました。

こうして週を振り返ると何を書こうか悩んでいます。

 

本当に思うことが沢山あります。

先週は自分の練習での出来事や気持ちや考えが多かったので、

ちょっと違うことにしましょうか。

 

う〜ん。今ちょっと考えたんですが、

一番最初に頭に浮かんだのが

Maiami Life Center  の

Tim Feldmann について。

 

ティムはアシュタンガヨーガを長く実践しているので、

奥さんのキノ・マクレガーと共にアシュタンガヨーガ界ではとても有名な先生です。

そして、もちろん現役で KPJAYI に通ってシャラート師の元での練習を積んでいる方です。

昨年は奥さんのキノと共に大阪にも来ていましたね。

今シーズンは一人で KPJAYI に練習に来ていました。

僕はマイソールに来てすぐにティムを見かけ、

彼のようなとても実践の長い方と同じ時間に同じ空間で練習することに

ここKPJAYI ならではの嬉しさを感じていました。

が、僕はティムがどんな人か知りませんでした。

 

僕はいつもシャラの中では1番前の列で練習をしていますが、

アドバンスの練習をしている練習生は4列目を好む方が多く、

練習中に近くにいることはないのですが

 

この3週間、マイソールクラスではいつも同じ時間に練習が終わります。

 

ティムはいつも誰かと楽しそうに話しをしています。

『 いつ、どこで見ても彼は良い人だ。』

と僕は確信し、1週目に彼が一人で朝ごはんを食べている姿を見て声をかけにいきました。

彼は僕の下手な英語にとても丁寧に耳を傾けてくれて、

『 セイヤ? スペルはどんなスペル? ヤはスペイン語でよく使うよ。

 Say YA ! ね! OK! 』

と、とても気さくな人でした。

 

それ以来、更衣室で着替えてトイレの順番待ちの際や練習後のココナッツ。

町で見かけた時など、彼と目が合うと僕は会釈をするのですが、

いつも笑顔で答えてくれます。

また、先週の練習後にココナッツを飲んでいた彼が帰り際の僕に

『 ・・・ Say YA !(思い出したように)』

と名前を呼んでくれました。

 

あれ以来話しをしていないのに、覚えにくい日本人の名前を覚えてくれていたことに僕はとても嬉しかったです。

 

その次の日の練習後のココナッツでは何個か質問を考えておいて、

ティムに聞いてみました。

・太陽礼拝Bの1呼吸目について

・セツバンダーサナの手の位置について

 

前回の朝ごはんの時と同様に

アメリカ人の彼は僕が相手の時は少しゆっくりとわかりやすい英語を使ってくれ、

( こういう心遣いが超嬉しい。)

丁寧にそしてユーモア溢れる回答をしてくれました。

( この回答はとても面白かったので、クラスでシェアしますね!)

 

何度かKPJAYI に練習に来て見て感じるのは

そのシーズンごとに雰囲気があります。

そして、今シーズンに関してはティムが4時からの練習組や

インターミディエートレッドクラス(僕は参加していません。)の雰囲気をとても良くしてくれているように感じます。

彼の立ち振る舞い。先輩としてのみんなへの気遣いを

僕みたいな英語が苦手なアジア人にも対しても同等にしてくれます。

彼の周りにはいつも暖かい空気があります。

 

2016年にマイソールでニュージーランドのピーターサンソンにお会いした時にも

同じようなことを感じました。

 

いつものことですが、あくまで僕の個人的意見ですよ。

ティムやピーター、もちろんシャラート師やロルフのような方達に会うと、

『 自分らしくありたい。』

と思うよりも、

『 彼らのような人間になりたい。』

という気持ちが強くでてきます。

 

彼らにあって僕にないもの。

もしそれもヨーガの実践を通して得られるものならば、

いつか僕も彼らのような人間に近づきたいです。

 

 

2018年

6月

21日

『深まる』ということについて

 

ナマステ!

 

この文章は昨日書いたのですが、日中は計画停電でアップできなかったので、

1日ずれでアップします。

 

こちらマイソール。

今週はムーンデイ無しの6日間、月曜スタートで今日が3日目でした。

KPJAYI での練習の期間はとにかく練習第一のスケジュールで生活している為、

体調不良などがなければ、かなり良いコンディションで練習に取り組んでいます。

・十分な睡眠

・十分な休息( それでも疲労は溜まる )

・肉、酒なしの食生活

・仕事も毎日1〜3時間( やらないという選択肢もある。)

こんな生活なので、

練習はどんどん深まるはず!

と思いきや、意外にもそう単純に全てにおいて深まっている訳ではありません。

 

まぁ、何をもって『  深まる 』と言うかによるのかな。

大きく部門を分けてみますね。

ちなみにアーサナの練習においての話です。

 

まずは精神面。

今シーズンは個人的にテーマをハッキリと決めていました。

『 めちゃくちゃキツイ場面でもうひと頑張りする。』

アーサナでいうと

特に気にしているのは

・ウッティタ ハスタ パーダングシュターサナ

・ジャンプバック

・ナヴァーサナ

・2ndシリーズの後屈全部

・ウールドヴァ・ダヌラーサナ

・ウトゥプルティヒ

 

これらのアーサナは今の僕にはかなりキツイ為、

( 全開で押しながら引き上げるので身体が震えてくる )

僕にとっては精神面が試されているように感じています。

『 めちゃくちゃキツイ場面でもうひと頑張りする。』

の『 もうひと頑張り 』とは

ちゃんと吸いきる。吐ききる。ということを意識しています。

とてもシンプルでとてもキツイです。

 

・カポーターサナ

・ドロップバック

・ウトゥプルティヒ

に関しては

 

『 もう限界だ!』と感じてからもうひと呼吸しています。

すると、自分の限界を知れるように感じています。

僕がアシュタンガヨーガにどハマりしている理由の一つに

『 自分の限界を知ることができる 』という点があります。

皆さんは自分の精神的限界って知っていますか?

僕は限界をアーサナの練習で知ることができました。

 

自分の限界を知ると、

限界を超えていく時と

限界のだいぶ手前で落ち着く時が自覚できます。

 

どちらが良いとかではなくて、

ただ僕は自分がどういう人間なのか知りたいのです。

 

最初に書きましたが、

他の全てを気にせずに練習が中心の生活のため、

今シーズンもすでに何度も限界を感じれています。

新しい自分は見つけていませんが、意識の深まりは感じれています。

 

 

続いて呼吸について。

基本的に練習が深まるという言葉の使い方をする際に

それが何を指しているかと言うと

呼吸が深まっていることだと僕は認識しています。

 

KPJAYIに来てからは95%ぐらい呼吸に意識を向けています。

じゃあ、日本では?

と問われると、僕はアライメントを気にする日々が多かったです。

以下僕の自論なんで、深く気にしないでくださいね。

僕みたいな身体的センスのないタイプの人は

とにかく練習する。というやり方では身体の使い方を間違えて

痛みを伴ったり、怪我をする可能性が高まると思っています。

実際僕はミスアライメントによる痛みを伴ったり、

怪我をしたことがあります。

その為、日本での練習においては

ゴアのロルフ&マーシー夫妻の元での練習で学んだアライメントを意識しています。

もしくゴアで練習を積んでいる鎌倉のサトリさん、滋賀のトシ・アムリタ氏、徳島のドニ君からシェアしてもらったことを軸として練習しています。

( 木下景子先生やKPJAYI組からのアドバイスももちろん意識していますがアライメントの軸はマーシーです。)

これは僕の中では『 練習の練習 』と思っています。

 

しかし、多くのことを同時に意識することはできない為、

アライメントを気にしすぎると呼吸の意識が弱くなります。

そして、ここマイソール・KPJAYI では僕は全くアライメントは気にしていません。

アシュタンガヨーガのアーサナの本質は呼吸です。

それはKPJAYIに通い出した時から感じていました。

が、身体の痛みが強すぎて呼吸どころではなかったので、

アライメントを学び、実践してきました。

それをここにきてまで続けるなんて本末転倒です。

アライメントの学びが『 練習の練習 』ならば

ここKPJAYI での練習は『 本番の練習 』と言うべきでしょうか。

今までやっていきたことが僕の身体に染み付いていることを信じて、

とにかく呼吸を意識しています。

上記しましたが、それは

吸いきる。吐ききる。と

どこに向かって吸いきって、どこに向かって吐ききるか。です。

これにより、何かを考えることはできなくなります。

いわゆる集中している状態の為、

時間の感覚も麻痺してきます。

アシュタンガヨーガが

『 動く瞑想 』と言われるのはこの為でしょう。

始まってから終わるまでずっと呼吸です。

日本では味わえなかったというか

味わおうとしなかった練習です。

僕の中では『 やっと 』という感覚が強いかな。

それは呼吸にだけ意識を向ける練習がしたかったけど、

僕にはその準備が整っていなかったし、

整えるのに長い年月がかかったからです。

『 寄り道してない? 』『 遠回りしてない? 』

と感じる方もいるかもしれませんが、

僕には必要な年月だったし(あくまで僕には)、

あの日々のおかげでの今です。

 

もちろん100%の集中には遠いのですが、

かなり呼吸の質が深まっていることを練習後に振り返った時に実感しています。

『 練習の練習 』には賛否があるかと思いますが、

『 練習の練習 』の成果だと確信しています。

おかげで最高に充実した『 本番の練習 』を味わえています。

 

 

最後に身体的、肉体的な深まりについて。

何度も書きますが、

練習に全てを合わせて生活しているので、

日本にいた時を比べると深まっています。

気温や湿度が高いので汗をかくことや、

シャラート師や練習生が生み出すシャラのエネルギーの影響が確実にあります。

 

が・・・。

昨日より今日が深まっているかというとそうでもないのです。

昨日より浅い日もあります。

このあたりは不思議というか面白いところですよね。

人生と同じで、そんなにことが上手くはいかないということでしょうか。

 

日に日に呼吸は深まり、精神的にも強くなっているのを実感する一方で、

今日のカポーターサナ、バックベンドはちょっと遠かったです。

踵も足首も掴ませてもらったけど、先週よりきつかったです。

調子は良いんです。

練習中も調子が良いと感じていました。

が、後屈をしてみると、

『 あれ? なんだか遠い。』

と言った現象です。

 

ケイコは今朝練習に行く前に

『 調子がよくない 』

と言ってシャラに向かい

帰宅後に練習の感想を聞くと

『 不思議なことにとても調子が良かった。』

と答えました。

なんじゃそりゃ!???

 

昨日よりがんばっているのに

昨日より遠い現実を味わうこともあれば、

調子が良くないと思っているのに、

日々の努力の恩恵を感じる日もあるということですかね。

 

と、ここまで書いたところで、

いつものことですが話のオチどころを見失っています(汗)。

なんだか長い文章になったけど、

所詮はマットの上での出来事。

ヨーガのほんの一部の一部の話。

『 深まる 』という単語の意味の深さに自分の浅はかさを思い知りました・・・。

 

 

とここまでが昨日のこと。

さて、今日の練習ですが、

本日も自分の限界からもうひと呼吸。

全身を絞りきるような練習をしてきましたが、

またしても後屈は遠かったです。

今日に関しては完全に気持ちのみで足首を掴みました。

『 結果を期待せずに努力する 』練習ですね。

そもそも結末がない行いに結果なんてないのかもしれませんね。

 

明日はマイソールクラス最終日。

1週間なんてあっという間です。

明日も全開でいってきます!!

 

 

 

 

2018年

6月

19日

地震のニュースを知り思うこと。

 

ナマステ!

 

ここインドでも日本で暮らしているのと変わりなく、

毎日スマホからニュースが入ってきています。

 

関西で大きな地震がありましたね。

余震、本震の心配もあり、

不安を感じている方も多いかと思います。

少しでも被害が少なく済むこと、

地震が続かないことを祈ります。

 

 

僕は311を期に地震や自然災害、

そして人生についての考え方も大きく変わりました。

そういう人はとても多いかと思います。

 

何かが起きて、

様々なことを考えるけど、

いつだって自分にできることといえば祈ることと、

この瞬間に目の前にあることだけです。

そのやるべきこと、やりたいことは自分で選択できるので、

自分で選択すべきだと思います。

さらにそれが家族の為になったり、

社会の為になったら最高ですね。

 

 

 

2018年

6月

17日

マイソールでの半月を終えて。

 

ナマステ!

 

前回のブログで腰を痛めたと書いた為、

『 大丈夫? 』

とメッセージを頂きましたが、大丈夫です!

10段階で7〜8ぐらいの痛みが

2〜3ぐらいまで落ち着き日に日に良くなっています。

 

金曜日の週の最後のマイソールクラスのバックベンドは

西洋人のアシスタントの方でした。

マイソールに来てからはいつも右側から足首を掴んでいたので、

『 今日は左からお願いします。』

と伝え、腰の違和感は感じつつも掴むことができました。

 

ウールドヴァ・ダヌラーサナ( ブリッジ )で足首を掴むことは

( すごい人はももの下あたりを掴む )

心身共にとてもチャレンジなことだし、

様々な感情が湧き出て来ます。

以前シャラート師は

『 なぜキャッチすることにこだわるのですか? 』

という質問に

『 Just fan ! 』

と答えていました。(笑)

 

身体的な準備、

痛みや怪我の有無、

精神的な覚悟、

アジャストしてくれる方との信頼関係、

などなど、

この1分にたくさんの何かを垣間見ることができます。

 

『 こんなことやる必要あるのか? 』

『 なんでここまでやらなきゃならないのか? 』

『 この人に任せて大丈夫か? 』

『 今日は調子がそんなに良くないからやりたくない。 』

など、余計なことを考えると身体がこわばり

僕の場合はできなくなってしまいます。

 

そして、ここではやるしかないのです。

やるしかないことにどれだけ言い訳を並べてもやるしかないのです。

( 特別な理由があればやらないということも選択できます。)

 

僕が行なっているはアーサナの練習の中では

・カポーターサナで自分では掴めない踵を掴みに行くこと。

・バックベンドで足首を掴ませてもらうこと。

の2点がぶっちぎりで心身共にチャレンジする場面なのですが、

おもしろいことに(僕にはおもしろいと感じる)、

どれだけ開き直ることができるかがその日の練習を左右します。

 

・きついから

・苦しいから

・怖いから

・痛いから

・やりたくないから

なんてネガティブな思いがよぎったら

小島よしおばりに

『 でもそんなの関係ねー! 』

と吹き飛ばしてやると、不思議と開き直れます(笑)。

実際にやるしかない時にはそんなことは関係ないのです。

 

そんな一人小芝居をわずか1〜2秒で頭の中で行い(笑)

その日のチャレンジが終わると

とても気持ちの良い1日を過ごすことができます。

 

急に話が大きくズレるというか、

極端な話になりますが、

誰でも今日死ぬかもしれないし、

長いと思っている人生もあっという間に年をとって、

長生きしたとしても死ぬんだし、

気持ちの良い1日を自分自身で作り出し、

その日々を継続したいと僕は練習を通して思います。

 

あ〜、あれやりたかったな・・・。

やり残したな・・・。

もっとできなた・・・。

なんて日々と人生を過ごさない為にも

1日の始まりにマットの上で全開で自分を出し切ることは

僕にとっては掛け替えのない時間です。

そして、マットの上じゃない場面でも全開で本気で何かに向き合える人間になれたらいいな。と思います。

 

そんな人間に僕はまだまだ程遠いのですが、

アシュタンガヨーガで出会う人にはそういう人が多いので、

この練習の先にはそういう人生があるのだと思います。

 

明日からはムーンデイなしの6日間。

徹底的にやってやろうと思います。

 

 

さて、昨日は週の最終日。

レッドクラスの後にカンファレンスがあり、

カンファレンス後に生徒がシャラから出てくると

アシスタントのブンチュー先生と

西洋人の男性を別々で見かけたので自己紹介をしてみました。

ブンチュー先生はとてもオープンな方で

『 アシスタントはあと2週間だからよろしくね!

  バンコクにもいつでもおいでよ! 』

と超笑顔。 

 

もう一人の謎の西洋人に名前と国を聞くと、

『 ジマ ?』

西洋人

『 違う。ディマ。Dだよ。マリーチアーサナDと一緒(笑)。

  マリーチアーサナ・ディマって呼んでくれ。』

『 OK!(笑) 出身はどこ? 』

ディマ

『 モスコーだよ。』

( モスコー? ん? モスクワか? )

『 モスクワ? ロシア? 』

 

ディマ

『 そうだよー。( 変な発音のやつだなという目で・・・。)』

『 OK(汗)! モスコーね!(それっぽく言ってみた)

  来週からもよろしくね! 』

 

ディマもまた気さくな人でした。

 

アシスタントの方とは1ヶ月しかないので、

お互い知らない人同士より、

お互い知っている人同士の方が

お互いやりやすいくなることを期待すると同時に、

こういうやりとりもマイソールでの楽しみの1つです。

ここで出会う人達は

一生ここで再会する仲間になるからね。

 

 

 

 

練習後の散歩道

10ヶ月のインド人赤ちゃんと、10ヶ月の日本人赤ちゃん。

2018年

6月

14日

新月明けの練習がスタートしました。

 

ナマステ!

 

日本の皆さんは今日が新月でお休みですかね?

インドでは昨日がお休みで、今日から練習が再開されています。

実は食あたり中の練習中に左腰を痛めてしまったのですが、

週末と昨日の新月でどうにか回復し、

まだ違和感は残っているけど、今日は全開で練習できました。

 

ブログで書いている通りですが、

かなり良い状態でインドに来て、

早々に食あたりになり、

腰を痛め、

虫に悩まされ、

マンゴーアレルギーの疑いで禁マンゴー。

 

何かに期待したり、

何かのせいにするのはやめよう。

最高の状態を手放そう。

嫌なことがあっても受け入れよう。

 

と言い聞かせている二週間でしたが、

今日は全開で練習ができて満足しています。

 

痛めた腰は初めての箇所で後屈だけ痛みを感じました。

ドロップバックとカムアップができないほどでしたが、

痛くならないバックベンドの仕方を探り探り行い、

結果的には今まで弱かった足の使い方や身体の前面の意識が芽生えてきました。

 

また、ちょっとでも意識がそれると痛いので、

集中力が上がったようにも感じました。

突発的な痛みで怪我にならずによかったです。

 

痛めた箇所はそこに負担をかけていたのでしょう。

それが弱っている時にごまかしが効かなくて強い痛みに変わったんだと思います。

そういうことを知る為の1週間でした。

 

もちろん、痛みをぶり返したくないので

今日も探り探りの練習でした。

そして、探りながらやれば後屈も痛くないことを確認し、

カポーターサナを自分で数回行い

近くにいたブンチュー先生にお願いしました。

ブンチュー先生には前回

『 腰が痛くて今日は掴めない。』

と言っていたので、

今日は

『 掴ませてください。』

と伝えると

とても丁寧なアジャストで快適に掴ませてくれました。

 

バックベンドは名前がわからないのですが、西洋人の男性。

( 今シーズンの早朝のアシスタントはブンチュー先生とこの方の二人。)

この方のバックベンドは3回目だけど、

過去2回は

『 腹が痛くてきつい。』と伝えていたせいか

今日は

『 掴ませてください。』

と伝えるとちょっと驚きの表情。

これまた痛みなく掴めとても安心しました。

 

KPJAYI ではバックベンドの際に極力足首を掴む練習をしますが、

僕はまだどんな状態でも足首をつかめる身体ではありません。

体調不良や怪我などで無理をし過ぎない為に

バックベンド前に足首を掴む・掴まないという意思表示をすることは、

僕も関係の浅いアシスタントの方にとってもやりやすいと感じました。

 

 

 

2週間が過ぎ、あと7週間。

アシスタントの方とは残り2週間。

毎日良い練習ができるように心がけていきます。

 

 

 

写真は朝の康平との散歩道。

マイソールに来て何日か雷と暴風雨の日があり、

大きな木が倒れていました。

数日後には無くなっていましたが、

更に数日後には新しい木が植えられていました。

 

 

2018年

6月

13日

本日新月の為お休みです。

 

ナマステ!

 

こちらインド・マイソール・ゴクラムでは

過去の11月~4月には体験したことがないことをいくつか体験しています。

 

まずは

『 マンゴーアレルギー 』

日本の冬にあたるいつものシーズンにはインドにはマンゴーがないので

今までは食べずに過ごしてきましたが、

今回はマンゴーがシーズンなのを知っていたので

とても楽しみにしてきました。

 

さすがマンゴーシーズン。

八百屋にはマンゴーが並び、

マンゴーをバイクやリアカーで売り歩いている人もいます。

1kgで100ルピー、4つで約200円です。

この写真はバナナ付きで100ルピーでした。

 

僕の金銭感覚では日本のマンゴーは高級品なので、

僕は日本でマンゴーを食べたことがありません。

その為今回はインドに到着してからは

1日に2個ぐらいのペースでマンゴーを贅沢に食べていました。

インドのご飯は香辛料や油の関係で僕には重いので、

今回のマンゴーには助けられているように感じていました。

が、先週の食あたりを機に

『 何かがおかしい。 』

と感じ始めました。

どうやらマンゴーは食べすぎると下痢や食あたりになりやすいようで、

さらには『 マンゴーアレルギー 』を発症する人もいるそうです。

僕の食あたりの原因は今となってはわからないけど、

その後、超美味しそうなマンゴーの中から虫が湧いていました。

 

さて、食あたりがすっかり治った月曜日。

僕は懲りずにマンゴーを2個食べました。

( ここまでマンゴーアレルギーのことは知らない。)

すると徐々に喉に異変を感じてきました。

インドでは蚊が多い為、各部屋でベープを使用しています。

『 インドのベープは強いな。喉が変だ。 』

と思っていましたが、

月曜日の夜から喉が痒くなって来ました。

火曜日は喉の痒みの表側、すなわち首が痒くなりました。

( いよいよ異変に気付き再度マンゴーを調べて、アレルギーを知る。)

どうやらマンゴーアレルギーの症状として、

喉に痒みなどの異変がでるそうです。

僕の見解としては

・マンゴーで食あたりになる

・それでもマンゴーを食べた為アレルギーになる。

 

こんなにも美味しいマンゴーが食べれないなんてとても残念ですが、

あくまでも素人の僕の見解なので

シーズンの終わり頃に再度試してみようと思います。

 

皆さんもマンゴーの食べ過ぎは注意してくださいね!

 

 

続いては

『 虫問題 』

 

ここでは3種類。

・蚊

・ゴキブリ

・ムカデ

です。

どれも嫌ですよね・・・。

 

蚊に関しては

・ベープ

・虫除け

・蚊帳

の三種の神器が効いていて今の所問題ありません。

8月からはデング熱が流行るらしいので引き続き注意していきます。

今回は日本からかなり大きめの蚊帳を持って来たのが大正解でした。

 

続いてゴキブリ。

ゴキブリは僕も人並みに大嫌いですが、毒がない為特に大問題には発展しません。

が、とても不快です。

インドに来て最初の一週間~10日ほど

なぜか毎朝1~2匹シャワールーム( トイレ兼)で死んでいました。

また、一度だけ日中に蚊帳の中で元気なやつを発見してしまいました・・・。

そして『 ゴキブリ蚊帳事件 』当日の夜中、

就寝中にケイコに起こされました。

『 今首筋を何かが這っていて、驚いて掴んで投げたから、まだ蚊帳の中にいるはず! 』

僕はゴキブリだと思い、スマホのライトで蚊帳の隅を探してみると

そいつの正体はゴキブリではなく10cmほどのムカデでした・・・。

首筋を這っていた何かの正体がムカデと知ったケイコはとてもショックを受けていましたが、

噛まれずに済んで良かったです。

翌日ムカデについて調べてみると

 

ムカデは

・ゴキブリ

・ゴキブリの卵

・水場

・母乳

が好物だそうです。

この家にはムカデの好物がそろっていました。

ケイコの首筋を這っていたのも母乳の匂いのせいでしょう。

万一赤ちゃんが噛まれても1度目では死なないようです。

 

でも流石にムカデもゴキブリも嫌なので

ムカデやゴキブリを見かけたことがある浴室の謎の穴に

ゴキブリ用の毒団子を入れてを粘土で塞ぎ、

ドアの隙間( ドアを閉めても下に隙間があった )を

粘土とガムテープで埋めて侵入できないようにしました。

また、ベットから康平が落ちたら嫌なので床で寝ていましたが、

ベットに戻し、康平が落ちないように壁と棚を柵替わりにして、

一面だけ柵が作れなかったところは落ちても大丈夫なように

マットレスとその上にクッションを敷きました。

 

それが功をなしてかこの2日間はゴキブリもムカデも目撃していません。

そして、今回は平家の一軒家に住んでいるのですが、

どうやら一階の家は虫が出やすいようで、

2階、3階と階が上がるごとに出くわすことも減るそうです。

次回住む家を探してから帰国するのはここでの常識ですが、

今回の滞在中に2~3階の良い家を探した方が良さそうです。

 

ゴクラムはインドにしてはとても綺麗な町です。

今回もブログの写真で

『 もっと汚いところを想像していたけど、綺麗ですね! 』

なんてメッセージも頂きましたが、

やはりここはインドです。

 

たった2ヶ月という短期的な滞在ですが、

日本ではめったに味合わない種類の出来事が満載です。

その為、練習は朝だけですが何かと忙しく過ごしています。

生活のストレスは練習に影響する為、

いかにインドという国に馴染めるか?

ということも練習を楽しむ為にはとても大切です。

 

 

 

さて、今日は新月。

明日からは新月明けのサイクルが始まります。

気づけばもう二週間が過ぎました。

引き続き何が起きるかわかりませんが、

受け入れていこうと思います。

 

 

 

 

2018年

6月

12日

嶋田有希先生クラス情報!

 

ナマステ!

 

今日は現在スンダリにてマイソールクラス、レッドクラスを代行中の

嶋田有希先生のWSや特別クラスのご案内です!

1年間の6ヶ月をインドで学びを深めている有希先生のクラスを受けれる貴重な時間になること間違いなし!

是非この機会に神戸にお越しくださいね!

マイソールクラス、レッドクラスでもお待ちしております!

 

 

 

嶋田有希 神戸でのクラス情報

 

6月23日(土)

15:00 ~ 17:00

Studio SUNDARI    神戸元町

 

嶋田有希WS  『 実践のヨーガ 』

 

・ヨーガとは 

・ジャパマーラ

・ヨガスートラチャンティング

 

・ヨーガとは

ヨーガの練習をしていると、何ために練習をしているのか、どこへ向かっているのか、わからなくなることがあると思います。

ヨーガスートラの中でのヨーガの意味、アシュタンガヨーガ( 八支則 )について、確認していきます。

特に、八 支則 の中のアサナを何のために行っているのか、アサナと心の状態、呼吸とのかかわりなどについて、一緒に考えていきたいと思います。

 

・ジャパマーラ

ジャパマーラは、一つ一つマーラをくりながら、短いマントラをとなえ、集中力を高めていきます。ジャパの方法を説明し、みなさんと一緒にジャパを行いと思います。瞑想の準備としても、とても役に立つので、これを機会に、普段の練習にとりいれて頂ければと思います。

 

・チャンティング

ヨーガスートラをチャンティングしたいと思います。

スートラのすべてではなく、一部を何回も一緒にチャンティングしていきます。

私のグルジは、チャンティングはタパス(修練)だ。といいます。j実際、グルジのもとで1時間以上チャンティングすると汗もでてくるし、すごく疲れます。しかし、同じ一定のテンポでしっかりとおなかから声をすと、チャンティングした後に、心が静かに落ち着いているなと感じます。短い時間のチャンティンぐにはなりますが、そういった心の状態を感じとってもらえればと思います。

 

1年の半分をインドにいるグルジのもとで、ヨーガについて学んでいます。

4月に日本に帰国しました。

今回の滞在を通じて感じたことは、アサナの練習であれ、哲学であれ、すべて、日々の生活において実践、練習しなければ、ただの知識になってしまって役にたたない、自分で体験してはじめて、意味をなすものだと感じました。

ヨーガはアビヤーサシャーストラ、実践の哲学。

チャンティングやジャパマーラを通して、少しでも実践の時間をふやしていけるきっかけ作りになればと思っています。

 

料金 4500円 (ジャパ付き)

 

☆お申し込みはメールにて受付中です
お申し込みの際はWS名、お名前、ご住所、お電話番号をご記入ください。
スマートフォンからメールを送られる場合はこちらからの返信が受信
できるよう設定の確認をお願いいたします。

 

 

 

 

 

6月24日(日)

13:15 ~ 14:45

兵庫県高砂市

『 アシュタンガヨーガ・ビギナークラス 』

 

こちらは月に二度のペースで行われているアシュタンガヨーガのビギナークラスです。

次回は3回目ですが、ヨーガ未経験者を対象としたクラスとなっているので、

ヨーガに興味がある全ての方がご参加できます。

長く実践されている方もまた基礎からしっかりと学び直す機会になると思います。

 

料金 2500円

お申し込みは

freaky.freaky.yuki@gmail.com

 

 

 

 

7月28日(土)

15:00 ~ 17:00

嶋田有希WS 第二弾

『 詳細は月末にアップします! 』

 

 

 

 

 

講師

嶋田有希 しまだゆき

 

プロフィール

2009年、アシュタンガヨガを始める。

2013年より、インドのマイソールを訪れ、Sharath 師のもとで練習を開始。

以後毎年マイソールを訪れ練習を重ねる。

2015年にAutiorized level2を頂く。

2016年にはSharath師のもと1ヶ月のアシスタントのチャンスを得、

同年7・8月にスペシャルコースに参加し、知識・経験を深める。

 

2014年からPandshwaraという町のGurukulaにて、Vijay Manja 師をグルジと仰ぎ、

毎年訪れる。Gurukulranにてグルジと生活をともにしながら、

 

ヒンドゥカルチャー・哲学・チャンティング・サンスクリットの学びを深めています。

 

 

2018年

6月

10日

今週を終えて

 

ナマステ!

 

昨日は週の最終日のプライマリーレッドクラスと

クラス後はシャラート師によるカンファレンスでした。

カンファレンスとは60〜90分ぐらいの講話と質疑応答です。

カンファレンスは英語なので、終わった後に日本人通しで答え合わせみたいなことをすることが多いのですが、今回は外国から来ている英語が得意な日本人も数名いるので、

例年より細かく聞きなおすことができています。

カンファレンスの内容はブログやSNSで書くことは禁止されているので、

また帰国後クラスでシェアしますね!

 

師から直接口頭で学ぶことをインドでは

『  グルパランパラ 』と言います。

( ヨーガだけではなく、音楽や舞踊もパランパラで継承されています。)

本やDVDでも学べることはたくさんありますが

本やDVDでは絶対に学べないことがここにはあります。

 

カンファレンスの内容ではないのですが、

カンファレンスを通して、よりシャラート師のヨーガに対する献身的で謙虚な姿勢や、

僕たち生徒に対する愛を感じることができ、

とても大切な時間です。

 

昨日も強く感じましたが、シャラート師はグルとなった今も

ご自身の生徒としての学びの姿勢がとても強い方です。

日々のアーサナの練習ももちろんされているし、

勉強もされているし、24時間ヨーガの実践をされています。

 

だから信頼できるし、惹かれるんだと思います。

 

 

とにかく

『 本気 』が伝わってくる方です。

 

限られた時間しかありませんが、

その『 本気 』を少しでも僕の中に取り入れられるように

ここでの全ての時間を大切に過ごしていこうと思います。

 

 

 

追伸

ご心配をおかけしましたが今日は完全に食欲も戻り、食あたりからは復活しました。

原因はヨーグルトとばかり思っていましたが、

やばいマンゴーを見つけ、マンゴーが悪かったのでは?と思いなおしています。

ともあれ、生ものには気をつけます。

 

 

 

 

大好きな朝食セット

2018年

6月

07日

夕方のヨーグルトには要注意!

 

ナマステ!

 

いや〜、ヤラレました。

題名で想像できますか?

 

一昨日最高の練習で気分が上がった状態でブログを書いて、

その後、夕食を食べて、帰りにヨーグルトを買って帰宅。

 

インドの売店で売っているヨーグルトは袋詰めで10ルピー( 約20円 )。

フルーツに入れて毎年結構頻繁に食べていました。

だから大丈夫だと思っていました・・・。

しかしこのヨーグルトは賞味期限が当日のみ。

朝になると売店の前に置かれていることもあり、

朝に買う人が多いんだと思います。

いつも朝買うことが多かったから、気にしていなかったけど、

長い時間外に置いてあることも多いのかな?

また、雨が多いこの時期は停電も多く、

冷蔵庫が止まっている時間も長いのかな?

その全てが原因なのかもしれません。

 

僕は夕食後16時頃にちゃんと日付を確認して買い、

ケイコと二人でマンゴーを入れて食べました。

 

18時就寝、

そして21時頃、ケイコが突然の不調を訴え嘔吐。

それが夜中まで続きました。

それから腹痛。そして下痢。発熱。

 

僕は夜中まで大丈夫でしたが、

ケイコと全く同じものを食べているので、

もちろん時間差で僕にも症状がでました。

幸い僕に関してはすでに消化していたらしく、

嘔吐はしませんでしたが、強烈な下痢と腹痛。

脱水症状になったら困るので、水を一杯飲むと、

5〜10分後には1杯分の下痢。

 

ですが、僕はケイコよりは症状がましっぽかったので、

( 症状がでるのが少し遅かった )

am3:30に練習に向かいました。

 

4時からの練習が始まった時には完全に身体はおかしくなっていて、

全くマットを押せない。

そして、

『 絶対に漏らしてはいけない! 』

という思いで僕の意識はムーラバンダに注がれました。

いつもとは違う質の汗をかき、

ハーフプライマリーを過ぎたあたりで

関節痛を感じ始め、

胃か腸かわからないけど、内臓が痙攣してきました。

確実に身体の隅々に何かしらの菌がまわっているのを感じていましたが、

全身土砂降りの汗をかいていたので、

『 汗で全部だしきれるのでは? こんな時の練習がどういう影響を及ぼすのかを知るいい機会だ。』 

と開き直り、最後まで続けました。

 

そして、いよいよクライマックスのカポーターサナがやってきて、

とりあえず踵は目指さす、形だけでもやって呼吸を整えよう。とスタート。

5呼吸してBに移行する途中に

今シーズンアシスタントをしているバンコクのブンチュー先生がきて、

『 足をもっと押して! 』

と言われてアジャストにきてくれましたが、

喋れない体勢なので一度寝そべって

『 腹が痛くてできない。』

と伝えギブアップ。

 

ウールドヴァ・ダヌラーサナは3回やったけど、

腕も脚も全く押せず、ドロップバックができませんでした。

別のアシスタントの方が来てくれて一緒にドロップバックをしてもらって、

どうにかレギュラーの練習を終え、

更衣室に入りフィニッシングをすると( フィニッシングは全員更衣室で行う )

緊張の糸が切れたのか、朦朧としてきました。

 

家に帰ると、案の定僕も熱が出て悪寒と関節痛。

夜中から熱が出ていたケイコは練習を休んだけど、

更に熱が上がっていました。

( 発熱がある場合は練習を休んだ方がいい。)

幸いにも康平は元気でしたが、

僕たちが動けないため、康平も困っていました。

 

僕が練習を終え帰宅するのは6時前なのでまだ薬局はやっていません。

11時頃僕だけ薬局で買った薬を飲んだけど、

ケイコは調子が戻らないので、近所の病院に行きました。

授乳中ということを伝えると、

授乳中でも大丈夫な薬をだしてもらいました。

ちなみに診察代は100ルピー(約200円)、薬は150ルピーでした。

 

帰りに晩御飯をテイクアウトして、

少しだけ食べ、就寝しようとすものの、

昼間全く遊べなかった康平は元気でなかなか寝付けず、

それでも僕は20時には寝たかな?

 

さて、そして今日の練習。

薬のおかげで熱も下がり、下痢も収まったけど、ちょっとダルさが残っていました。

でもほとんど大丈夫でした。7割方回復したかな?

夜まで関節痛があったので今日は頑張らないつもりでしたが、

カポターサナは昨日よりは腕も脚も押せたけど、まだまだ踵は遠い。

昨晩まで病んでいたから今日はこの5呼吸で終わろうと思っていたら。

『 脚を押して! 』

とまたしてもブンチュー先生の声。

『 やめてー! 』

と言いたかったけど、すでに僕の手首を掴まれていたので(笑)

あとは身を任せるしかなく、自分の意図とは無関係に踵を掴みました。

( あの状態だと喋ることができない。)

 

そして、バックベンド。

今日はバックベンドのタイミングが多くの練習生とかぶり、

自分で3回した後に少し待ちました。

するとまたしても目の前にやって来たのはブンチュー先生。

心の中で

『 来たなブンチュー。』

と呟き身を任せると、

『 Walk・・・Walk・・・。』

踵まで行ったら(僕の)足首をつかまされると思い、

少し手前で止まり5呼吸しよとすると、

手首を掴まれました。

『 まさか・・・。』

と思ったらやはりそのまさかで、

足首を掴まされました。

左手も同様に足首を掴んだ時に

『 んん! 』と口を閉じたままでの声が出ると、

『 なに?もっとか! 』と勘違いしたのかな?

もうちょっと上に掴み直されました。

本日2回目

『 ブンチュー!! 』

と心の中で叫び、今日の練習を終えました。

 

フィニッシィングが終わり、着替えて更衣室を出るとシャラート師に

『 キャッチしたか? 』

と聞かれ、

カポターサナもバックベンドもキャッチしたから、

『 キャッチしました。』

と答えた後に

『 自分じゃ到底無理だけど、掴ませてもらいました。 』

と心の声で言いなおすと、ふっとまたブンチュー先生のことが頭をよぎりました。

帰り際にブンチュー先生の前を通ったので、

『 センキュー ブンチュー! 』

と言うと、笑顔で答えてくれて

今日の練習を終えました。

 

 

しかし、僕なりに気をつけているつもりなんですが、

インドは小さな隙も見逃さず、( 大きな隙だったのかも )

早くもやられてしまいました。

今年1番の絶好調だっと状態を手放す練習だったのかな?

 

楽しいだけじゃ済まないのが楽しい秘訣と常々思いますが、

アシュタンガヨーガもインドという国もそれがとてもわかりやすいです。

 

なにはともあれ、もう夕方のヨーグルトは卒業です。

 

 

 

 

 

2018年

6月

04日

今日からマイソールクラスが始まりました!

 

ナマステ!

 

前回も書きましたが、

6月1日から KPJAYI での練習は始まっていましたが、

初めの3日間はレッドクラスで、

6月4日(火)、本日よりマイソールクラスが始まりました!

 

KPJAYI にはシャラタイムという制度?があり、時計が15分早いです。

僕の練習時間は4時からなので、現地時間は3:45。

僕は3:25頃にシャラに到着すると

まだ練習生は10〜15人ぐらい、

そんなに待たずにシャラのゲートが開き、

マットを敷いて、着替えて、

練習の前に時計を確認するとシャラタイム4時丁度でした。

ですが、シャラの中は半分は埋まっていたと思うけど、

3分の2ぐらいの練習生しかおらず、

特に前列は6〜7名ぐらいでした。

今日がマイソールクラスの初日なので、

まだ練習生の時間はこれから調整するのでしょう。

 

僕は今回はインドに来る前から調子が良く、今日も絶好調でした。

そして、ここKPJAYIでまた練習ができる喜びもあり、

今日は今年1番の調子の良さでした。

日本にいる時はほとんどの時間を一人で練習しているので、

周りに他の練習生がいて、

更にシャラート師に見守られている環境は

ともて集中できました。

 

少し話が変わりますが、

週末に

『 バンコクのアユミさんのブログが素晴らしいよ! 』

と友達に教えてもらって、

アユミさんのブログをかなり遡りながら読みました。

( アユミさんのブログはこちらをクリック )

アユミさんとは何度もマイソールでのシーズンを共にした仲で、

インドの帰りにアシュタンガヨーガバンコクのアユミさんのマイソールクラスにも

ケイコと共に参加したことがあります。

心の底から尊敬している先輩ヨギーニなんですが、

今日は練習前にアユミさんのブログの中の言葉を思い出しました。

 

『 どんな時も努力は怠らず、またいつでも手放すこともできるコントロールが少しできるようになると色んなことがまた楽しく感じてきます。』

 

おかげで、

『 キツイ!!! 』

と感じた場面( 僕の場合は腕、もしくは脚を強烈に踏ん張り続ける時 )では特に

弱い自分に負けないように

( 良い意味で )身体の声を無視して、

バンダ! 吐き切る! 吸い切る! 呼吸音!!

と呼吸に集中できました!

痛い場合は別ですが、キツイ場面こそ努力する時かな?と僕は思います。

 

 

最も苦手で最も好きなカポーターサナでは

アシスタントの方に踵を掴ませてもらい、

バックベンドではシャラート師が来てくれました。

丁度僕がジーザスポジション( 腕をクロスして肩に手を置くポジション)で

3回後屈をしている時に

誰かがサードシリーズの練習を始めたらしく

 

シャラート師

『 今日は全員インターミディエートまでだ。なんでサードをやっているんだ。』

 

練習生

『  知らなかったので・・・。』

 

シャラート師

『 知らないなら聞きなさい。』

 

なんてやりとりをしている最中に僕はドロップバックをすると

やりとりが終わり今度は僕に対して

『 歩け、歩け・・・。』( ブリッジ中に手を踵に向かって歩く。 )

とシャラート師。

両手が踵をタッチした時にそこまでのキツさがなかったので、

右手を浮かせて差し出すと足首を掴ませてくれました。

2月に京都でケイゴ君に掴ませてもらった時は目ん玉が飛び出そうでしたが(笑)、

今回は掴んでいる、立っている、押しているという感覚を初めて味わいました。

あれ? 自立できるかも? と一瞬頭をよぎり、

5呼吸で上がらずに、8呼吸してみました。

 

前回のマイソール( 2016年1・2月 )ではあり得なかったことです。

あれから1年4ヶ月。

日々の練習の成果を早くも今日感じました。

カポーターサナに関しては練習を始じめて3年。

身体も頭も硬い僕にとってもは

踵を自分で掴むなんて途方もなく遠い日だと思っていましたが、

その日がもう遠くはなく、

もしかしたらいつ掴めてもおかしくないとすら思えた今日の練習でした。

 

もしこういうことも努力と言うならば、

努力するということほど楽しいことはないのかもしれませんね。

 

なんて調子の良いことを言っていると

インドはその隙を狙って来るので、

引き続き細心の注意を怠らないように生活していこうと思います。

 

 

 

2018年

6月

03日

6月のマイソール

 

ナマステ!

 

本日はKPJAYIは週に一度のお休みです。

金曜、土曜とレッドクラスがあり、

明日もレッドクラスです。

僕はシーズンの始まりから KPJAYI に来たのは初めてなのですが、

通常のレッドクラスは土曜日と月曜日の週に2回ですが、

どうやらシーズンの始まりはレッドクラスが続くみたいです。

 

そして、僕は早速自分の誓いを破ってしまいました・・・。

前回のブログで今シーズンはもうウップルティヒでお尻を付かないと誓ったのに、

昨日の2回目のレッドクラスで早くもお尻を付きました・・・。

 

40呼吸するつもりの心構えでしたが、

『 インヘル アップ! 』

と言われてからお尻を持ち上げると

僕が10呼吸した時点で

『 ワ〜ン! 』

とカウントが始まり、

初日よりも長い10カウントに思わず笑ってしまいました・・・。

 

10カウントもたなかった自分の不甲斐なさを感じつつも

『 はたして10カウントもった人がいるのか? 』

という疑問が生じるほどの長さでした。

 

前回のシーズンは10カウントできていたので、

無理して誓いを立てずに(汗)

自分のできる範囲での最大限の努力をすることにします。

 

 

さて、6月のマイソールは今の所

夕方や夜は雨です。

昨日、一昨日は雷と土砂降りの雨でした。

野良犬も玄関前で雨宿り。

 

 

昼間は良い天気で洗濯物も乾くし、

外にも出れます。

 

昨日は個人的にはマイソールで1番、

いやインド1のミールス

Hotel RRR に行って来ました。

僕は全ての食事を手で食べているわけではないのですが、

ここでは絶対に手で食べます。

最高に美味しいのですが、

とても辛いので連続で食べると胃が香辛料でやられます。

RRR はゴクラムから遠いので、

バイクがない今回はそんなに行けなそうですが、

その分ゴクラムの食事を楽しもうと思います。

ちなみにミールスと呼ばれるこのタイプの食事はお代わりし放題なので、

絶対に腹いっぱいになります。

RRR のミールスの値段は135Rpなので270円ぐらいでしょうか?

軽い朝ごはんと、ヘビーな昼飯。

だいたい2食と、フルーツやココナッツの間食が主な食生活です。

 

この時期はマンゴーがシーズンなので

今度マンゴーのことを書きますね!

 

来週はムーンデイなし、そしてマイソールクラスもスタートです。

思う存分練習を楽しもうと思います。

 

 

2018年

6月

01日

始まりました!

 

ナマステ!

 

いよいよ今日からKPJAYI での練習が始まりました!

インド時間の早朝3:11にシャラに到着すると既に20名ぐらいの方が座って並んでいました。

今シーズンは日本人は少なくて、

僕が数えた限りだと、僕を入れて11名。

( 神戸が4名なので場所別だと神戸が多いですね。男性は3名 )

でもアジア人は多いので、もう少しいるかもしれません。

 

今回のシーズンは6・7・8月の3ヶ月。

( 最長の滞在期間は2ヶ月まで )

そのスタートの今日から3日間はレッドクラスです。

そして今日は初日だったので、

なんとなく全体的に

『 はじまるぞ〜! 』

という雰囲気を感じたのは僕だけではないかと思います。

 

いろんな思いもあったのですが、

いざ、シャラート師のカウントが始まると

何かを考えることもなく、

ただ淡々と呼吸と視線とバンダを意識する時間でした。

 

最後のウップルティヒという身体を持ち上げるアーサナで

僕は普段30呼吸しているのですが、

僕の30呼吸よりシャラート師の10カウントが長くて、

恥ずかしながら9呼吸でお尻がついてしまいました。

これからは40呼吸する気持ちでいこうと思います。

絶対に今シーズンウップルティヒでお尻を付かないことを自分に誓います。

 

2018年は6・7・8月に KPJAYI がオープンするかも。

という噂を聞いてから、噂を信じて準備をして、

噂を信じて有希ちゃんに代行をお願いして、

2月末に KPJAYI のHPで噂が本当だということを確信し、

3月1日に申請して、祈って、通って

康平のパスポート、飛行機、マイソールの家、家族のビザ、

そして、日本からの長い移動を経て、

今日がやってきました。

いつもやることは同じなんですけど

とにかくあとはやるだけです。

 

という訳でおやすみなさい!

 

 

 

 

2018年

5月

31日

明日からシャラでの練習が始まります。

 

ナマステ!

 

KPJAYI での練習は明日からなので、

今日までは宅連でしたが

十分な睡眠と、時間を気にしない練習、

そして、空腹と満腹。

身体が喜んでいます。

 

例年はバイクで行動しているのですが、

今年は康平もいるので歩いて行動しています。

行動範囲はすごくせまくなりましたが、

それはそれで違ったゴクラムライフを味わっています。

 

ゴクラムを歩いていると

友達や何度か見たことがある人と会うことも結構あり、

そういうのも楽しさの一つです。

お店の店員さんが覚えていてくれてたりするのって結構嬉しいです。

 

いよいよ明日から始まります。

とにかく今日はたっぷりと寝て、明日の練習にそなえようと思います。

できるだけベストの状態で練習をする為に

何をするべきか考えると、

僕の場合はやはり十分な睡眠をとることがダントツの1位です。

 

では、おやすみなさい。

2018年

5月

29日

無事にインド・マイソールに到着しました!

 

ナマステ!

 

今日はもう火曜日ですが、

日曜日の夜に無事にインド・マイソールに到着しました。

 

今回は

関空〜クアラルンプール〜チェンナイ〜バンガロールと20時間近く飛行機を乗り継ぎ、

最後はタクシーで5時間。

 

大人でもだいぶ疲れる移動なので、

赤ちゃんがどうなるか心配でしたが、

やはり康平はどんな状態でも自分のペース。

特に大泣きすることもなく、無事にマイソールまでお利口でいてくれました。

 

・今回は赤ちゃんがが一緒にいること。

・乾季ではなく雨季のマイソールということ。

 

この2点がいつものインドとは大きく違う為、

心配事もいくつかあったのですが、

ゴクラム( マイソールのいつも滞在している町 )に到着すると

いつものお店やいつものインド人。

そして、KPJAYIとシャラート先生。

といういつもの完璧な環境があり、

2日過ぎた今はとてもホッとしています。

 

 

インド人は子供に対してすごく感心があるのか、

インド行きの飛行機に乗る時から

みんなニコニコ康平と遊んでくれます。

 

ゴクラムに着いてからも

歩いていても、食堂にいても

みんな康平に寄ってきて、

ほっぺを触ったり、抱っこしたりと

康平は大忙しです。

 

意外だったのは

あるインド人家族が康平を触りにきて、

お父さんが奥さんと子供2人の手をアルコールジェルで消毒して

その後にみんなで康平をベタベタしていました(笑)。

 

昨日は今シーズンのKPJAYIでの受付があり、

シャラに行くと、

ここでも子供連れは最優先され、

子連れ組から先に受付をしてくれました。

シャラート先生も康平をあやしながら受付してくれて

とても嬉しかったです。

また、生徒の練習時間が書かれたカードには

( 右がケイコのカード )

真ん中のREGULAR CLASS TIME のところが

NO TIME ( いつでもOK  )と書かれていました。

 

レギュラーの時間が6時とか7時とか書いてある場合は

その時間の30分前からきて、

30〜90分、すごい長い場合だと90分以上練習の順番待ちをするのですが、

子連れはこの順番待ちもありません。

 

インドという国はとても子供や子連れに対して優しい国です。

 

もしも

『 子供がいるからインドに行けない。』

と思っている方がいたらそれは大きな誤解かもしれませんよ。

 

そして、康平もすんなりと移動にもインドにもインド人にも

暑さにも馴染んでいるように見えます。( 今の所は  )

改めて赤ちゃんの対応能力に驚いています。

 

 

さて、インドは雨季です。

昨日は夕方に晩御飯を食べていると

雨雲が迫ってきて、夜は雨と雷でした。

 

今の所日中は晴れ間もあり、洗濯はできています。

雨季の南インドは初めてなので

どんなシーズンになるのか楽しみです。

 

 

 

そして、僕がインドにいるということは

アシュタンガヨーガ神戸は嶋田有希先生が担当してくれています。

有希先生は

6月23日(土) 15:00 〜 17:00

7月28日(土) 15:00 〜 17:00

にスンダリにてWSも開催されるので、

是非みなさんもこの機会に有希先生のマイソールクラスやレッドクラス、

WSをお楽しみくださいね!

 

これか2ヶ月の練習も楽しみだけど、

2ヶ月後に神戸に帰るのも楽しみです。

 

 

5月25日(金) 渡印前最後のマイソールクラスでのチャンティング

2018年

5月

24日

インド前のハプニング

 

ナマステ!

 

日々インドが近づいて来ています。

 

今週は子供のビザも無事に受け取れて一安心したとことろで

マンションの下の階の方から

『 家中水浸しになっています。』

との報告を受けました。

その数時間後には僕の家のリビングとお風呂場の手前の部屋の床から水が出て来て、

工務店の方に見てもらうと、原因は僕の家の給湯器。

 

2日間給湯器を使えず、やかんでお湯を沸かして体を拭いて過ごし、

どうにか給湯器は直してもらいましたが、

床は時間がかかりそうです。

が、明後日にはインドに向かいます。

 

インドでお湯がでないなんて珍しくはないのですが、

僕は日本では初めてのことでした。

 

 

荷物のことなど書きたいことがあったのですが、

バタバタしすぎていてインドについてから書きたいと思います。

 

いつもの時間に寝れず、週の前半の練習は今年一番のキツさでしたが、

やっと昨日は19時に寝れて、いつもの生活リズムに戻り、

今朝の練習は絶好調でした。

 

やっぱり全開での練習には十分な睡眠が不可欠ですね。

 

明日、最後の練習も全開でして、

気持ちよくインドに向かおうと思います!

 

 

何が起きても康平は康平のペース。

2018年

5月

21日

田辺WSとAYKB懇親会

 

ナマステ!

 

土曜日の田辺でのWSにご参加頂いた皆様!

今回も良い雰囲気でのクラスにしてくださり、

ありがとうございました!

 

あっという間の4時間半でした!

特に今回は初めての方よりもリピーターの方が多かったので、

とても嬉しい気持ちでクラスを行なっていました。

 

やっぱり自分が一番好きなことを

同じ様に好きで継続している方に

強烈な親近感を感じているのだと思います!

 

また次回も楽しみにしているので是非よろしくお願いいたします!

 

 

 

そして、日曜日のレッドクラスから今週も始まりましたね!

今週の土曜日には出国なので、最後のレッドクラスでした。

 

午後は

代行のユキ先生おかえりなさい!

&代行よろしくお願いしますの会が開催されました。

1年の6ヶ月をインドで学びを深めているユキ先生のマイソールクラスを受けれる

貴重な2ヶ月になりますので、

皆さん是非神戸に練習にきてくださいね!

 

インドまで後5日。

バタバタしてきています。

 

 

 

 

 

 

2018年

5月

17日

5月19日(土)は和歌山県田辺市にてWSを行います!

 

ナマステ!

 

今日は千葉の路地裏シャンティのトシアキ君が練習に来てくれました。

最近はパンチの効いた実践者の方々が県外から単発で練習に来てくれて、

僕もAYKBのメンバーも外からの刺激を楽しんでいます。

 

その後、今回3度目のインドビザ の申請を行いに大阪に行き、

3度目の正直と言うのでしょうか?

無事に申請を済ませることができました。

 

 

さて、本題ですが、

渡印前最後の週末の19日(土)は

和歌山県田辺市にてWSを行わせて頂きます!

 

アシュタンガヨガ田辺は僕にとっては

第二のホームだと言っても過言ではありません。

僕が初めてWSを行わせて頂いたスタート地であり、

毎年WSに伺っているので、

その分思い出も多く、強い思い入れがあります。

今回で更にその思いが強くなることも簡単に想像できます。

 

ご参加頂く皆さま!

全開で楽しんでいきましょうね!

 

そして、まだお申し込みをしていない皆様、

当日の飛び込み参加も大歓迎です!

タイミングが合えば是非ご参加ください!

 

詳細はこちらをクリック

 

 

 

2018年

5月

15日

赤ちゃんのインドビザ 取得には注意が必要です。

 

ナマステ!

 

昨日はインドビザ の申請に大阪の在インド総領事館に行って来ました。

今回8度目の渡印になるので、ビザの申請も8回目になり、

自分なりの注意をしていたつもりでした・・・。

 

・必要な書類が変わっていないか?

・場所は変わっていないか?

 

前回の2016年と書類に変更はありませんでしたが、

( オンラインで作成する超面倒な申請書 )

申請の場所は変わっていました。

( 実は11日(金)に場所を間違えてしまい、今回が既に出直しの2回目。)

 

 

まあ、この辺は調べれば大丈夫。( 間違えて出直しですが・・・)

僕が見たサイトはこちら

 

という訳で僕と妻に関しては不備がなかったのですが、

問題は赤ちゃんでした。

 

なぜかわからないけど、赤ちゃんの申請には

・戸籍謄本の原本とその英訳

・保険証のコピー

が必要とのこと。

 

僕  『 え? HPに書いてありましたか? 』

 

インド人女性  『 HPには書いてないです。』

 

僕  『 え? じゃあ、準備できないでしょ? 』

 

インド人 『 今から準備してください。 』

 

僕  『・・・・。』

 

 

以前の僕ならこういう理不尽な対応にブチ切れていたのですが、

過去にインド人に何度も怒って学んだことがあります。

それは

・日本人の感覚でインド人に怒っても無駄。

・いくら怒っても何も解決しない。

・インドもしくはインド人のルールに従うことが解決策。

ということ。

僕も大人になったのか?

それともこれもヨーガの恩恵か?

深呼吸でイライラを鎮めました。

 

僕  『 わかりました。では次に来た時に不備があると困るので、

    今日ある他の書類が全て大丈夫か確認してください・・・。』

 

 

 

 

事前にしっかりと調べることはもちろんですが、

子供と一緒に行く場合は電話で問い合わせるのも有りですね。

また、僕らの場合は両親共にインドに行くので同意書が1枚でしたが、

片親だけ同行し、片親は日本に残る場合は

・責任を持って同行します。

・家族がインドに行くことに同意します。

という2種類の同意書が必要になるので要注意です。

 

 

 

 

僕たちの出発は26日。

まだ10日あるけど、申請に行けるのは17日(木)

次に不備や理不尽な何かが起きるとちょっと不安です。

 

『 じゃあ、もっと早く申請したら? 』

と思うでしょう!?

 

これは僕と同じ飛行機で一緒にインドに行く人の話ですが、

余裕を持って5〜6週間前に申請に行ったところ

『 早すぎる。1週間で取れるからギリギリで来い! 』

と先月追い返されてきました。

 

ふぅ。

 

 

早くもインドのペースに引き込まれていますが、

『  いつだって油断するな! 』

というメッセージだと信じます。

 

次回はきちんと申請できることを願います!

 

 

 

 

 

2018年

5月

15日

土、日、月の出来事

 

ナマステ!

 

週末の出来事を綴ろうと思います。

まずは12日(土)は

神戸市北区にある COCONOBAさんにて

アシュタンガヨーガのWSを行わせて頂きました!

 

僕が初めての方より何度かクラスに来てくださった方のほうが多く、

そして、初めての方も普段ヨガされている方達だったので、

とても良い雰囲気でクラスを行わせて頂きました。

普段アシュタンガヨーガを行なっている方は少なかったですが、

アシュタンガヨーガも他のヨーガも

基本は同じだと僕は感じているので、

WSでのことを普段の練習で落とし込んでもらえれば嬉しいです!

年内にもう一度COCONOBAさんに行く可能性があるので、

また次回もよろしくお願いいたします!

 

 

 

13日(日)、午前中はいつも通りに

スンダリにてフルプライマリーレッドクラスを。

そして、午後は高砂市にて

『 アシュタンガヨーガ入門クラス 』を。

このクラスは半数の方がヨーガ未経験者だったので、

・ヨーガとは?

・アーサナの練習とは?

・呼吸

・太陽礼拝

・継続する為のコツ

を行なってきました。

 

ヨーガ未経験者が1からアーサナの練習を始めるには

やっぱり太陽礼拝を習慣にすることが一番だと思います。

僕のHPには

パソコンからだとトップページに

携帯からだと『 講師 』のページの最後に

『 太陽礼拝A✖️5 B✖️5 』と

もっと簡単な『 13分朝ヨガ 』

の動画をアップしているので、

あまりクラスに参加できない方は是非動画を観ながら習慣にしてもらえたら嬉しいです!

高砂市でのクラスは不定期ですが継続していくので、

気になる方は是非ともお問い合わせください!

 

 

 

そして14日(月)は

ムーンデイ前ということもあり?

さらには名古屋からメンズアシュタンギが練習にきてくださり、

かなり盛り上がったマイソールクラスでした。

活気があるマイソールクラスは時間の流れが早く

とても楽しかったです!

 

練習後メンズでパシャリ

 

 

その後、ビザを取りに大阪へ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

2018年

5月

14日

明日15日(火)は新月の為、マイソールクラスはお休みになります。

 

ナマステ!

 

今日はマイソールクラス後にインドビザ を申請に大阪に行って来ましたが、

なんと申請ができないという事態が発生。

 

明日は新月の為、マイソールクラスはお休みです。

たっぷり寝て身体を休めてくださいね。

 

週末と今日の出来事は明日ゆっくり書きますね。

 

では!

 

 

 

5月14日(月) am 7:31

2018年

5月

12日

新しいクラスは姫路市じゃなくて高砂市でした!

 

ナマステ!

 

明日13日(日)から始まる新しいクラスは

姫路市じゃなくて高砂市でした!

 

場所は

『 ユーアイ帆っとセンター 』

兵庫県高砂市高砂町松波町440番地の35

13:00 オープン

13:15 スタート

14:45 終了です。

 

『 アシュタンガヨーガ入門クラス 』です!

始めての方、基礎から学びたい方大歓迎です!

 

料金 2500円

 

 

ご不明点などありましたら、電話でもメールでもお問い合わせください。

 

では!

 

2018年

5月

08日

姫路市にてアシュタンガヨーガを始めます!

 

ナマステ!

 

今日はインド、マイソールを共に過ごしたナオコさんが

アシュタンガヨーガ神戸に練習に来てくれて

相変わらずの超美しい後屈を見させて頂き、

とても良い刺激を運んでくれました。

 

僕のこの数年の出会いと人付き合いに関しては

ヨーガが繋いでくれた仲がほとんどです。

ヨーガ以外の共通点を知らずに仲良くなることが多いのですが、

みんなヨーガに対する情熱がすごいので、

僕にはとても心地が良いです。

大好きなことが同じというのも縁ですね!

 

 

アシュタンガヨーガの実践者は旅行や出張などでどこかに行っても

近くのマイソールクラスで練習をする人が多いので、

たまに来てくれるスペシャルゲストには毎回良い刺激を頂いています。

各地のマイソールクラスを巡る旅をするのも楽しいですよね!

 

 

 

さて、本題ですが、

これから不定期ですが、

兵庫県姫路市でアシュタンガヨーガのクラスを行うことになりました。

まずは5月13日(日)の13:30 〜 15:00

90分あるので、30分の解説と60分は日本語レッドクラスを行おうと思っています。

アシュタンガヨーガが未経験の方でも参加できるので、

これを機にアシュタンガヨーガを始めてみませんか?

 

6・7月はインドに行く為お休みですが、

帰国ホヤホヤの8月5日(日)、

8月19日(日)も確定しています!

これから始まるでの何とも言えないのですが、

毎回課題を出し、少しづつステップアップしていくクラスになりそうです!

 

お申し込みは僕に直接メールしてください。

 

姫路市近郊の皆様!

皆様からのお問い合わせ、お申し込みをお待ちしております!

 

 

2018年

5月

07日

5月12日(土)はCOCONOBAさんでWSを行います!

 

ナマステ!

 

昨日はスンダリにてトシ・アムリタ先生のWSが行われました。

1本目はアーサナ。

2本目は座学。

インドから帰国ホヤホヤのトシ先生は一人日焼けした姿で登場し、

インドでの学びをシェアしてくれました。

 

アーサナのクラスではアライメントとオープナーの有効性を再確認し、

座学に関してはとても良いお話を聞けました。

一般的なヨーガのクラスでは学べない内容なので、

僕はトシ先生のWSにはここ最近は毎回参加していますが、

僕にとってはとても貴重な学びの時間になっています。

 

特に僕はヨーガの実践において

アーサナの練習の比率が圧倒的に高いので

時間をかけて学びのバランスを整えていきたいと思います。

 

関西在住の方はトシ先生のクラスに参加することは簡単だと思いますので、

是非積極的に参加することをお勧めします!

 

 

 

 

さて、今週末は神戸市北区にある COCONOBA さんにて

僕も久しぶりに How to のWSを行います!

 

僕が今まで学んで来たこと、

日々の練習とクラスで体験、経験してきたことの中で

『 これはみなさんにも知ってもらいたい! 』

ということをお伝えします!

ヨーガの経験が浅い方にはもちろんですが、

何年も実践している方にも是非とも試してもらいたい

意識の仕方やテクニックをお伝えするので、

是非ともタイミングを合わせてご参加頂けたら嬉しいです!

 

細かい詳細、お申し込みはこちらをチェックしてください!

 

 

13日(日)は姫路

19日(土)は和歌山県田辺市です。

 

お近くの方は是非クラスでお会いしましょう!

 

 

 

 

2018年

5月

04日

インドに向けて

 

ナマステ!

 

皆さんGWはいかがお過ごしでしょうか?

明日は土曜日なので、練習もクラスもないのですが、

休むのが勿体無いと思うほど

昨日、特に今日は練習が絶好調でした。

 

今まで沢山の方から教わったことの中の

どれくらいを理解しているかは自分でもわかりませんが、

時間が経つにつれ、じっくりと身体に馴染んできています。

痛みなく、全開で練習ができています。

 

練習中に

『  以前〇〇さんが言っていてことはこの感覚だ! 』
と思うことが多かった週でした。

後からじわじわ効いてくる助言って結構ありますよね?

 

 

そして、いよいよインドに行く日も近づいて来ています。

インドに行くことも回数が増えて来たので

ちょっと余裕で考えていましたが、

冷静に考えてみると

・10ヶ月の赤ちゃんが一緒

・初めての6・7月の雨季のマイソール

ということもあり、

今までとは全く別物のインドになりそうです。

 

そもそもインドに行く回数が増えたからといって

インド相手に『 余裕 』という感情を持ち出したらヤバイですよね。

この数年、何事もなくインドで過ごして来れたのは

( 最初の2回はコテンパにやられた。笑 )

いつだって石橋を叩いて渡ったからだということを忘れそうになっていました。

インド前に気づいて良かったです。

 

 

空港からマイソールまでの道中。

マイソールでの生活。

KPJAYI での練習。

全て経験済みですが、

インドに向けての準備をし、

準備が進むに連れてちょっとソワソワしています。

 

楽しみで、ワクワクもしているのですが、

やっぱり僕にとってインドはスペシャル過ぎる国なので

様々な感情が湧き出ています。

というのも、初めてインドに行った2004年から

ずっと僕の頭の中でインドが幅を利かせているんですよ。

 

今なんて、インドのことを文章に書き出してしまった為に

今までの沢山の出来事が脳裏に浮かび、

このブログの落とし所を完全に見失っています。(汗)

 

実は毎回インド前には
『 インドに行く際の僕なりの必需品 』

を書いていたので、

今回も準備ができたら持ち物ネタで書いてみますね。

 

では、今日はこの辺で!

引き続き楽しいGWをお過ごしくださいね。

 

OM  SHANTI  OM

 

2018年

5月

01日

GWもマイソールクラスはオープンしています!

 

ナマステ!

 

世の中はGWというやつですね。

週に1〜2度の休みは必要ですが、

神戸に来てマイソールクラスを行うようになってからは、

あまり長い連休を欲しなくなりました。

 

・練習を休みたくないこと。

・マイソールクラスを開放しておきたいこと。

・ヨーガ以外にお金を使えるほど金銭的余裕がないこと。

 

ヨーガの実践はアーサナの練習に魅力を感じて始めたのですが、

僕の場合は練習をする為にライフスタイルを変える必要があった為、

少しづつ変えてきました。

 

・早寝早起き

・仕事

・食事

・遊ぶ時間帯

など

 

ヨーガに限ったことじゃないですが、

何かを始めるには何かをやめないと時間が作れないですよね。

僕はアシュタンガヨーガの練習に合わせて生活するようになるまで

何年もかかりましたが、

おかげでとても充実した日々を過ごせています。

 

先日は神戸でのCome Join Yoga Fest、

昨日は大阪、ルルレモン さんでのアシュタンガのクラスを行わせて頂きましたが、

アシュタンガヨーガが未経験の方が沢山来てくれました。

 

何かに魅力を感じて、

始めるのか?

始めないのか?

は人それぞれですが、

せっかく興味を持って参加してくださったので、

是非あと何回かお近くのアシュタンガヨーガのクラスに参加してもらえたら嬉しいです。

そして、最低でも1回はマイソールクラスに参加してください。

結局マイソールクラスがメインの実践スタイルなので、

マイソールクラスに参加せずに

『  私には合わない 』

と判断するのは超早とちりですよ〜。

 

では、個人的にはGWでしか来れない人が来てもらえると雰囲気が変わって楽しいので、

この連休を利用して、是非神戸に練習に来もらえたら嬉しいです!

 

では、良い休日をお過ごしくださいね!

 

 

昨日のルルレモン さんでのクラスにて

 

2018年

4月

24日

次回のムーンデイのお知らせ

 

ナマステ!

 

日曜日はCome Join Yoga Fest 2018 にお越しいただき

ありがとうございました!

 

今年は天気も良く、昨年よりも盛り上がっていましたね!

ありがたいことに僕のアシュタンガのクラスは満員御礼でした!

参加した方に経験を伺うと、

3分の2ぐらいの方がアシュタンガ未経験でした。

様々なヨーガを経験し、

その流れでアシュタンガヨーガに興味を持つ方も増えてきているのだと思います。

嬉しいかぎりです!

 

 

フェスではレッドクラスという集団で行うタイプのクラスを行いましたが、

レッドクラスを初めて受けた場合、

・たくさん動けて気持ちよかった。

・汗をいっぱいかいた。

・最後の休息のポーズが至福の時だった。

と感じる方がいる一方で

 

・運動量が多い。

・疲れた。

・解説がなく難しかった。

と感じる方もいるようです。

 

レッドクラスは一回だけの参加だと、

ちょっと誤解を生みやすいクラスだと僕は思っています。

が、集団でクラスを行う場合はほとんどレッドクラスですよね。

 

通常行われているマイソールクラスは集団で行うクラスではなく、

個別指導で練習をするので、

・全くのヨーガ未経験者でも1からヨーガを学べる。

・自分のペースで無理なく練習できる。

・好きな時間にきて、好きな時間に帰れる。

といった特徴があります。

受動的ではなく、能動的な練習スタイルです。

 

これらはどちらか一方でアシュタンガヨーガという訳ではなく、

インド、マイソールの KPJAYI  では

週に4日はマイソールクラス、2日はレッドクラス、1日はお休み。

というバランスで練習を深めていきます。

 

是非アシュタンガヨーガに興味を持たれたら、

誰でもできるマイソールクラスにも参加することをお勧めします!

 

アシュタンガヨーガ神戸でも

ヨーガが全くの未経験から始めた方が今年も数名います。

ヨーガを始めて数回目から僕が何も言わなくても

自分自身で練習を深めることができます。

マットを敷いたら何をどんな順番で、どれぐらいのスピードで、

何を基準に行えば良いかを知っているので、

アーサナの練習を自分のものにしています。

 

最初から自立した練習をできるように進めていくことは

マイソールクラスの魅力の一つだと思います。

 

アシュタンガヨーガって簡単に始められるよね!

って言っている人はマイソールクラスに参加した人。

 

アシュタンガヨーガって難しいよね!

って言っている人はレッドクラスに参加した人かな?

 

 

何はともあれ、イベントなどを通してヨーガ人口が、

そしてアシュタンガヨーガ人口がもっと増えることを願っております!

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

これを機に継続していきましょうね!

 

 

さて、次回のムーンデイのお知らせです。

次回は4月30日(祝月)なのですが、

今回に限ったことですが、

5月1日(火)にお休みをズラすことになりました。

30日は祝日になるので、是非普段来れない方も積極的にご参加ください!

 

そして、30日の午後は心斎橋のルルレモン さんにて

『 フルプライマリー レッドクラス』を行います!

 

 

皆さんのご参加をおまちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

4月

20日

アシュタンガヨーガ神戸は3周年を迎えました!

 

ナマステ!

 

本日4月20日でアシュタンガヨーガ神戸は3周年を迎えることができました!

練習に来てくださっている方はもちろんですが、

多くの方に支えられ、応援して頂き、継続することができています。

関わりをもった全ての皆様、

いつもありがとうございます!

 

4年目もしっかりと日々の自分自身の練習ができるように、

そして、ヨーガを生活に取り入れたい方達に練習の場を提供できるように

変わらず淡々と自分の役割を全うしますので、

引き続き応援をよろしくお願いいたします!

 

 

神戸に移住して3年。

もうやるしかない。という思いと状況だったので、

日曜、月曜の『 アシュタンガヨーガ会議 』まで

目標のこと、将来のことなどをテーマに過ごして来ました。

ですが、火曜日から4月20日の3周年という記念日に向けた4日間は

神戸に移住する前の自分の気持ちを思い出す出会いが続きました。

 

 

最初のきっかけは火・水・木曜日の3日間に

マイソールクラスにスペシャルな先輩が練習に来てくださったこと。

( お会いしたしたのは始めてだったけど )

その先輩からは

『 なぜヨーガを実践しているのか? 』

『 ヨーガの何がそんなに魅力なのか? 』

ということを再考するきっかけをもらいました。

 

もう一人、火曜日のマイソールクラス後に

僕のこれからの活動についての打ち合わせがあり、

その人に
『 本当にやりたかったこと 』を思い出させてもらいました。

 

それはもう何年も前に自分の中では消化した問いだったけど、

改めて自問すると

日々の忙しさや、疲労、情報量の多さからその答えを忘れて前に進んでいました。

そして、振り返ってみるとちょっと進路が変わっていました。

 

前に進む生活は充実していて、楽しくて、やりがいがあるように感じていたけど、

なんだか目指してた目標が少しだけズレてきていて、

それが少しだけだったから気づかなかったけど、

過去の決意を思い出したら、明らかに目標がすり替わっていました。

 

僕は今年のインドが終わったら

今までしてこなかった種類のチャレンジをしようと思っています。

それは

『 大人になったら好きなことをやるんだ。』

という子供の頃からの夢への一歩であり、

今までの全ての経験と思いを形に変えようと思っています。

 

好きなことを見つけるんだ!

と思っていた頃のこと。

アシュタンガヨーガに出会い、これをやり続けるんだ!

と、なぜそう決意したのか?

ということを思い出してよかったと思える4日間でした。

 

振り返らず進む時も大切ですが、

たまに振り返ることも大切なんだと再確認しました。

 

 

未来に向かって頑張るんだ!

と決意した週末のアシュタンガヨーガ会議。

過去に決意したことを思い出した平日。

 

4年目の目標は定まり、ガソリンは満タンです。

長くなりましたが、

改めまして、4年目もよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

4月

18日

4月30日(祝月)はルルレモン さんでレッドクラスを行います!

 

ナマステ!

 

4月30日(月)は満月の為、通常では朝のマイソールクラスはお休みですが、

祝日ということもあり、5月1日(火)に休みをズラすことにしました。

普段はお仕事でマイソールクラスに来れない方も

是非とも練習に来てもらえたら嬉しいです!

 

そして、祝日ということもあり、

15:00 〜 16:30は

大阪のルルレモン さんにてクラスを行います!

 

『 フルプライマリーレッドクラスにチャレンジ!』
アシュタンガヨーガのレッドクラスとは講師のカウントに合わせてシークエンスを行うクラスで、
フルプライマリーとはアシュタンガヨーガの最初に行うプライマリーシリーズのアーサナを全て行うことを意味しています。
通常はサンスクリット語と英語で80分ほどで行うクラスですが、
今回は初めての方でもわかるように、日本語も織り交ぜてカウントをします。
80分のヨガクラスを体験したことがない方や、
今まで行ったことがないアーサナが出て来た際は休んだり、周りの方を見てもらっても大丈夫ですので、
フルプライマリーを体験したことがない方はこの機会にチャレンジしてみましょう!
そして、日頃練習をされている方は細かいヴィンヤサや自分のペースを再確認してみましょう!
また、参加者全員にお願いがあります。
是非クラスの10分前にはマットの上にいてください。
始まる前にレッドクラスに参加する際の確認や注意事項、カウントに合わせるコツなどを少しお伝えしますね!
普段ヨーガの練習をされている方であれば、どんな方でもご参加可能ですので、
経験者も未経験者もどしどしお待ちしております!
是非この機会に『 動く瞑想 』アシュタンガヨーガを体験してみましょう!

 

 

4月30日は神戸のマイソールクラスか

大阪のレッドクラスでお会いしましょう!

 

 

 

写真は4月15日のスンダリでのレッドクラス

2018年

4月

17日

アシュタンガヨーガ会議in神戸

 

ナマステ!

 

昨日は久しぶりの平日のムーンデイでしたね。

こちら神戸では日曜、月曜と2日連続で

『 アシュタンガヨーガ会議 』が開かれました。

出席メンバーは左から

路地裏シャンティでマイソールクラスを担当している、岡本洋輔(オカPさん)

Ashtanga Yoga名古屋 より、石川恭平

Ashtanga Yoga 神戸 より、清水誠也・康平・ケイコ

 

Ashtanga Yoga 京都 より、山口佳吾

 

『 アシュタンガヨーガ会議 』とは

今僕が書きながら勝手に作った名前ですが(笑)、

僕ら若手が日頃の練習と指導と活動について、

そしてこれからのことについて、話し合おう!

といつの間にか企画された集まりのことです。

 

僕たちは同世代で、どっぷりとアシュタンガヨーガにはまり、

インドで何ヶ月も練習と生活を共にし、

同時期にマイソールクラスを主宰し始めたので、

練習や指導、活動についての疑問や問題や課題、

良かったこと、悪かったこと、試したいこと・・・etc。

これらのことを共有することが

僕たちにとっても、

僕たちの生徒さんにとっても、

すごくプラスになると思い、

みんな思い思いに話をしました。

 

 

みんな毎朝自分の練習は必ずするし、

自分がクラスできるベストのことしているつもりだし、

自分が信じていることを信じています。

そんなライフスタイルは似ているけど、

もちろん僕たちは別人でそれぞれの個性があります。

似たようなことを考えていたり、感じていることもあるけど、

全然違うことも結構あるんですよね。

そんな個々のフェイルターを通して感じてきたことを報告し合うだけで、

自分一人では見えなかったこと、

見逃していたこと、

気づけなかったこと、

知れなかったこと、

などが沢山あることを再確認しました。

 

たった2日だったけど、

たった2日だったからこそ

いろんなことを交換できました。

 

その中で今回に関して言えば

共有できることのベースにあるのは

『 情熱 』でした。

 

毎日練習して、

練習したことをクラスでシェアして、

それを仕事にして、

その報酬でインドに練習に行く。

帰ってきたら次のインドに向けてそれを繰り返す。

 

これってすごくシンプルで最高に充実しているライフスタイルだけど

 

やはり継続するとなるとそれなりに難しい場面に出くわしたり、

障害や落とし穴のようなものがあったり、

ちょっとした何かを犠牲にせざる得ない時もあります。

でも、彼らのような人間に会い、

情熱を共有してもらうことにより、

一人でも

一人では発揮できない力を発揮します。

 

 

パンチの効いた仲間との出会いは

アシュタンガヨーガの恩恵の一つですね。

 

いろんな情報交換もできたし、

今回のアシュタンガヨーガ会議を終えた今、

あとは『 とにかく実践 』を繰り返し続けるのみ!

トライ&エラーの繰り返しですが、

そこは多めに見てください(笑)。

 

 

 

さて、関東の皆様、

いよいよ週末はオーガニック東京ですね!

ご存知の方も多いかと思いますが、

20日(金)、トップバッターは英樹さん、有哉さん、佳吾君、恭平君、の

マイソールマサラブラザースによる4人でのレッドクラスです!

おかPさんは一番前で裸でマットを敷いている人です。

 

そして、関西の皆様、

22日(日)は神戸にて

Come Join Yoga Fest が開催されます!

僕は12:00からレッドクラスをカウントします!

 

 

是非アシュタンガヨーガを楽しんでください!

 

2018年

4月

14日

いよいよ来週22日(日)はCome Join Yoga Fest 2018です!

 

ナマステ!

 

まずはお知らせですが、

スンダリでの明日の9:00〜10:30のレッドクラスは予定通りですが、

その後の11:00〜12:15のハタヨガクラスはユウ先生に変わって

僕が代行させてもらいます。

 

タイミングが合う方は是非ご参加ください!

 

そして、16日(月)は新月の為お休みになります!

3月はムーンデイが土曜日と被っていた為、

久しぶりのムーンデイですね!

個人的な用事ですが、15日、16日はとても楽しみになことがあるので、

今からすでにワクワクしています!

来週のブログで報告しますね!

 

 

そして、来週の22日(日)はいよいよ

Come Join Yoga Fest 2018 が開催されます!

第一回から参加させて頂いていますが、

その年毎のドラマを楽しんでいます。

いつも参加して思うのは

やっぱりヨガで集う方達のエネルギーは素晴らしくポジティブなので

終日楽しい時間を過ごせています。

今年も様々なクラス(無料クラスもある!)と出店があるので、

是非来週の日曜日は神戸に遊びに来てください!

 

ちなみに僕は12:00〜13:15にアシュタンガヨーガ

『  ハーフプライマリー レッドクラス 』を行いますので、

アシュタンガのヴィンヤサを楽しんもらえたら嬉しいです!

 

その為22日(日)のスンダリでのレッドクラスは休講になります。

是非ヨガフェスに足を運んでくださいね!

 

 

では、皆さん、良い週末をお過ごしください!

 

 

2018年

4月

12日

就寝前、起床後はヨガビリーボール

 

ナマステ!

 

今日は『 ヨガビリーボール 』について。

 

簡単に言うとマッサージボールですね。

昨年の秋に千葉の路地裏シャンティさんから帰ってきたDoni君に勧められ、

僕も年末にシャンティさんで購入したものです。

( ネットでも購入できます )

 

ヨガビリーボールを利用する前は

友人から頂いたラクロスボールを使っていたのですが、

今年はこのイボイボにハマっています。

 

僕は長年ヒザに痛みをかかえていたのですが、

股関節が硬いからヒザに負担がかかっていて、

元を辿ると、お尻やハムストリング、太ももの外側などの硬さが原因だっと考えています。

 

ボールを使ったセルフマッサージに関しては

ラクロスボールをくれた友人が体と床の間にラクロスボールを挟んで

自分の体重でマッサージする方法を教えてくれて、

それにより僕の膝はだいぶ楽になったのが始まりです。

 

すごくシンプルなことですが、

これがかなり効きます。

 

そして、どの場面で日々の生活に取り入れるか?

というのをいろいろ試した結果、

寝床に置いといて、就寝前と起床後の10分をセルフマッサージの時間にする。

という利用方法に落ち着きました。

 

繰り返しますが

すごくシンプルなことですが、

これがかなり効きます!

 

スマホを飛行機モードにして

就寝前の布団の中で腰、お尻、ハム、太ももの横をグリグリ。

朝の1回目のアラームがなってからもスヌーズがなるまでグリグリします。

 

最初は痛いんですが、

痛く無くなってくるころには

きっとあなたも人に勧めたくなると思いますよ。

 

インドに行く時もラクロスボールとヨガビリーボールは持って行く予定です。

 

 

 

 

 

 

『 ん? これがヨガビリーボールというヤツか! 』

 

『 どれどれ、うりゃ! 』

 

 

 

 

これは一般的な使い方ではないですが、

かじりたい方はかじってみましょう!

 

 

 

 

2018年

4月

08日

味噌汁Liveを終えて

 

ナマステ!

 

先日の金曜日は午後から吉村純シェフの

『 味噌汁Live 』に参加してきました。

 

客観的に言うと料理教室なんですが、

その名の通り『 Live 』な4時間でした。

結局なんでもそうなんですが、

言葉で伝えられることには限度があって、

あの出来事を、あの空気を、僕の文章力ではとても伝えられません。

 

他に料理教室に出たことがない僕が言うのは変な話だけど、

確かに料理教室でしたが、

ことの本質は料理じゃなかったように感じました。

 

当たり前のことなんだけど

忘れてしまっていたこと。

 

知っていたつもりでいたけど

知らなかったこと。

 

理屈や理論の大切さと

理屈や理論を超えた本当に大切なこと。

 

彼は料理というツールを使い、

グルーヴを生み出し、

最後はお腹が満たされたけど、

胃袋は僕らが満たされた部位のほんの一部でした。

 

そして、

・野菜や料理についてのこと

・調理についてのこと

・意識についてのこと

・思いについてのこと

の一つ一つに

『 まるでヨーガのWSに参加しているみたいだ。』

と思う場面が多々ありました。

 

始まる前は

『 味噌汁Live 』って何だろう?

と思っていたけど、

終わってみると

『 味噌汁Live 』だったね!

と納得ができました。

 

だいぶ抽象的な文章になってしまったけど、

『 味噌汁Live 』に興味が湧いた方は

是非とも次回参加してみてください。

百聞は一見にしかずです。

 

純さん、くまさん、

Liveを共にした皆様、

素晴らしい時間をありがとうございました!

 

 

2018年

4月

04日

いよいよ今週末は吉村純シェフが神戸・芦屋にやってくる!

 

ナマステ!

 

桜で春を感じていましたが、

いよいよ午前3:30のバイクでも寒さが落ち着き、

4月に入りダウンパンツを履かないでバイクに乗っています。

手袋も2枚から1枚に。

スタジオに着いても暖房は付けずに練習し、

5時過ぎには明るくなってきて、

6時から練習に来るメンバーはたっぷりと汗をかいて練習しています。

 

9時にマイソールクラスを終えると

帰りは既に暖かく、

ダウンの上着はザックに入れ、

手袋は付けず、

サングラスをして帰ります。

 

最高に気持ちの良い日々を淡々と過ごしております。

そして、そんな最高の日々に最高の男がやってきます。

 

先日のブログでも告知をしましたが、

いよいよ今週の6日金曜日に迫った

吉村純シェフの『 味噌汁Live  』も

残り2名で満席になるようです。

既に僕のヨガ仲間が何名か申し込んでいるようですが、

気になる方は是非とも参加することをオススメします!

 

詳細はこちらをクリックしてください!

 

そして作るより食べる派のあなたは

8日(日)に芦屋で1日限定のビーガンランチを行うので

こちらをクリック!

 

 

どちらも『 食 』に敏感なヨーガ実践者には喜んでもらえる内容だと思います!

 

僕は吉村純さんに出会って食事に対する考え方が変わりましたが、

この週末であなたも食事に対する何かが変わるかもしれませんよ!

 

 

では、引き続き今週の春の練習を楽しんでいきましょう!

 

2018年

3月

29日

満開

 

ナマステ!

 

少し前までは

『 寒いですね〜。』

が挨拶だったのに、

気づいたら桜も満開。

もう春ですね!

 

 

 

 

僕はバイクで行動しているのですが、

あちこちで桜が満開です。

桜ほど春を感じるものはありませんね!

そして、生ぬるい風を感じながらの運転はとても気持ちが良いです。

 

 

話は変わりますが、

年内中に新しいことにチャレンジしようと考えていて、

それに向けて3月いっぱいで、

昼間行なっていたレギュラークラスを2本辞めることになりました。

 

2年間行わせて頂いたクラスでは

多くの方が継続的に参加してくださったので、

皆さんがシークエンスに慣れて、覚えて、

動きが上手になって、身体が変わっていく姿を見させて頂き

とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

ご参加頂いた皆様、

ありがとうございました!

 

またヨーガを通して再会できることを願っております!

 

 

 

さて、日々のマイソールクラスでは今週から息子も参加するようになり、

また今までとは違った雰囲気になりそうです。

今週はどうなるか様子を見ながらの練習でしたが、

来週からは早い時間に来る予定で考えています。

 

では、週末はお花見ですかね!?

良い週末をお過ごしください!

 

3月30日(金) am 7:31

2018年

3月

26日

4月6日(金)吉村純シェフによる味噌汁LIVE

 

【プロフィール】
吉村 「STUDIO VEGAN」主宰
1978年北海道生まれ。
19歳より5年間かけて20数ヶ国を旅して世界を味わう。
ペルー、オーストラリア、東京などのレストランで働き多くの人との出会いから食文化の多様性を知る

熊本県御船町にある医療機関併設のカフェ(しましまの木)での経験を機に、
医療と食を結ぶこと
熊本地震被災や自身のアレルギー体験から、
食に対する根本的な考え方を改める

今までのレストランで作ってきた特別な料理から日常の食卓に注目
全ての人が安心して食べられる、国籍も宗教も世代も性別も超え、みんなで同じ食卓を囲めるビーガン料理の世界へ

食卓から世界を変える をコンセプトに

現在はSTUDIO VEGANを立ち上げ、熊本県の水俣市を拠点にビーガン料理(野菜料理)の普及のため料理教室を主軸に活動。
各種イベントとのコラボ食事会、ケータリング、商品開発、畑での野菜作りなどを通し、野菜料理の魅力や料理をする事の大切さ、たのしさを伝えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナマステ!

 

 

最近は旅をしていないけど、

僕は旅がとても好きです。

 

人生が変わるような衝撃的なことが沢山あったし、

人生を変えてくれるような出会いも沢山ありました。

 

題名に書いた吉村純という男はその一人です。

 

2004年 

初めてのインドでのバナラシ、ガンジス川沿いの宿で出会って、

出会ってすぐに意気投合。

宿の屋上で毎夜様々なことを語り合い、

特に彼の料理の話は今でも覚えています。

 

僕は今よりも10キロ以上も痩せていて、

食べるということにほとんど関心がない生活を送っていましたが、

あまりにも熱い男だったので、

彼の料理を食べてみたいと思っていました。

 

2005年 

僕は2度目のインドにゴアを選び、音楽やヨーガを満喫していると純さんからメールがありました。

『 カイロのサファリという宿で毎日ご飯を作っているから、エジプトに来たら? 』

確かこんな内容だっと思いますが、

僕はムンバイからカイロに飛び、サファリという宿を探しました。

今はどうかわからないけど、当時のカイロには旅人だけではなく、

中東に出入りしているジャーナリストっぽい人もいたりと、

インドでは合わないタイプの人が結構いました。

サファリという宿には年単位で住んでいる日本人が何人かいて、

とても驚いたのを覚えています。

僕がサファリに着いた時、純さんは滞在者みんなの食事を作っていました。

僕は学生だったけど、いろんな人がいて、観光したり、

次の目的地の情報を調べたり、ただ生活していたり、

( サファリには麻雀部屋があり、何ヶ月もずーっと麻雀だけをしている人達もいた。笑。 )

そんな中でも食事の時間になるとみんなが食卓を囲む。

それまでのアジアの旅ではなかった楽しさでした。

 

サファリには10日間ぐらいの滞在だったけど、

僕はこの時というか、

純さんとの出会い以降食事という行為に関心が湧くようになりました。

 

 

 

2007年 

オーストラリアのベリーという街の農場で働いていた頃にもタイミングが合い、

彼は僕らが滞在していた宿に来て、

みんなの食事を作ってくれました。

 

当時の僕はまだ将来のことをそんなに考えていない時期だったから、

自分の好きなこと(料理)で世界中を旅していた純さんには

かなり強い刺激をもらっていました。

 

 

と、ここまでは僕と純さんの思い出ですが、

僕は2002年〜神戸に移住するまでは旅をすることにも情熱を注いでいたのですが、

その期間に出会った人の中でもトップクラスの魅力的な男です。

そんな純さんは現在熊本県で活動しています。

 

この度、

『 神戸でWSをやるよ!』

と連絡をもらって、詳細を見たら

『 味噌汁LIVE !』をやるそうです。

子供も連れて行って良いとのことなので、

僕たちは3人で参加しますが、

興味がある方は是非とも参加してみてください。

 

詳細はFacebookでの投稿に過去の味噌汁live の投稿が載っているので、

そちらを見た方がイメージしやすいと思います!

 

こちらをクリック

 

 

純さんの思いの綴られた文章を発見したので添付します。

 

Made in 吉村

熊本御船町にある しましまの木 というカフェで
肉も魚も卵も動物性の物は一切使用しない
ビーガン料理を創っています

ランチは日替わりの一種類のみ

長岡式の酵素玄米と具沢山のお味噌汁
野菜のおかずが二品

週末はこれにおかずがプラス二品

メインは出汁を使わない野菜の旨味を最大限に引き出した具沢山のお味噌汁です

毎日、日替わりでメニューやレシピは無く

毎朝買い物をして農家さんのその日の野菜を見て

インスピレーションで献立を考えています

今朝も買い物に出かけると きりあげ と書かれた食材と目が合いました

毎日同じ所で買い物してるのに毎日語りかけてくる食材は違います

きりあげ … 何だろコレは⁈

どうやら油揚げを作った時に出る端くれをまとめた物の様だ

何だこの艶と色 旨そうだ 買ってくれ〜アピールが凄い

そう思った瞬間にカゴに入っていた

今日は何を創ろうかな〜⁇
というか何が出来るのだろう⁇

なるべく自分の意思で決めない様にしている

今朝、バイトの娘が実家で作った青梗菜を持ってきてくれた

その瞬間に主役が決まる

ビーガン料理を始めてもうすぐ4年

今までは普通の料理をしていた

肉も魚も卵も何でも使っていた

メインは豚肉 鶏肉 牛肉 魚 ホタテ カニ エビ イカ
何でもあった
野菜は常に付け合わせだった
主役はいつも動物性の物だった
野菜は脇だった
実は、何でも良かった 主役の肉や魚の事ばかり考えていた

そんな僕が今は、野菜が主役の料理を創っている

始めた頃は不安でいっぱいだった

野菜だけでお客様が、満足してくれるのだろうか⁇
1000円というお金を払ってもらえるのだろうか⁇
不安だらけだった

でも、僕は野菜の力を信じていた

ある出来事がきっかけだった

ビーガンで行くんだ‼️

野菜の力を広めるんだ‼️

僕の料理人生をこれにかけるんだ 強い信念があった

野菜だけで料理

野菜だけのランチ

皆様はどう思われますか⁇

よくイメージがわかないとか、本当に野菜だけで作れるのと聞かれます。

僕が26歳の時の話です
19歳から料理の世界に入ったのでその時で7年目
東京の恵比寿の和食屋さんで働いていました。
客単価も高くネクタイをして板前をしていました
メニューに、だだちゃ豆というブランド枝豆があり価格は千数百円
枝付きのまま茹でて氷にさすだけ…

高いな〜と思っていた

当時26歳 この位 簡単だと今まで通り茹でていた

その茹でている僕の姿を見て
当時の料理長にコテンパに打ちのめされた

今まで何を教わってきたんだ‼️
そんな物出せるか‼️
茹でる事も出来ないのか⁇
帰れ‼️
目の前で僕が茹でた枝豆をゴミ箱に捨てられた

悔しくて泣いた

恥ずかしい話だけど26歳 良い歳 今までの7年間何をしてきたのだろうか⁇
号泣した

茹でるという事を真剣に学んで来なかった

その後に料理長に言われた
この料理は茹でるだけだ
でも、その茹で方で千数百円を頂く料理なのだと

その時から素材と向き合う事

茹でる事 切る事 炒める事 揚げる事 など
基本の調理法を学んだ

一生忘れない出来事だった

あれから10数年

今年で僕は39歳 料理歴も振り返れば20年

その料理長が去年突然亡くなった

突然の訃報だった

あの当時その料理長は今の僕と同じ年齢位だった

料理長はもうこの世には居ないけれど

僕の記憶と身に付いた技術の中に確かに生き続けている

生きていたら僕の茹でた野菜を食べてもらってお礼を言いたかった…

肉体が滅びても生き続けると言うのはこう言う事だと思う

この事を僕が次の世代に繋げれば料理長はずっと生き続ける事になる

僕もそんな人生を送りたいと思う

少し、脱線したが

野菜が主役のシンプルな料理とは

まさに、この調理法が鍵だ

茹でる 炒める 煮る 揚げる 蒸す などの調理法をどれだけ丁寧に 真剣に向き合えるのかと言う事だと思う

今朝の青梗菜をランチの主役に

僕なら出来る

訳あって僕は青梗菜を2年間毎日茹でた変わった経験がある

チンゲン菜を2年間茹でた先に見えてきた世界

茹でる事の基本が僕の中に出来た

この位お湯につけたらこれ位の食感になる

この基準が僕の中に出来るとその上 、その下が出来る
真ん中さえ分かれば、そこを基準に上と下が決まり左と右が決まる

今はどんな野菜でも分かる

秒単位で硬さを調整できる
身体の一部の様に野菜を感じられる

そんな事を久々にチンゲン菜を茹でながら記憶が走馬灯の様に頭の中を駆け巡った

振り返れば20年

一つの区切りかもしれない

野菜料理に辿り着いたのも何かのご縁

食べる事は生きる事

今まで食べたもので 今 がある

健康の源

野菜料理を通して生きる事を学ぶ

学んだ事を伝える

お腹を満たすための食事ではなく

心を満たす食事

僕はここに今世を捧げる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月8日日曜日は11時半から芦屋で出張シェフでイベントに参加されるようです。

 

 

 

震災や結婚の時、神戸に移住してからも連絡は取っていたけど、

多分11年ぶりの再会になるのかな?

そんなに時間が流れていたとは。

 

 

写真は2005年3月 エジプト・サハラ砂漠でのキャンプの帰り。

1枚目 なぜかキャイーン  左 吉村純  右 誠也

 

2枚目  左上 吉村純   右 誠也

僕は初めての砂漠だった為、真ん中の方に

『 砂漠は何回目ですか? 』

って聞いたら

『 パレスチナの難民キャンプ以来の2回目だ。』

と言われ、度肝を抜かれました。(笑)

2018年

3月

25日

ヨガアカデミー大阪でのWSと先週の練習について

 

ナマステ!

 

昨日はヨガアカデミー大阪にてWSを行わせて頂きました!

ヨガアカデミー大阪では

・メンズヨガ

・ヨガ体験会

などのイベントにてクラスを行わせて頂いてきましたが、

今回は初めてイベント以外でのアシュタンガのWSでした。

『 基礎から学ぶアシュタンガヨガ 〜呼吸と太陽礼拝〜 』

というクラスだったので、多くの方がアシュタンガヨーガを行うのが初めてとのこと。

その中で、昨年までのホワイトロータスでのWSに何度も参加してくれた方達が

昨日のWSにも参加してくれた為、

アシュタンガヨーガ経験者の方には他の方が見えやすい位置にマットを敷いてもらいました。

前回の広島でのWSでも思いましたが、

未経験者の方は次にどんなアーサナが来るかわからない為、

経験者が見える位置にいてくれるととてもクラスがやりやすいです。

今回もそれを強く感じ、

参加者全員が良いクラスを作ってくれたように感じました。

なにより、何度もクラスに来てくれている方達がいると

とても心強く感じるし、嬉しいです!

 

昨日はサブタイトルにあった

『 呼吸と太陽礼拝 』を中心に行いましたが、

これを機に太陽礼拝を日々の習慣にしてもらえたら嬉しいです。

そして、是非ともお近くのマイソールクラスに参加してもらえたら

さらに嬉しいかぎりです。

 

ご参加頂いた皆様!

どうもありがとうございました!

また次回のタイミングを楽しみにしております!

 

 

 

 

 

 

・先週の練習での個人的な出来事について

 

今月はムーンデイが土曜日の為、土曜日以外の週に6日練習しています。

先月あたりから左膝の痛みがなくなり、

久しぶりにどこも痛くない身体での練習を楽しんでいましたが、

先週の月〜水の3日間は左腰に痛みを感じ、

特に火曜は日中もズキズキと痛みました。

特に思い当たる原因はありませんでした。

 

水曜日には

『 もしかして怪我をしたかも? 』
と思い、いつもより慎重に練習したけど

原因はわからず、日中もズキズキと痛みました。

 

そして、木曜日。

なぜか左腰のズキズキは消えていて、

今度は右腰に違和感を感じていました。

左腰の痛みがない安心と右腰の違和感からくる不安。

 

やはり何かがオカシイ。という思いで迎えた金曜日。

練習とクラスの疲れもそれなりに溜まっていました。

が、なぜか痛みも違和感もなくなっていて、

いつも通りの練習ができました。

ちなみに今日の練習でも全く大丈夫でした。

チャンチャン♪ってだけなんですが(笑)

 

ヨーガのことばかり考えているせいか?

職業病なのか?

どうしても練習での出来事と人生について結びつけたくなってしまうのですが、

何かに頑張っている時や

何かにチャレンジする時には

大なり小なりの揺さぶりをかけられることがあるように感じます。

 

例えばこっちはアーサナの練習を頑張っているのに

腰がズキズキすると

『 やめたほうがいいのかな? 』

『 今日は休んだほうがいいのかな? 』

なんて思考のことです。

どんな動きをすると、どこが、どのように痛いのか?

どうしたら痛くないのか?

基本的には僕は痛まない使い方を探す練習にテーマを切り替えて練習します。

それを何日も試して、それでも痛みが強くなるようなら

痛い動きや、痛いアーサナを飛ばして練習します。

もうその程度の揺さぶりには動じません。

 

なにか新しいことにチャレンジする時や

今までの習慣を手放す時にも

『 やめた方がいいよ。』

と言ってくる人っていますよね。

もちろん、その人は良かれと思って言ってくれているのですが。

その程度の揺さぶりで辞められる程度のことなら辞めた方がいいかもしれないけど、

 

行動を起こして失敗することよりも

行動を起こさないで後悔することの方が僕にはキツく感じます。

 

僕に揺さぶりをかけてきた痛みは、様々なことを教えてくれること。

『 やめた方がいいよ。』と言ってきたあの人は

僕が本当に本気かどうかを自問させてくれました。

こうやって文章にしてみて思いますが、

揺さぶられている時はなんだかモヤモヤするけど、

そのモヤモヤは大切な何かかもしれませんね。

 

では、そろそろ千秋楽が始まるのでこの辺で!

今週も楽しんでいきましょうね!

 

 

 

2018年

3月

20日

3月24日(土)はヨガアカデミー大阪で『基礎から学ぶアシュタンガヨガ』を行います!

 

ナマステ!

 

神戸は昨日から雨が降っています。

明日は春分の日だし、春を感じますね!

 

さて、今週24日(土)はヨガアカデミー大阪にて

『 基礎から学ぶアシュタンガヨガ 』

と題したWSを行わせて頂きます!

 

1日の中の多くの時間をヨーガのことを考えて生活しています。

自分の練習のこと。

生徒さんの練習のこと。

クラスのこと。

インドのこと。

これからのこと。

 

子供ができて生活の中心には子供がいますが、

その生活自体がアシュタンガヨーガを軸とした生活です。

 

そして、日々のマイソールクラスとレッドクラス、

週末のWSでの講師としての活動は僕の練習の本番ようなものだと思っています。

 

今回のWSではアシュタンガヨーガの基礎、基本的なことをしっかりとお伝えしますので、これからアシュタンガヨーガを始めたい方には是非とも参加してほしいし、

すでに始めている方にも再度確認して欲しい内容になっています。

 

皆さんの日々の実践がより深くなるきっかけを作れるようにがんばりますので、

是非ともタイミングを合わせてご参加頂けたら嬉しいです!

 

 

 

明日は春分の日で祝日ですが、

もちろんマイソールクラスは行なっています。

初めての方も、祝日限定の方も、いつものメンバーも

明日も楽しんでいきましょう!

昨年の3月20日のブログを覚えている方もいますか?

春分の日から始まる地球歴というカレンダーは今日が最終日でした。

当たり前ですが、地球が太陽の周りを一周しました。

 

 

 

 

そして今、母ちゃんのMATHSYASANAの左膝の浮きが気になったのか?
すかさずアジャストに入る康平。

2018年

3月

16日

3月18日(日)はCOCONOBAさんでゲリラ的アシュタンガクラスを行います!

 

ナマステ!

 

早い早いと思っているから時間の流れが早いのか?

それとも年を重ねると時間の感覚が早くなるのか?

ただ単に、以前の僕がのんびりしすぎていたからか?

もう金曜日が終わろうとしています。

 

さて、突然ですが3月18日(日)。

午前中はいつも通りスンダリにてフルプライマリーレッドクラスですが、

午後14:00より神戸市北区にあるホットヨガスタジオ

COCONOBA さんにて

『 初めてのアシュタンガヨーガ 』

を行わせて頂きます!

このクラスはCOCONOBAメンバーさんは通常のレギュラーレッスンとして受講できますので、是非ともタイミングが合えばご参加ください!

 

そして、5月12日(土)に

『 Ashtanga Yoga WS  』

を行わせて頂きますので、是非明後日のクラスでアシュタンガの免疫をつけて

5月にWSを楽しんでもらえれば嬉しく思います!

 

6月、7月はWSは行いません。

普段のクラスではお伝えできないことをシェアしていきますので、

是非ともよろしくお願いします!

 

5月19日(土)は和歌山県田辺市でのWSが今年も決まりました!

詳細は後日になりますが、和歌山の皆さんよろしくお願いします!

 

では、良い週末をお過ごしください!

 

 

 

 

2018年

3月

14日

広島WSを終えて。からの〜

 

ナマステ!

 

時間の流れが早すぎて、ブログが追いつきません。

まずは広島WSを終えて。

今回2回目となった、たかちゃん健康研究所でのWSでしたが、

何が一番嬉しかったって、

前回参加してくれた方が今回も参加してくれたことです!

前回メンバーがクラスの雰囲気をとても暖かくしてくれたので、

僕はとても安心してクラスを行わせてもらえました。

そして、今回初めての方達もとても気持ちの良いリアクションをしてくれたので、

・伝わっている

・伝わっていない

・これはみんながわかる

・これはわかる人にしかわからない

といったことがクラスを行いながら感じることができました。

 

年齢も性別も様々で

何年も日々アシュタンガヨーガを実践している方から

アシュタンガヨーガが初めての方、

ヨーガ自体最近始めたばかりの方、

広島県外の方、

とてもバラエティに富んだメンバーでしたが、

特に長く練習されている方が初心者の緊張を取ってくれているようにも感じ、

そんなメンバーをオーガナイズした所長のたかちゃんの人柄がでたイベントでした。

 

たかちゃん!

ご参加頂いた皆様!

楽しい時間をありがとうございました!

今後も共に実践を深め、また次回の機会を楽しみにしております!

 

『 華麗なるアシュタンガヨガ 』

はカレーをみんなで食べる懇親会がメインと言っても過言ではありません。

今回はなんとスープカレー! カレーに夢中で懇親会の写真は撮り忘れです・・・。

しかも研究所のタコの写真も撮り逃し・・・。

 

無事に最高の広島WSを終えた今週。

個人的に生活に変化が訪れました。

 

ブログのネタを取っておこうかと思っていたのですが(笑)、

先延ばしすると書けなくなってくるので、

このまま書いています。

 

ある人に勧められ、月曜日に人生で初めて枕を買いました。

僕は枕無しでも寝れること、

神戸に来るまで転々とした生活していた為

マイ寝具を持っていなかったので

寝具には全くこだわりがない人生を過ごしておりました。

 

だけど、毎日6〜8時間も寝るのに、

ここに全くこだわらないのも変な話。

睡眠の質を高める為のライフスタイルばかりに気を取られ、

睡眠中のことに意識を使っていなかったとはなんてことだ! 

と今週の12日(月)に気づき、( 人に勧められ )

高くもないけど、安くはない枕を購入しました。

 

まだ2日しか寝てないのにこんなことを言っても説得力に欠けますが、

劇的に睡眠の質が向上しました!

朝起きて感動しています。

 

なんで今までこんなことに気づかなかったのでしょうか?

 

これを生徒さんに伝えたら、

どうやら布団も変えるともっと違うとのこと。

布団も変えたいなぁ〜。

どなたかオススメなどがあれば是非とも教えてください。

 

 

 

そして、昨日は康平が初めてハイハイで前に進みました。

後ろに進んで、つかまり立ちして、ハイハイで前進。

毎日ちょっとづつ。

でも確実に日々康平の行動範囲が広がっていって

とても楽しいし、嬉しいです。

 

 

写真はちょっと前。

 

楽しみにしていた広島はとっくに過ぎ去り、

息子はハイハイし、

外は暖かくなり、

梅は咲き、

目に見えて大きく変化している事柄もあれば、

わかりにくい変化もあるけど、

確実に全ては変わり続けながら時間は流れているので、

週の後半も自分のやるべきことを淡々とこなしていこうと思います。

 

そして、1分でも早く今日を終わりにして、

新しい枕を堪能しようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

3月

09日

いよいよ明日は『華麗なるアシュタンガヨガNO.4』です!

 

ナマステ!

 

今週もお疲れ様でした!

最近のアシュタンガヨーガ神戸の金曜日はいつもとても盛り上がっています。

そんな時に写真を撮りたいとも思うのですが、

そんな暇もなく、とても嬉しい限りです!

明日はゆっくり休んで、また来週から楽しんでいきましょうね!

 

と書きつつ、明日は待ちに待った広島のたかちゃん健康研究所にて

『 華麗なるアシュタンガヨガNO4 』と題したWSを行わせて頂きます!

 

なぜ『 華麗なる 』と題しているかというと、

それはクラス後にみんなでたかちゃん特製のカレーを食べるからです!

 

実は僕は前回NO2を夏に行わせて頂き、

NO3はあの更科有哉さんでした!

春には再度更科有哉さん、

そして、アシュタンガヨガ京都の山口佳吾君とWSが続くそうなので、

先輩方にバトンを繋げれるように

明日も僕ができることを全開でやってこようと思っています!

 

アシュタンガヨーガを実践されている方はもちろんですが、

日頃様々なヨーガを実践されている方にも

是非とも参加してもらえたえら嬉しいです!

 

ヨーガして、お腹すかせて、おいしいカレーを食べるなんて

始まる前から最高の予感がプンプンしているのは僕だけでしょうか?(笑)

 

では、広島の皆さん!

明日はよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

前回は顔の位置がいまいちだったので、

今回はうまく撮り直そうと思っています。

2018年

3月

07日

なんとなく書き出したらタイトルが浮かばない。

 

ナマステ!

 

 

 

日の出もだいぶ早くなり、早朝の寒さも和らぎ、

アシュタンガヨーガ神戸では少しづつみんなが来る時間が早くなってきました。

それとは別の理由ですが、今一番早く来てくれている方は5:30に来ています。

5:30〜5:45は僕がバックベンドを練習している時間なのですが、

僕の中で日々のバックベンドの練習は練習の中のメインイベントみたいな気持ちで取組んでいます。( 本来はそこまで気負わない方がいいとは思いますが・・・。)

 

そして、その時間を一人で黙々と行うのと、

誰かがいるのとでは、全然練習の質が変わっています。

( これも本来なら一人きりでも100%でできることが目標ではありますが。)

家で練習するのとスタジオで練習することが全然違うように、

たった一人誰かがいてくれるだけで、とても集中力が上がります。

僕にはその人の存在が強烈なスパイスになっていて

気合いを入れると余計な力が入ってしまうから

気合いは使わないように心がけていますが、

とても気持ちが入る15分間です。

更にはバックベンドのアジャストまでしてもらうようになり、

久しぶりにアジャスト付きでバックベンドをしています。

そしてそのアジャストが日に日に上手になっているから

新しい楽しみが増えました。

やっぱりバックベンドのアジャストはありがたいです。

 

アシュタンガヨーガの練習って毎日同じことの繰り返しなんですが、

だからこそ、ちょっと何かが違うだけで、

練習全体が大きく違って感じることがあります。

 

それは睡眠時間かもしれないし、

天気や季節かもしれないし、

食事かもしれないし、

聖典の勉強かもしれないし、

誰かが見ているだけかもしれません。

アジャストが増えて変わることもあれば、

今まで受けていたアジャストがなくなって変わることもあるでしょう。

時に身体的に。

時に精神的に。

更には大きく何かが変わったのに

何も変わらないこともあります。

 

僕はアシュタンガヨーガの練習をマイソールクラスで始めだした頃、

毎日練習できる環境での生活じゃなかった為、

『 どうにかして毎日練習できる生活に変えよう。』

とよく考えていました。

当時からそれが淡々とした生活を送ることになることは想像ができていました。

過去の僕はその淡々とは程遠い生活を送っていた為、

『 日々の練習はしたいけれど、パーっと遊びもしないで退屈なんじゃないか? 』

と想像していましたが、

実は淡々とした今の生活が人生で一番劇的でドラマチックで刺激的な毎日を送れています。

 

それはアシュタンガヨーガに出会う前までは味わったことがなかったタイプの劇的でドラマチックな刺激です。

更にそれは月日が経つほど色濃くなってきています。

 

 

早寝早起きなんてできるか!!

なんて思っていた時もあったけど、

1分でも早く今日を終わりにして、

明日も淡々と過ごそうと思います。

 

ここまで書いたけどブログのタイトルは思い浮かばない。

まぁ、そんな日もあるでしょう。

 

 

では、お休みなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

3月

01日

3月2日(金)は満月の為マイソールクラスはお休みです。

 

ナマステ!

 

今日の神戸はとても風が強いですが、

もう冬の寒さはありません。

早朝マイソールクラスでも6時台には暖房を止めましたが、

みんな汗をかいて練習していたので、

なんと少し窓を開けました!

まだ3月に入ったばかりなので寒い日もあるとは思いますが、

あっという間に今年も冬が終わりそうです。

 

1月から始めた方が

『 今の時期でこんなに汗をかくと、冬の寒さより夏の暑さのほうが大変そうですね。』

と言っていたのが頭に残っています。

 

昨日はマイソールクラスでとても嬉しいことがありました。

ドロップバックはできるけど、カムアップができない生徒さんがいたのですが、

( 立ったままブリッジをして、ブリッジから起き上がること )

昨日初めて一人でカムアップに成功しました。

僕に関して言えば、

いろんなアーサナが深まっていく度にそれなりの喜びはあったけど、

初めてカムアップができた時が一番嬉しかったです。

『 おおお! 戻ってこれたー! 』

と心の中で叫び、誰かにこの気持ちを伝えたいけど、

周りを見渡すとみんな黙々と自分の練習をしているから

大げさに喜ぶこともできなかったこと。

そして、

『 これが One day coming か! 今日だったか! 』

なんて感動しました。

 

彼女も自分で上がって来れて驚きと喜びの表情でした。

彼女はOLさんですが、マイソールクラスで練習を初めてからほとんど毎日練習に来ていて、

『 マイソールクラスで練習をするようになってから、以前より季節を強く感じるようになった。』 といつだか言っていました。

きっと同じ季節でも昨年とは違った冬の練習だっと勝手に想像しました。

なぜなら僕も昨年とは違う冬だったからです。

彼女の練習を見させてもらって2年目になるけど、

カムアップした姿を僕は丁度目撃できたことと

丁度神戸は冬の終わりを感じる一週間だったせいか

ふと宮沢賢治の『 雨にもまけず 』が頭をよぎりました。

 

 

実はヨーガの講師を始める前にはヨーガを伝えたい!という気持ちが強かったせいか

あまり想像できていなかったことの一つですが、

ヨーガの講師をさせてもらうと、

生徒さんの変化を感じる場面が日々あります。

毎日です。

そして、生徒さん達はみんな大人です。

大人が本気で自分と向き合って日々変化していく姿をみていると、

様々なポジティブな影響を受けます。

うまくいかない日々が何ヶ月も

時には年単位で続くこともあるけど、

黙々と淡々とした日々の中で

カムアップした姿を見てとても感動しました。

『 ついにやった! みんな、〇〇○さんがカムアップしましたよ! 』

ってみんなに言いたかったけど、

やっぱりみんな黙々と淡々と練習していたので言えませんでした。 

 

もちろん、カムアップだけじゃく、

パドマアーサナが組めるようになった!とか

痛みがなくなった!

なんていう出来事もすごく嬉しいです。

 

マイソールクラスを始めて3年、

もうすぐ4年目になりますが、

それと同時にみんなの継続期間も伸びてきているので、

それだけドラマが増えてきて、

とても楽しい時間が流れています。

 

 

 

気になって

『 雨にもまけず 』を調べたらすごくヨーガっぽい詩ですね。

気になる方はこちら

ヨーガだったら『  雨とも調和 』かな(笑)

 

 

さて、本題です。

明日3月2日(金)は満月でマイソールクラスはお休みになります!

連休ですね〜!

ゆっくり休んで、また日曜日のレッドクラスから楽しんでいきましょう!

 

う〜ん、本題が3行で終了・・・笑

 

では、皆さん良い週末を!

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

23日

3月10日(土)は広島のたかちゃん健康研究所でWSを行わせて頂きます!

 

ナマステ!

 

今週はムーンデイ無しの6日間でしたが、あっという間でしたね!

今週もお疲れ様でした!

明日は土曜日でお休みのせいか?

今日のアシュタンガヨーガ神戸は今週では一番の盛り上がりでした。

 

2月22日(金) 2枚共に7:20前後

 

 

さて、お知らせです!

来月ですが、3月10日(土)に広島のたかちゃん健康研究所にて

アシュタンガヨーガのWSを行わせて頂きます!

題して

『 華麗なるアシュタンガヨガ NO・4  〜学んで活かせるYOGA〜 』

 

前回は昨年8月にNO・2を行わせて頂いたのですが、

縁あってまた広島に伺います!

 

今回はアシュタンガヨーガの基本となる

・呼吸

・視点

・アーサナ

・ヴィンヤサ について、

更に基礎的なアライメントの解説を実践を行なった後に

2クラス目はハーフプライマリーのレッドクラスを行います。

 

共にすでに実践している方から

これからアシュタンガヨーガを始めたい方、

これからヨーガを始めたい方まで、

全ての方を対象にしたクラスになっています。

 

流派にこだわらず、日頃ヨーガの練習をしている方には

是非とも日頃の練習での疑問や悩みなどを聞かせてもらえると

よりクラスが濃ゆい時間になると思いますので、

是非とも積極的にご参加頂けたらとても嬉しいです!

 

広島ではオールドスタイルで練習をされている方が多いと聞くことがありますが、

僕はオールドスタイルがどういうスタイルなのかハッキリとわかっていません。

現在のアシュタンガヨーガを何スタイルというのかもわかりませんが、

僕が今まで練習してきたこと。

経験してきたこと。

教わってきたことをクラスではお伝えしていくので、

もし、日頃オールドスタイルで練習をされている方も

是非ご参加頂けたら嬉しいです。

何か違いを感じてもらうのも

ヨーガを更に深めるきっかけになるかもしれません。

 

『 オールドスタイルってこういうことだよ! 』

なんて教えてもらえたら更に嬉しいです!

 

僕は木下景子先生と

シャラート先生と

ゴアのロルフ先生の元で練習を積んでいますが、

特に何かが大きく違うと感じたことはありません。

もちろん皆さん人間だし、

日本人女性と

インド人でグルジのお孫さんと

インドに40年も滞在しているドイツ人男性を比べると

多少の違いはありますが、

伝えていることは同じだと僕は受け取っています。

 

 

その中で少しでも皆さんのお役に立てるようなWSになるようにがんばりますので、広島の皆さん! 是非とも楽しみにしていてください!

 

僕も楽しみにいています!

 

では!

 

 

2018年

2月

21日

2月25日(日)の『情熱大陸』に更科有哉氏が登場します!

 

ナマステ!

 

タイトル通りですが、

今度の日曜日の情熱大陸はなんと!

アシュタンガヨーガの更科有哉氏が密着されています!

 

これは是非皆さんに見て欲しいです!

インド・マイソールのKPJAYI での練習風景も映るそうです!

 

僕がアシュタンガヨーガを始めた頃にはすでに有哉さんは活躍されていました。

荻窪のマイソールクラスでも見かけたことはあったのですが、

声はかけることができず、

『 インドに行くようになったら声をかけよう。』

とその頃は思っていました。

 

そして、2012年始に初めてインド・マイソールに行くと

予想通り有哉さんはマイソールにいて、

それからというもの、インドではとにかくお世話になっている

僕にとっては兄貴的な人です。

 

とにかく練習がすごい人。

とにかく練習する人。

超ポジティブな人。

いつも背中を押してくれる人。

 

ヨーガだけではなく様々な分野で多才な人なので

書き出したらきりがないくらい魅力的な人ですが、

僕は2012年に出会って以降、いつも背中を押してもらっていたのと、

背中を押す姿を見ていたので、

僕にとっては常に仲間を応援している印象が強いです。

 

様々な人に影響を受けて今の僕がありますが、

『 どこか落ち着く場所を探してマイソールクラスをやろう! 』

ということを目標にしたのも、その目標に迷わず進んで来れたことも

有哉さんからの影響と応援がとても強いです。

 

僕の人生に大きな影響を与えてくれた男ですが、

彼のすごいのはもちろん僕だけではなく

かなりの人の人生に大きな影響を与えていることだと思います。

そして、彼に影響を受ける人や

彼に背中を押してもらう人はこれからも日に日に増えていくことでしょう。

 

 

日本中に出没しているので、是非皆さんも有哉さんに会ってみてください。

『 情熱大陸 』超楽しみです!

これでまたヨーガが、

そしてアシュタンガヨーガが盛り上がってくれるといいなぁ〜。

 

 

2018年

2月

20日

『 アームバランスにチャレンジ!』を終えて

 

ナマステ!

 

昨日は平日にも関わらずヨガアカデミー大阪でのクラスにご参加頂きありがとうございました!

 

参加者全員が日常的にアーサナの練習をしている方だったので

伝えたいことがスムーズに伝わり、僕自身とても楽しくクラスを行わせて頂きました。

アーサナの練習において、何にフォーカスするかによって、

更には人によって、経験によって一つのやり方が全員に当てはまる訳ではありませんが、日々の練習の中で自分に合ったやり方を試しながら模索していくことも

アーサナの実践のおもしろいところだと僕は思います。

 

今回は僕も週末にクラスを受講したばかりだったのもあり、

学んで、実践して、伝える。

というサイクルを感じながらのクラスでした。

 

週末のマイソールクラスとヨーガスートラのクラスは

今回のアームバランスとは内容が違うように見えますが、

やはりヨーガなので全て関連性があり、

関連性を探したらり、見つけたりすると全ての学びが繋がっているように感じます。

 

またクラスを行わせてもらうこと自体が多くの学びの時でもあり、

学ぶ時も、練習することも、伝えることも

そのサイクルの中にいると全ては自分の成長に繋がっていて、

どれをとっても大切なことだし、

どれかが欠けると僕にはバランスが崩れます。

 

伝えるということ自体は人それぞれだと思いますが、

学びだけで実践をしなかったり、

実践のみで学ばないというのは何かが偏ってきますよね。

 

特にヨーガにおいては日々の実践なくして理解はできないようになっているので、

とにかく日々の練習を楽しんでいこうと思います。

 

もし、毎日練習をすることが難しいと感じるのであれば、

今日はいつもより早く寝て、たっぷりと最低8時間は寝てみましょう!

明日の朝は疲れも取れて、きっと良い練習ができると思います!

睡眠を整えることが練習を習慣にする鍵だと僕は痛感しています。

 

3月24日(土)もヨガアカデミー大阪にてWSを行わせて頂きます。

次回は僕が最も情熱を注いでいる

『 基礎から学ぶアシュタンガヨガ 』

です!

 

アシュタンガヨーガは僕が知る中では最も簡単で老若男女誰でも自分のペースでバランスよく実践できるヨーガの流派です。

( そう思っていない人も沢山いることも知っていますが、その方達は勘違いして体験してしまったのだと思います。)

 

すでにアシュタンガヨーガを実践している方はもちろんですが、

これからアシュタンガヨーガをやってみたい! という方には是非ともご参加頂きたいです!

特に今回のアームバランスにご参加頂いた方が参加してくれたらとても嬉しいです!

 

 

ちなみにクラスのお問い合わせ、質問、メッセージはいつでも大歓迎です!

小さなことでもいいので、お気軽にメールしてくださいね!

 

ashtangayogakobe2015@gmail.com

 

では!

 

 

 

2018年

2月

18日

木下景子先生、佳吾君のマイソーククラスを終えて

 

ナマステ!

 

昨日は前々から楽しみにしていた

木下景子先生と山口佳吾君のマイソールクラスを受けに京都に行って来ました。

 

このクラスの告知を景子先生のブログで拝見してからずっと楽しみにしていて、

今年もインドに行かなかった僕にとっては

たった1日のマイソールクラスだけど、

インドの代わりのような気持ちでこの日を待ちました。

 

そしてクラスを知ってからは

2月17日(土)に向けて練習の様々な面を見直したり、試したり、自分が今抱えている疑問を自問したりと、日々の淡々とした練習に景子先生と佳吾君を意識した何かが芽生えてきて、いつもと同じ練習にいつもとは違う楽しさを感じていました。

もうこの時点で二人のレクチャーは始まっているようにも感じていました。

 

マイソールクラスは9:00 〜 12:00でしたが、

どうやら参加者は景子先生も佳吾君もお馴染みのメンバーだったようで、

全員でちょっとした自己紹介と今日どんな気持ちで来たか?を報告してからスタートしました。( このおかげでちょっとだけ持っていた緊張がほぐれた。)

マイソールクラスに関しては

始まる前に期待していた通り、

自分では気づいていなかった癖を指摘して頂いたり、

気になっていたことを聞けたり、

アジャストをして頂いたり、

また僕にとっては最大のチャレンジアーサナである

カポーターサナとバックベンドでは佳吾君にアジャストしてもらって

久しぶりに自分の限界を体験しました。

カポーターサナで自分では踵を掴めない僕にとっては

踵を掴むという体験はとても刺激的です。

身体的にはキツイんだけど、精神的に満たされます。

 

バックベンドでは佳吾君にアジャスト、景子先生に足の押し方を丁寧に教えて頂き、

とても踏ん張りやすくなったこと、

開かなかった鼠蹊部が開いていく感覚が芽生えたことは今回1番の収穫です。

せっかくだから2回目やってもらったのですが、

やはりチャレンジするということは理屈抜きで楽しいものです。

 

 

 

クラス前の数日間の楽しみにしていることでの気づき、

実際のクラスでの学び、

そして、今日からは昨日教わったことを落とし込む日々が始まりました。

ここからが2月17日という日がスペシャルな日だったというこを証明する実践期間です。

景子先生と佳吾君のヨーガに対する愛と情熱を

教わったー。

楽しかったー。

気持ちよかったー。

なんて薄っぺらい思い出にはさせないですよ。

 

 

また、今回はケイコと康平も一緒に参加したのですが、

やはり康平はまだ一人で時間を過ごせないので、

ケイコはちょっと練習したら康平をあやし、

練習→あやす→練習→あやすの繰り返しでほとんど練習ができなかったのですが、

先に練習を終えた数名の生徒さんが康平をあやしてくれたり、

抱っこしてくれたりと、途中からかなりサポートしてくれました。

ただでさえ、赤ちゃんがアーアーウーウー言って集中を妨げてしまっているのに、

皆さんとても暖かく受け入れてくれ、サポートして頂き、

とてもありがたかったです。

すごく暖かい空間でした。

 

 

 

そして、午後は景子先生のヨーガスートラのクラスを続けて受講しました。

喋りはもちろん、ホワイトボードも京都弁でとてもほっこりと、

また参加者の目線に合った例え話など、とてもわかりやすく感じました。

どうしてもアーサナの練習に偏ってしまう僕にとっては

とても大切な学びの時間でした。

景子先生の座学のクラスは初めてでしたが、

景子先生をはじめトシ・アムリタ先生、嶋田有希先生、Doni夫妻など、

アーサナの実践もバリバリで、なおかつ座学もしっかりと学んでいるバランスの良い実践者が近くにいるということはとてもありがたいです。

 

自分の視野が狭いということに気づかせてもらえたり、

自分が如何に無知かという現実を知ることにより、

自分のこれからの可能性を教えて頂いているようです。

 

 

僕はアシュタンガヨーガを始めた最初の先生が木下景子先生ですが、

IYC 荻窪の景子先生のマイソールクラスを辞めて6年が過ぎました。

年に1度も会いに行かなかった年もあります。

それでもこうして会う度に様々な気づきと

大きな愛情を注いでくれる景子先生にはとても多くのことを学ばせて頂いているし、

何より、会う度に学びを深めている姿にはとても感銘を受けます。

皆さんも是非機会を作ってクラスにご参加してみてください。

景子先生のHPはこちら

毎日更新されているブログはこちら

 

 

佳吾君は3月からマイソールクラスを移転し、新たな環境に変わります。

京都でアシュタンガヨーガを始めるのであれば、

まずは佳吾君に連絡してみてください。

初心者向けのコースも行なっているので、とても始めやすい環境を作っています。

佳吾君主催Ashtanga Yoga KyotoのHPはこちら

 

 

 

余談ですが、

クラスが終わった後タイミングが合ったメンバーでお茶をしていると

突然インドにいるDoni君から電話がありました。

普段全く連絡を取り合ったりしないのに、丁度全てが落ち着いたタイミングで

『 インドコネクションだよね〜。』とDoni君。

『 鳥肌立ったわ〜。』と景子さん。

 

これは何かの予兆かも?

 

 

 

 

景子先生、佳吾君、

そして、ご参加された皆さん!

康平もずっと参加させてもらえて騒がしかったと思いますが、

暖かい空間をありがとうございました!

また次の再会のタイミングを楽しみにしております!

 

 

2018年

2月

12日

ヨガアカデミーでのWSのお知らせ

 

ナマステ!

 

いよいよ来週の月曜日はヨガアカデミー大阪でWSを行わせて頂きます!

2月19日(月)  

12:30〜14:00

『 アームバランスにチャレンジ! 』

 

このクラスでは、アームバランスを行う時に有効なテクニックを学び、

実践し、日々の練習でどのように応用していくか?

をテーマとしています。

 

できる、できない。ではなく、

現在の自分の練習を見直し、自身の可能性を再発見してみましょう!

そして、いろいろとチャレンジしていきます!

 

平日の日中のクラスなので時間を作ることが難しいかと思われますが、

タイミングが合う方は是非ともご参加頂けたら嬉しいです!

翌日からの太陽礼拝が確実に変わることでしょう!

 

 

 

 

そして、3月24日(土)

10:00〜 12:00

『 基礎から学ぶアシュタンガヨガ 』

こちらは題名通り、アシュタンガヨガを基礎から学んでいきます。

アーサナを覚えることやアライメントを意識する以前に

もっとシンプルで大切なことがあるので、

アシュタンガヨガの練習のポイントを学んでいきましょう!

 

僕は練習を継続している過程で様々な壁にぶつかったり、

多くの尊敬できる魅力的な人に出会った為、

アライメントを見直したり、学んできましたが、

そういった面はあくまでプラスαのことで、

( とは言えとても大切なことです。)

アシュタンガヨーガはもっともっとシンプルなヨーガです。

 

どうしても何年か練習を継続すれば様々な情報や知識が入ってくるので、

時に練習の本来のテーマから横道に入ってしまうこともありますが、

( 個人的は横道も好きなのですが・・・。)

あくまでそれは(その人にとっては必要な)寄り道であり、

気が済んだら本線に帰って来ます。

 

これからアシュタンガヨーガを始めたい方、

最近始めだした方、

何年も実践している方、

全ての方を対象にしたWSですので、

是非タイミングを合わせてご参加頂けたら嬉しいです!

 

よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

11日

祝日マイソールとムーンデイのお知らせ

 

ナマステ!

 

はい。今週も始まりましたね!

 

 

明日は建国記念日の振替休日ですが、

マイソールクラスは変わらずドアオープンは4時。

クラスは6〜9時です。

普段お仕事でお来れない方も是非タイミングを合わせてご参加ください。

平日は僕も6時までは練習しているので、5時台に来る方とは練習時間がかぶります。

でも5時台に来る人はほとんどいません。

寂しくはないのですが、たまに早くに誰かが練習に来てくれるととても嬉しいです。

やっぱり一人の練習より、同じ空間で誰かが練習している方が集中しやすく感じます。

 

マイソールクラスは皆さんの自由な時間に来ていいのですが、

特に5時台の練習生を募集しています!

 

超自己満足の話ですが、

外ではまだ昨日を遊んでいる人の声がする中で

夜明け前から黙々と練習をしていると、

今日を一番乗りで始めているような気になって気持ちが良いです。

 

今週は16日(金)が新月の為マイソールクラスはお休みです。

皆さん気をつけてくださいね!

 

では、今週も楽しんでいきましょうね!

 

2月11日(日) フルプライマリーレッドクラス

2018年

2月

07日

就寝前の1時間にしていること。①

 

ナマステ!

 

いきなりですが、昨日の続きから書きます。

就寝1時間前から携帯、パソコン、テレビをやめると

最初はかなり暇に感じる方が多いかと思います。

 

そこで僕なりのオススメで特別なことではないのですが

『 読書 』
なんてどうでしょうか?

 

ほとんどの方は寝て起きたらヨーガの実践から1日を始めていると思うので、

もちろん、ヨーガの本を読むのは良いですよね!

アシュタンガヨーガの本は数冊しか出版されていないし、

『 ヨーガスートラ 』も検索すればすぐに出てくるので、

ヨーガの本は今日は紹介しません。

 

今日はヨーガとは全く関係ないけど、

読めば明日からのヨーガの実践がめちゃくちゃ楽しくなる本を数冊ご紹介します!

皆さんの魂が興奮することでしょう!

( 興奮したら寝れないですね 笑 )

 

まずは有名どころからいきましょう!

『 走ることについて語るときに僕の語ること 』 村上春樹

 

 

村上春樹さんはランナーなんですよね。

しかもかなり本気です。

僕が『 継続 』という行為に様々なことを考えるようになったのは

この本の影響がとても強いです。

村上春樹氏の他の本を読むときにも彼が走りながら書いていると思うと

今までとは違った印象を受けます。

ちなみに僕は走りません。

誰が読んでもとても読みやすい本だと感じるので一番最初にあげました。

 

 

 

『 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 』 増田俊也

 

僕は90年代後半からの格闘技ブーム絶頂期に総合格闘技にとてもハマりました。

漫画『 刃牙 』なども同時期ですね。

『 プライド 』は毎回必ず見たし、

埼玉スーパーアリーナ、東京ドームにも何度か観に行ったことがあります。

きっとあの時代に総合格闘技にファンになった方も多いと思いますが、

ヨーガに何の違和感もなく興味が湧いたのもヒクソン・グレイシーがヨーガを実践している姿がテレビでよく流れていたからです。

 

さて、この本は格闘技ファンなら1度は耳にしたことがあるであろう、

20世紀世界最強の男、木村政彦についての本です。

「 木村の前に木村なく、木村の後に木村なし 」

全日本選手権13年連続保持、15年間無敗の鬼の木村です。

 

内容が濃すぎて本の説明はできませんが、

木村政彦だけではなく、力道山や大山倍達、牛島辰熊、岩釣兼生など、

登場人物全員が波乱万丈な人生を歩んでおり、

何度も泣きながら読みました。

最初は電子書籍で購入しましたが、

あまりにも良い本なので文庫本で再購入。

そして、この本を書いた増田俊也氏はなんとこの本を書き上げるのに

18年の取材執筆を元に書かれています。

どれほど内容が濃ゆいものかが想像できると思います。

 

ちなみに僕は格闘技はやったことがありません。

 

 

 

『 七帝柔道記 』 増田俊也

 

『 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 』を読むと、

柔道という格闘技に興味が湧くことでしょう。

そして、増田俊也氏自身の学生時代の青春小説なのですが、

ここでの柔道は僕たちが知っている柔道とは全く別物の柔道です。

これを青春と呼べるのだろうか?

めちゃくちゃ面白いのですが、これまた涙なくして読めない本です。

こんな学生生活を送ったからこそ、18年もかけて

『 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 』を書き上げることができたのでしょう。

個人的には『 七帝柔道記 』の方が登場人物が普通に近い人なので親近感があり好きです。

 

 

前途したように僕は格闘技未経験で、柔道なんて全く興味ありませんでしたが、

( 実際今も興味はない )この本に出会えて本当に良かったと思っています。

こちらも電子書籍で購入後、改めて文庫本で購入。

他にも増田俊也氏の本を進めたいのですが、まずはこの2冊ですね。

 

 

 

 

『 ソロ 単独登攀者 山野井泰史 』 丸山直樹

 

登山が好きな人は山野井泰史氏の名前を聞いたことがある方も多いと思います。

山の世界を知っている人はあの世界がいかに非日常な世界かわかると思いますが、

世界トップクラスの登山家がいつでも簡単に死ねるような世界です。

話が無茶苦茶すぎて、なんでそんなことするの?と理解不能なんですが、

とても魅力を感じるし、そんな人に魅了されてしまうのは不思議です。

 

山野井さんの仰天エピソードの一つが

18歳の高校生の頃に顔面ごと岩に叩きつけられ、前歯が折れずに歯茎に突き刺さってしまい、

全ての前歯が鼻のなかまでめり込んでしまったそうです。

そのまま山梨から千葉の実家まで電車で帰ったというのもすごいけど、

あまりの激痛をこらえる為に荒治療として左手の親指を岩に叩きつけて潰したという。

 

ちなみに奥様の妙子さんもクライマーで現在夫婦合わせて28本の指を失っています。

あれ? 指って何本あったっけ? と、ちょっと確認しちゃいますよね。

 

とてつもない精神力の持ち主の話なので弱気になった時にページをめくると

いかに自分の置かれている環境や状況がピンチとは呼べないような優しい出来事だと実感できるので、安心作用がある本です。

生きるか死ぬかの瀬戸際に比べたら僕のピンチなんて屁です。

 

 

 

 

さて、今回は何かに打ち込みたくなるような本を選んでみました。

僕の超個人的がチョイスですが、読んでもらえたらきっと皆さんの感情も揺さぶられ、

元気とやる気が湧き出し、明日の練習が今以上に楽しみになることでしょう!

 

では!

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

06日

睡眠の質を上げる為にできること

 

ナマステ!

 

アシュタンガヨーガ実践者は1日の始まりにアーサナの練習を行う為、

ほとんどの方が早寝早起きの生活をしていると思います。

練習することが生活の楽しみの一つになると

どうしても早く寝ることが重要になってきますが、

慣れるまでは早く寝ようと思っても寝られないですよね!?

 

今日は睡眠についてですが、

同じ6時間を寝ていても睡眠には質があり、

質が悪いと翌日のパフォーマンスに影響がでることは簡単に想像できると思います。

( 僕は6時間だと眠いので7時間前後寝るようにしています。)

 

その睡眠の質において

ノンレム睡眠( 深い眠り )とレム睡眠( 浅い眠り )があり、

深い眠りのノンレム睡眠は眠りについた最初の90分に来るそうです。

最初の90分で深く眠れるとその後の睡眠リズムが整い、

自律神経とホルモンバランスが整いやすいそうです。

ソースはこちら。

 

そして睡眠の質を上げる為に簡単にできることを2点紹介します。

① 睡眠の90分前にお風呂に入る。

 

② 寝る前は携帯、パソコン画面から放たれるブルーライトを見ない。

( たとえすぐに寝れたとしても脳は興奮状態になっていると、最初の90分の睡眠の質が下がるそうです。)

 

簡単か、難しいかは人それぞれでしょうが

( 最近『 人それぞれ 』ばかり使っていますね・・・。)

お風呂は簡単ですかね?

 

携帯やパソコンで見れることは別に寝る前じゃなくても見れるので、

僕は晩御飯を食べたら携帯は飛行機モードにしています。

ちなみに家の wifi はネットを使うとき以外は電源を切っています。

テレビも夕方以降は大相撲以外は付けません。

( 大相撲も先場所からダイジェストを録画で見ている。)

 

神戸に移住してマイソールクラスを始めてからは

夜中の2時に起きないとクラスに間に合わない為、

自然とこのような生活になっていったのですが、

これさえできれば、早寝早起きは楽勝です。

なので、特に『 寝る前の携帯、パソコン、テレビをやめましょう! 』

とよくクラスで言っていました。

すると先週日中のクラスに参加してくれた生徒さんの一人が

『 寝る前の携帯とテレビをやめたら、やることがなくなって早く寝れました。』

と報告してくれました。

 

皆さん全員にやってほしい!って思いではないのですが、

試してもらって、結果を報告してもらえると嬉しいものです。

僕は神戸に移住して今のライフスタイルになってからは

ほとんど毎日十分な睡眠をとることができていて、

それによって多くのストレスが減りました。

 

20代は若さで寝なくても大丈夫なような気がしていたけど、

簡単に疲れが取れない年齢になってくると

睡眠ってとても大切ですよね。

 

僕の場合は寝る直前までブルーライトを見ていると

目を閉じても目の裏側が明るい感じがしてすぐに寝れません。

また、ちょっとだけ興奮します。

( 決して興奮するものを見ている訳ではないですよ。)

 

もちろん僕も仕事以外でスマホやパソコンを利用していますが、

睡眠時間を削ってまでやろうとは思わなくなりました。

今は何かの待ち時間に触る程度で十分です。

 

ここまでで長くなってしまったので、今日はこの辺で!

寝るまでの時間に何をしようが自由ですが、

携帯、パソコン、テレビ以外で

僕なりのオススメがあるので、今度書きますね!

 

では!

 

 

 

2月6日(火) am 6:15

 

2018年

2月

04日

立春

 

ナマステ!

 

暦の上では今日から春ですね。

冬至と春分の間にあたる今日が立春で中国内陸部は気温が上がり始めるみたいですが、

日本は海に囲まれているのでずれ込み、寒気のピークになることが多いそうです。

寒い日は続くのでしょうが、今がピークと思うともう冬も長くないですね。

 

そして週の始まりは日曜日から。

今日のレッドクラスからクラス前に新しい取り組みを始めています。

レッドクラスのスタートは9時からですが、

何をしているか興味がある方は来週から8:35にはスタジオに入ってください。

 

全てにおいて本当に少しづつですが、

確実に変化しています。

 

 

今週はムーンデイがないので金曜日までマイソールクラスはいつでも練習できます!

週3パスの方は頑張って週に3回来てみましょう!

 

また、マイソールクラスでは、随時新しい練習生を募集しています。

真冬でも早朝からヨーガをすることによって、

とてもスッキリした状態で1日を始められることでしょう!

 

では、今週も楽しんでいきましょうね!

 

 

2月4日(日) 9:51

2018年

2月

01日

ギター

 

ナマステ!

 

さて、突然ですが今日はギターについて書いてみようかと思います。

 

僕がヨーガの練習以外で長く付き合っている唯一の趣味がギターなんですが、

小学6年生の夏から練習しているので、かれこれ22年以上になります。

これは僕が自分の意思を持った歴史でもあります。

 

 

1995年の6月にブルーハーツのビデオを観て衝撃を受け、

8月にエレキギターを買ってから僕の人生の記憶がハッキリしています。

それ以前の小学6年生の5月までの記憶はとんでもなく薄くなっていて、

ほとんど断片的にしか覚えていないません。

自分で何かを選択していなかった僕は

ブルーハーツのビデオを観たあの時に自我が芽生えたんだと思います。

 

ブルーハーツは1995年7月に解散してしまい、

10月からハイロウズとして活動を始めました。

僕はヒロトとマーシーにどっぷりとハマり、

それまでずっと貯金していたお年玉でブルーハーツやハイロウズのCDやビデオ、

アンプやエフェクターを買ったり、ライヴを観に行って、

中学生の頃はかなりギターの練習をしました。

 

 

ギターにはコードという和音を作り出すパターンがあり、

最初はそのパターンを覚えます。

もちろん簡単なやつから覚えていくのですが、

途中で Fm#、F、Bm、B と難しいのが出てきます。

抑えるところを覚えるのは簡単なんですが、

その通りに抑えても他の指が触ってはいけない弦に触ってしまって、

綺麗な音がなかなかでません。

それも毎日弾いているうちに音が出るようになってきて、

今度はコードじゃなくてソロやもう少し難しいフレーズを弾きたくなってきます。

そうなると選択肢は2択になり、

①タブ譜というギターの楽譜を覚える。

②CDを聴きまくって耳コピする。

( 耳コピとは音を拾って楽譜に頼らず自分で抑えるところを探す。)

 

楽譜を読めるようになっても

練習しないと弾けるようになりません。

 

練習さえすれば楽譜が読めなくても弾けるようになります。

誰かにコツを聞いても練習しなければ弾けるようにならないし、

誰にも聞かなくても練習をしてれば上手になります。

 

僕はギターを22年以上も弾いていると上記したので、

『 セイヤはギターがうまいはず。』

と思った方も多かと思いますが、

22年も弾いていますが、その辺の高校生レベルです。

実は中3ぐらいで早くも挫折を味わいめちゃくちゃ練習したのは最初の3〜5年だけでした。

それ以降の17年間は新しいことはほとんど練習せずに、

ずっと高校生ぐらいまでで覚えた曲を繰り返し弾いていただけなんです。

 

が、ここにまたマジックがあるんです。

それは

『 ギターは下手くそでも楽しい。』

ということ。

これが僕が今でもほとんど毎日ギターを弾いている理由です。

 

 

 

と書いておきながら、ギターが嫌いな時期もありました。

それはなかなか新しいテクニックが上手にならなかった中3〜大学生の頃です。

今でこそ下手くそでも弾くこと自体を楽しめていますが、

高校、大学の頃にすごい上手な人にいっぱい会って、

『 俺はギターのセンスがない。』

と思っていました。

 

僕がギターを本気で好きになったのは大学を卒業して

オーストラリアを2年間旅した時期です。

ちょっと毒のある表現になりますが、

その2年間で会ったギタリスト達の何人かが

上手ではなかったけどギターを楽しんでいたからです(笑)。

音楽って上手い・下手じゃなく、

音を楽しむことという非常にシンプルなことを彼らに教えてもらいました。

 

今でも新しいことはほとんど練習しないけど、

22年間ずっと弾いている曲で楽しんでします。

僕の父も毎日ギターを弾いているのですが、

たぶんあと何年かで半世紀ぐらい同じ曲を弾いてると思います。

 

二人とも上手じゃないけど、

ギターが人生に欠かせないものになっています。

 

やはり、どんなことを始めても完璧になんてできないから、

向上心は大切だけど、楽しむということが一番大切ですよね。

それには楽しさを見つけるコツが必要ですが、

一度そのコツを掴むと、楽しむことを継続する日々に変わると僕は感じています。

 

 

では!

 

 

 

 

2018年

1月

31日

1月が終わり感じたこと。

 

ナマステ!

 

今年も明日から2月に突入ですね!

1月は新たにマイソールクラスでアシュタンガヨーガをスタートした方が多く、

その中に、

『 ヨーガを行うのは人生で初めて。』

という方が男女1名ずついました。

 

 

二人とも( その二人は時間帯が違うのでお互いを知らない。)ほぼ毎日練習に来て、

練習をとても楽しんで仕事に向かって行ってます。

始めたばかりなので、たくさんのアーサナはやらないし、

筋肉痛を味わっていたり、

『 次のアーサナってなんだっけ? 』

と考えながら行っていましたが、

徐々にスムーズな動きになっていて、

見ている方も楽しいし、やっている当人も楽しんでいるようです。

 

『 筋肉痛はずっとあるけど、朝にヨーガをすると身体が目覚めてスッキリする。』

と言っていましたが、僕も今だに全く同じことを感じています。

( 筋肉痛はほとんどなくなりました。)

 

僕はアシュタンガヨーガのマイソールクラスは老若男女誰でもできるヨーガだと

常々告知をしているのでが、

自分のペースで一つ一つ覚えながら進んでいくので、

ヨーガ未経験者とってはとても始めやすいヨーガだと再確認しました。

 

話は変わりますが、この数日に3名の方から同じようなメッセージをもらいました。

一人は東京の腰痛持ちの友達で、2年前に

『 太陽礼拝だけでも毎日やったら腰痛もよくなりますよ。』

って勧めたら、東京での僕の太陽礼拝WSにも参加してくれた友達。

『 上部頸椎カイロプラクティックというところに通っていたんだけど、

  あれから毎日太陽礼拝を続けていたら、もう調整しなくて大丈夫って言われたよ。』

ってメッセージをくれました。

 

他の方からも

『 多忙すぎてマイソールクラス行けませんが太陽礼拝だけは毎日やっています。』

という内容のメッセージを2件もらいました。

 

そりゃもうみんな大人だし、社会人だものみんな多忙です。

それでも皆さん、どうにか時間を作って太陽礼拝だけでも継続する

ヨーガの魅力ってすごいですよね。

 

 

 

この現代社会で生きて行くには心身共に整える時間が必要だと僕は思うし、

それには太陽礼拝ってすごく良いと思います。

 

1日24時間、1年365日。

どんな風に人生を過ごすのも自由です。

そこに1日の中で心身を整える習慣があるのとないのとでは、

人生そのものが大きく違うと思います。

 

どれだけやったとか、

どんなことをやったのかじゃなく、

日々自分のライフスタイルと調和しながらできることを継続することが

とても大切なことだと思います。

 

1日が長いのか短いのか、1ヶ月が長いのか短いのか

全ては人の数だけ感じ方があると思いますが、

2018年1月が終わり、たった三週間でヨーガ未経験者がスタンディングシークエンスを全て覚えて、朝練が習慣になっているのを見させてもらえてとてもワクワクしています。

おかげで様で自分にもある1ヶ月での練習の可能性も感じることができました。

 

2月の寒さなんて眼中にないですよ。

 

では!

 

 

 

 

 

 

2018年

1月

28日

1月31日(水)は満月の為お休みです。

 

ナマステ!

 

昨日はスンダリでの

『 はじめてのアシュタンガヨーガ 』

にご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

 

時間の関係で太陽礼拝Bまで進めませんでしたが、

次回マイソールクラスにご参加頂いた時にそのあたりもお伝えしますね!

 

是非ともこれを機にアーサナの練習を日々の習慣にしてもらえたらヨーガの理解も深まると思います。

どれだけ、頭で理解しても結局は日々の実践なくして理解は深まりません。

自分のライフスタイルの中で自分のペースで楽しんでいきましょう!

 

自撮りで撮ったのですが、なんとカメラに収まっていませんでした。

すみません・・・。

 

 

そして、今週も始まりましたね!

今週は31日(水)が満月の為朝のマイソールクラスはお休みになります。

ご注意くださいね。

そして、31日は皆既月食です。

天気が良ければ是非お月様を見てください。

https://www.nao.ac.jp/astro/feature/lunar-eclipse20180131/

 

残念ながら深夜 21:51なので僕は夢の中ですね。

 

 

 

さて、インド、マイソールの KPJAYI では今シーズンの練習も火曜日までとのことですね。

マイソールに行っている方達の SNS やブログを見ているので、

『 あと・・回 』

とカウントダウンしているのを見て、

僕も先週から意味もなくカウントダウンをしています。

1月もあと・・回。みたいな。

 

僕もインドにいる時は後半になるとカウントダウンをしていました。

一回一回の練習を大切にしようという気持ちになります。

明日はやって来るけど、今日という日は二度と訪れないですからね。

そしてその明日も元気に練習できる保証なんてどこにもないので

『 今日の練習が最後かもしれない。』

といった気持ちで大切に練習するのも僕は好きです。

 

今の僕は日々の練習が当たり前にできる環境ですが、

それはとても幸せなことだと感じています。

きっとこの先の人生の中でそれが難しくなる場面も来るだろうから、

健康で練習ができる幸せを噛み締めながら

自分にできることを無理せず全力で淡々とこなしていこうと思います。

 

これは僕の場合ですが、

僕はそれを1日の始まりに行いたいので、

できるだけ早く寝て、明日の練習に備える日々です。

アーサナの練習を通して様々な変化を体験している最中ですが、

アーサナの練習を継続していく為に生活習慣そのものが変わり、

それによっても多くのことを感じています。

 

 

 

話は変わりますが、

今日は千秋楽ですね!

今場所に入ってから早朝3:35からダイジェストで放送していることを知り、

( ダイジェストだと幕内全取組が30分で見れる )

大相撲も録画で見るようになったのですが、

まさか栃ノ心が千秋楽を待たずに優勝するなんて誰が想像したでしょうか?

僕は今場所は御嶽海と高安を応援していましたが、

御嶽海も優勝候補の鶴竜もまさかの連敗が続き、

大相撲独特の15日間のドラマを楽しみました。

 

当事者の力士達にとっての15日間はどんな時間が流れているのか想像もできませんが、

彼らもカウントダウンとかしているのでしょうか?

 

今日は千秋楽、栃ノ心の優勝インタビューが見たいので、

久しぶりにリアルタイムで観ようと思います!

 

 

 

 

 

 

2018年

1月

25日

今週の練習の事とWSのお知らせ

 

ナマステ!

 

23日(火)のマイソールクラスで練習を終えた生徒さんに

『 今日は集中できませんでした。』

と言われ、僕なりにそんな時の対処法を伝えました。

それは

① 練習のスピード(ペース)をあげること。

練習をゆっくり行うと考え事をしてしまうのと、

ペースを上げることにより普段より熱が作り出される為。

 

② 呼吸音を切らせない。

呼吸音が切れている時も考え事が多く、切らせないことに相当集中力を使う為。

 

③ ドリシュティ

集中できない時は目も泳ぐことが多い。

ずっとドリシュティを定めておくこともかなり集中力が必要。

 

②と③は基本の基本ですが、実際集中できていない時ってこれらがおろそかになっている時が多いです。

 

 

そして、24日(水)は僕も自分の練習でこの3点+ムーラバンダを切らせないことをテーマにしました。

バンダのことを文章にするのはとてもおこがましいのと、

こんなに簡単な言葉では説明不足なのもわかっているのですが、

ここでの簡単な言葉でも、今まで意識していない方にとってはバンダを意識するきっかけになるかもしれないので、あえて今日は書いてみます。

 

ここで僕が言っているムーラバンダとは骨盤底筋群を使うこと、

すなわち肛門と尿道を締めることです。

 

最近話題の本『 グルジ 』にもかなり書いてありましたが、

グルジは肛門を締めろとよく言っていたそうです。

そして、肛門を締めて呼吸をすればわかりますが、

腹式呼吸ではできません。

僕は吐きながらムーラバンダ(肛門と尿道を締める。本当はその間にある会陰とのこと。)をするようにしているのですが、これは胸式呼吸じゃないと無理だと僕は感じています。

腹式呼吸にすると肛門も尿道も抜けます。

もしかしたら肛門と尿道を締めたまま腹式呼吸をできる方もいるかもしれませんが、

胸式呼吸の方が圧倒的に容易です。

もちろん、吸う息でも切れないように意識しています。

 

呼吸に関してはアシュタンガヨーガでは

『 フリーブリーディング(自由な呼吸) 』

と最近の実践者は習っていますが、

グルジもそう言ってたそうですね。

これをどう捉えるかは実践者次第ですが

胸式呼吸にしないと僕はムーラバンダをして呼吸音を出すことができないので、

昨日、今日とそれにほとんどの意識を使い、できるだけ早いスピードで練習しました。

また、呼吸を吸う時にはプラーナを吸っていると自分に言い聞かせました。

 

プラーナに関しては尊敬する先輩に言われていたこと。

また、『 グルジ 』では多くのシニアティーチャーが口にしていたからです。

 

これをまとめると

『 ムーラバンダと呼吸音を切らさずにテンポよくプラーナを取り込んだ練習 』

を意識しました。

 

( 上記についてはWSでもっと細かく伝えているので文章では控えます。)

 

月曜までの僕は、

膝に痛みがある為、足首、膝、股関節のアライメントを気にすることに意識を使かっていて、テンポの悪い練習の日が多く、練習時間も長引いていました。

それが悪いとは思っていないのですが、

( 僕の経験上怪我をしている時はアライメントを見直さないと悪化するから。 )

そんな練習も何ヶ月もしていたので、もう十分気にしたし、

この際アライメントに意識を使うことを辞めました。

 

ちょっと寄り道してたけど、元の道に帰ってきた感じです。

 

すると、なんと!

僕はカポターサナでアジャストして頂かないと踵を掴めないのですが、

昨日は踵の隣まで歩けました!

( そこから上には登れなかった。)

僕の中で調子が良い時の目安として、

下りる前につま先が見えるかどうか。を1つの目安にしているのですが、

昨日は今年初めてつま先が見えて、その時に調子が良いことに気づきました。

調子のことなども気にできないぐらい、呼吸とバンダを意識していました。

 

カポターサナ?

という方にはわかりにくい内容ですが、1cmの距離を深めるのに何ヶ月もかかっていたのに、なんとたった1日で10cm以上も深まったのです!

 

何度かカポターサナを行なって感じたのは、

骨盤から肋骨までの腹部が今までとは違うタイプの伸びをしていました。

これはいつもの引き込まれる感覚の2倍増し、

うまく文章にはできないのですが、

今まで僕が胸式呼吸と思っていた呼吸よりも

更に深い胸式呼吸でした。

 

完全に呼吸がアップデートされたのを感じ、

僕のヨーガ人生で一番深い後屈を味わいました。

 

 

おもしろいですよね。

火曜日までは特に調子は普通で、むしろ左膝の痛みがある分、

どちらかというと悪いと言ってもおかしくないのですが、

生徒さんのたった一言

『 集中できませんした。』

という言葉が僕には魔法の言葉に変わりました。

 

ヨーガを人に伝えるという機会の中で、

生徒さんから気づかせてもらうこと。

教えてもらうことというのは珍しくありません。

きっかけはいつもその辺に落ちているのだと思います。

何気ない淡々とした練習の日々ですが、

何が起こるかわからないといこと。

ギフトは突然目の前にやってくるということ。

それは明日かもしれないし、

ずっと先かもしれないけど、

アシュタンガヨーガの練習ってとても楽しいです。

 

 

さて、長い前置きになりましたが(笑)、本題です! 

 

27日(土)15:00 〜17:30に

神戸市元町、スタジオスンダリにて

『 はじめてのアシュタンガヨーガ 』

と題したWSを行わせて頂きます。

 

僕の全エネルギーを注いでいるので、

初めての方も、初めてじゃない方も

是非とも時間を作ってご参加して頂けたら嬉しいです!

 

そして、平日に行っているマイソールクラスは

ヨーガが未経験の身体がとてつもなく硬い方でも大歓迎しています。

早起きさえできれば老若男女どんな人でもできるヨーガです。

お気軽にお越しください。

不安や疑問がある方はメールしてください。

 

きっと人生はあっという間に過ぎ去るから

やりたいと思うことを、やりたいと思った時に始めましょう!

 

 

 

では!

 

 

 

 

 

2018年

1月

23日

練習を通して感じていることは人それぞれ。

 

ナマステ!

 

 

こちら神戸では今月からマイソールクラスで練習を始めた方達が

徐々にアシュタンガヨーガに馴染んで来て、

いつの間にかみんな淡々と練習をしています。

 

昨日?今日?は関東は雪が降ったりと寒かったみたいですが、

神戸はさほど寒くもなく、

真冬の早朝から一汗かいて出勤するのはさぞ気持ちの良いことでしょう!

 

ヨーガの練習はまずはアーサナ(ポーズ)の練習から。

そして、室内で行なっているから季節も天候も関係なく、

1日の始まりに一汗かけて

深い呼吸で感情を整えられるのはヨーガならですよね。

 

と勝手に僕が思っているだけで、

練習している人の数だけ、感じ方も様々でしょう。

 

街にいて、多くの人を見ながら

『 この人達は汗をかいたりしているのだろうか? 

  身体がなまって気持ちもなまったりしないのだろうか? 』

などと考えることがあります。

かなり余計なお世話ですよね(笑)。

一般の人達も逆のことを僕たちに感じるかもしれないのに(笑)。

 

僕は練習をしないと身体がなまっていくの感じて、

それによって気持ちがどんよりしてしまいます。

1日の始まりに練習をすると、

深い呼吸で身体中が目覚め、血液が身体の隅々に通い、

とてもスッキリします。

早起きの朝練は体も疲れるので夜はとてもよく眠れます。

 

最近の僕に関して言えば

先週治ったと思った左膝をまた少し痛めてしまったのですが

痛くないところまで動いてそれ以上深めずにいたら痛くないし、

痛みでできない動きもあるけど、それはやらないから痛くないです。

( またしても超当たり前のことを書いてすみません。)

だから、左膝は全然使わないけど、

毎朝全力で練習しています。

膝に限らず他の部位に痛みが出た時も同じです。

マリーチアーサナDができなくなって悲しいけど、

それよりも練習をやりきった満足感の方が圧倒的に大きいです。

また、痛みという感覚のおかげで

僕は股関節と膝と足首について多くのことを学んでいるので

これはこれで僕には必要なことでした。

痛みや怪我のようなネガティブに聞こえる出来事も

全ては自分の成長の為のスパイスなんですよね。

 

日々の食べ物や季節や天候で毎日ちょっとだけ違うコンディションでの練習なので

できたことができなくなったり、

調子の悪い時も頻繁にあります。

でも、とりあえず毎朝マットを敷いてその日の自分にできるベストを尽くせば

とても気持ち良い1日を過ごせることでしょう。

継続ってそういうことですよね。

 

できないこと、苦手なことを頑張ることもとても大切ですが、

できないこと、苦手なことに振り回されないことも大切なことだと僕は思っています。

 

僕はいつからかかなり開き直れるようなり、

『 こんなに痛いところがあるのに、痛いことはしないで全力を出した。』

という自分に酔うことがあります。(笑)

 

 

 

それで、またしてもいつも同じことを書いてしまいますが、

僕にとっては痛み以上の敵があります。

それは『 眠気 』です。

やっぱり、継続のポイントは早く寝ることでしょう!

 

そして、またしてもいつも同じことを書いていますが、

このブログの着地点を見失っています(汗)。

 

という訳で、今日はこのへんで!

 

では!

 

2018年

1月

21日

子育てをしながら感じること

 

ナマステ!

 

またしても今週が始まりましたね!

週の始まりはレッドクラスから。

今週はムーンデイがないので金曜日までいつでも練習にきてくださいね!

 

これから日に日に日照時間が長くなっていきます。

寒さが増して冬が深まると感じる方も多いと思いますが、

日が長くなるというところで言うなら、

春が近づいているように感じるかもしれません。

ぶっちゃけ、神戸は真冬でもたいして寒くないんですよね。

すごく住みやすい土地だと感じいます。

 

1月21日(日) レッドクラス

 

 

 

さて、今日は子育てをしながら感じていること。

なるべくヨーガについて書こうと思っていたのですが、

最近息子の成長がすごくて驚いているので、

いろいろ感じているうちに書いてみようと思います。

 

親バカブログなので興味ない方はスルーしてください。(笑)

 

清水家には昨年第一子が誕生し、

この半年間は初めての子育てに妻と共に様々な経験をさせてもらっています。

僕も妻も末っ子なので、自分より小さい子の存在を知らないまま大人になりました。

 

子供ができて、まず一番最初に気づいたことは

・母親は24時間ほとんど子供と一緒にいる。

ということです。

 

まぁ、当たり前ですよね。

でも僕はそんな状況をみたことがなかったから

実際目の当たりにするととても大変ということを知りました。

手伝おうと思って僕も抱っこするけど長くはもたず、

3ヶ月ぐらいはすごく大変でした。

4ヶ月目に4ヶ月検診というのがあり、

区役所に行き他の4ヶ月の赤ちゃんと一緒になり、

他の赤ちゃんの中には『 おすわり 』をしている子がいて、

『 おすわりできる子もいるんだ。 』
と思いました。

そして、康平の体重は生まれた時の2倍になっていました。

 

その頃から

『 めちゃくちゃ可愛いけど超大変。』

と感じていた子育てから、

子供の成長に目が向くよになってきました。

( これは僕が感じていることで、母親はまた全然違うことを感じているでしょう。)

 

・おっぱい飲んで

・げっぷして

・抱っこして

・仰向けで寝かせる

・うつぶせで様子を見る

この5パターンで生活していましたが、

うつ伏せは長く続かず、ほんのちょっとだけ。

指を握らせたら強く握ってきたりしてきたけど、

まだまだ反応は薄く、僕のことも認識してなかったし、

コミュニケーションが取れませんでした。

 

それが日に日にうつ伏せの時間が長くなってきたり、

仰向けから自分でうつ伏せになったり、

指以外にもおもちゃを握ったり、

それを口にいれたり、

膝の上でお座りしたり、

と、初期段階からの延長上でしたが、

確実に全ての行いが上手になってきているのを感じました。

 

そして、全ての行いが長くなってきました。

それは毎日ちょっとだけだけど、

毎日確実に長くなっているのを夫婦共に実感できました。

 

うつ伏せを長くしたり、お座りを一緒にしていると

いつの間にか康平の視野がとても広がっていました。

目の前の物しか見れていなかったのに、

自分で何か探したり、ぶら下がるおもちゃを比べたり、

音に反応して興奮したりと。

 

表現にトゲがあるかもしれないけど、

2〜3ヶ月の頃はただ泣くだけの表現だけでしたが

3〜5ヶ月頃はやっと僕が知っていた、

イメージしていた『 赤ちゃん 』になってきました。

毎日沢山笑うようになったし、

( 笑わせようとしたことで、笑ってくれる。 

 2〜3ヶ月の頃は勝手に笑うけど、笑わせられなかった。)

いよいよ康平も僕が誰だかわかってきて、

僕も康平とのコミュニケーションに慣れてきて、

二人で遊べるようになってきました。

 

先週はシャラバーサナ( うつ伏せ)から手足をバタバタさせて回り始め、

少し後ろに進みました。

バタバタしても泣かないな〜。

の次の日は少し周りだし、

その次の日は後ろに進む。

 

その時は

『 あ、少し後ろに進んでる。』

と感心したけど、

それは3日目前には想像していなかったこと。

 

また、康平が生まれてくる前からギターで弾き語りを聞かせていたのですが、

その歌を歌うと僕の下手くそなギターと歌にとても喜んでくれます。

( 大人は誰も僕の歌で喜ばないので弾き語り甲斐があってとても嬉しい。笑)

 

そして、子育てをしていて何が楽しいっていうと、

『 人間という動物はこうやって成長していく。』

ということを息子から教えてもらえることです。

 

僕が知っていた人間はすでにある程度成長した人間だったので、

生まれてからある程度成長するまでにこんなことがあるなんて、

知っているような気になっていたけど、知りませんでした。

 

とても無力で一人では本当に何もできないこと。

だけど、0の状態からとんでもないスピードで急速に成長していくこと。

 

 

赤ちゃんは無心で今を生きることだけしかしていません。

このあたりに僕が目指していることのヒントが沢山あるように感じているけど、

それを言葉にすることはまだできません。

 

長くなってきましたね。

最後に大分大雑把に書きますが、

他にも

・親になってから出てきた自分の親に対する気持ちの変化。

・街にいると、妊婦、子連れ、子供にばかり目がいくこと。

など、僕自身まで生まれ変わったのでは?

と思うほどの変化した自分にビックリしています。

僕自身に身体的変化は何一つないのに。

 

まだたったの半年。

ハイハイで前進もできないのにこんなに楽しいなんて、

この先に待っている成長を想像するとたまりません。

 

 

12月16日

 

1月16日

2018年

1月

17日

2月17日(土)は京都でマットを並べましょう!

 

ナマステ!

 

このブログを読んでくれている方はすでに知っている方も多いと思いますが、

2月17日(土)に京都のTAMISAにて

『 景子&佳吾のスペシャルマイソールクラス 』

が行われます!

 

まずは僕の最初のアシュタンガヨーガの師、木下景子先生。

そして、アシュタンガヨガ京都、MMBの山口佳吾君。

共に僕のヨーガ人生において絶対に欠かせない存在の二人が、

一緒にマイソールクラスをやるなんて、

数年前には全く想像もできなかったことです。

 

あれは2014年のマイソールだったかな?

佳吾君は KPJAIY でシャラート師のアシスタントをしていて、

( これだけでも相当な経験値です。)

その時にバックベンドのアジャストをしてもらいました。

懐かしいな〜。

( 佳吾君のブログに更に懐かしい写真がwith DONI で載っている。)

 

景子先生には荻窪時代の3年半と、

昨年のマキノカオリ先生のマイソール池袋でカポターサナとバックベンドをしてもらいましたが、2017年の練習の一番の思い出です。

 

僕は土曜日がお休みなので、早速申し込ませてもらいました。

 

そして、このブログを読んでくれている皆さん!

特にアシュタンガヨーガ神戸の皆さん!

2月17日(土)は一緒に京都に行って汗をかきませんか?

こういうスペシャルなことは、みんなで共有した方が断然楽しめるんですよ!

 

そして、マイソールクラスに抵抗を感じている方、

自分には早いんじゃないか? なんて思っている方、

課題やテーマがあるけど、なかなか解決できない方、

超チャンスですよ!

なんせ、二人掛かりで見てくれますからね!

 

人それぞれ好き好きがあると思いますが、

僕は隣の練習生との距離が近くて

熱気ムンムンの方が集中できて好きです!

 

あと一ヶ月もあるけど、楽しみすぎます!

きっとスペシャルな1日になることでしょう!

 

では!

 

 

 

 

 

2018年

1月

14日

2月19日(月)はヨガアカデミー大阪で『 アームバランスにチャレンジ!』を行います!

ナマステ!

 

僕はアーサナの実践中、脇を締めれる動きではできるだけ脇を締めて行なっています。

英語だと『  エルボー・イン 』ですね。

例えば太陽礼拝だとほとんど締めていて、

チャトランガダンダーサナ、アップドック、ダウンドックでは特に意識しています。

ダウンドックではかなり極端に締めているので、

この数年でアームバランス系のアーサナがとても行いやすくなりました。

( 脇を締めることにより、バックベンドもやりやすくなります。)

 

僕自身がとても変わったということもあり、

僕は太陽礼拝のWSでアライメントの実践をする時は

脇を締めることをとても大切にしています。

 

このブログを読んでくれている方は

僕のクラスに参加してくれた方が多いかと思うのですが、

2月19日(月)にヨガアカデミー大阪で行われる

『 ヨガインストラクターのためのYOGA体験会 』というイベントで

『 アームバランスにチャレンジ! 』というクラスを行わせて頂きます。

( インストラクターじゃなくてもご参加OKです! )

 

僕のクラスに関してはこれまで行なってきた

『 脇を締める 』の応用編です。

もちろん、脇の締め方を一から行い、

呼吸とバンダについても僕なりに解説させて頂きます。

 

アームバランスが苦手な方は

・脇が開いている( 締め方がわからない )

・ムーラバンダがわからない。

・ムーラバンダはわかるけど呼吸と連動しない

という方が多いのかと思います。

 

じゃあ、僕がバンダを完璧に使えているかといわれると

もちろんまだまだ甘いのですが( 汗 )、

どこをどう意識するのか? 

現時点で僕がわかること、僕が普段の練習で実践していることをお伝えします。

もちろん、このクラス中にできなくても、

日々の練習での脇を締める意識や、

ムーラバンダの意識が確実に強くなることは間違いない内容となっているので、

興味がある方は是非ご参加いただけると嬉しいです!

 

そして、1月27日(日)にはスンダリにて

『 はじめてのアシュタンガヨーガ 』を行います。

このWSでも太陽礼拝を通して、アーサナの実践のポイントをじっくりと行うので、

合わせてご参加いただけたらとても楽しんでもらえると思います!

 

特に今までに僕の太陽礼拝のクラスにご参加頂いた方には

是非とも今回の『 応用編 』も受講して頂けると、

『 なんであんなに脇を締めていたのか? 』

ということをより理解して頂けると思います!

 

また、全てのクラスに共通していますが、

『 できる。できない。 』ではなく、

『 どう意識するのか? 普段の練習でどのように応用するのか? 』

をテーマにしていますので、

興味とやる気さえあれば、どんな方でもご参加可能です!

 

よろしくお願いいたします!

 

2018年

1月

13日

『 グルジ 』日本語版が届きました!

 

ナマステ!

 

題名通りですが、『 グルジ 』の日本語訳が昨日スンダリに届いて、

早速読みはじまています。

実は僕のHPの最初のブログは

13年にゴアの本屋さんで『 Guruji  』を手にしたことが一番最初の記事なのです。

『 ホームページつくりました。 』

 

懐かしいですね〜。5年前ですね。

実は2年前にも英語版をもう一冊買っていて

それはインド用としてマイソールに置いてあります。

この5年で2冊も買ったのにやはり英語版を理解するのはとても難しく、

何度も断念した本でした。

 

昨日から読んでいますが、

日本語はとても読みやすく、めちゃくちゃ面白い内容です。

( 日本人なので当たり前 笑 )

面白いというのは語弊があるかもしれませんが、

僕が過ごせなかった時代の話、

僕が尊敬している、憧れている人たちの人生についての話なので、

まだ最初の5人とロルフとピーター・サンソンのところしか読んでいないけど、

とても刺激的で興味深い内容です。

 

アシュタンガヨーガの実践者には皆さんに読んで欲しいけど、

アシュタンガじゃないヨーガを実践している方にも

ヨーガの熱が高まる内容だと思います。

 

きっとこの本のおかげで日本のアシュタンガヨーガはもっと盛り上がることでしょう!

日本語版を作り上げた的野裕子さんをはじめ、

関係者の皆様に感謝です!

 

 

『 生涯を通して練習を継続していこう!』

と思える内容です!

 

 

そして、それは1日1日の積み重ねですね。

今日は日曜日。

アシュタンガヨーガ神戸での一週間は日曜日のレッドクラスから始まります。

『 グルジ 』の中でインタビューを受けている方々はほとんどの方が

同じ時代に同じ場所で練習を継続した同志達ですが、

僕たちは僕たちで今日も一緒に練習できたというのは

もしかしたら同じことかもしれませんよね。

 

この本に出ている人達のドラマもおもしろいけど、

この本に出ていないドラマの方が圧倒的に多く、

何より一番面白いのは自分自身の人生ドラマですよね。

 

今週は17日(水)が新月でお休みになるのでご注意くださいね!

 

では、今週も楽しんでいきましょうねー!

 

1月14日(日) 9:00 〜 10:30 レッドクラス

2018年

1月

12日

今年からレッドクラス後にカウントの練習も行います!

 

ナマステ!

 

今週も一週間お疲れ様でした!

特に今週から朝練を始めた方は早寝早起きという生活習慣に変えることだけでも

大きな変化があった週だと思います。

少しづつ慣らし、ちょっとづつゆっくりと実践を深めていきましょう!

 

そして明日、日曜日は週に一度のレッドクラスですね!

アシュタンガヨーガの練習においてレッドクラスはとても大切なクラスです。

マイソールクラスだけでも、レッドクラスだけでもなく、

この二つのクラスのバランスで成り立っています。

 

ご自身が練習しているアーサナが少ない場合でも

そこまでの練習の正しいヴィンヤサを覚える、確認するのには

レッドクラスはとてもいいです!

是非積極的にご参加くださいね!

 

そして、14日(日)のレッドクラスからは

クラス後にサンスクリット後の数字とフルプライマリーのアーサナの名前を

全員でプリントを使いながら復唱します。

 

これはインド、マイソールの KPJAYI で僕たちが習ってきているやり方です。

( KPJAYI では平日のチャンティングクラスでこれを行なっている。)

 

きっかけは Mysore Masala Brothres( MMB )のAshtanga Yoga Nagoya 主宰、

石川恭平君がカウントの練習を一足先にやっているのを知り、

『 さすが恭平君! これは神戸もやろう! 』

と触発され、今週からやっていこうと思いました。

恭平君!いつもプジティブな刺激をありがとう!

 

 

ヨーガの練習をしていると

『 アーサナの名前を覚えなさい。』

とよく言われますが、覚えるの難しいですよね!?

レッドクラスに参加しても聞いているだけではなかなか覚えられませんが

プリントを使い目で見て、聞いて、発声することにより

アーサナの名前が覚えやすくなってきます。

これも一週間では覚えられませんが、

毎週継続していくことにより、少しづつ頭に入っていくことでしょう!

 

アーサナの名前を覚えることにより、

一つ一つのアーサナにより愛着がわき、

よりヨーガが深まっていくのを実感してもらえると思います。

 

ちなみにマイソールパス所有者はレッドクラスは無料で受けられるので

是非積極的にご参加くださいね!

もちろん、日曜しか来れない方、遠方からの実践者のご参加も心よりお待ちしています!

 

 

では、皆さん良い週末をお過ごしください!

 

2018年

1月

11日

1月11日に起きたこと。

 

ナマステ!

 

僕は週に1度のペースでガソリンを入れるのですが、

その日は今日でした。

 

そして、スタンドでメーターを見ると

11110km !

『 これは今日ゾロ目になるぞ! 』

と思ってから今日は1月11日ということに気づきパシャリ。

 

別にラッキーという訳ではないけれど、

ちょっとだけ上がりました!

 

以上、神戸の車道からでした!

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

2018年

1月

10日

アシュタンガヨーガを始めた人をみて思うこと。

 

ナマステ!

 

話しの切り口が見つからないので唐突に書きますが、

アシュタンガヨーガ神戸は2018年に入り、とても盛り上がっています。

 

何ヶ月も休んでいた方や、しばらく休んでいた方が復帰したこと。

何より今年から朝練を始めたい!という方が数名来てくれたこと。

そして、季節が変わっても年が変わっても

いつも変わらず練習に励むレギュラーメンバーのおかげで、

真冬とは思えない熱気がムンムンです。

 

やっぱりマイソールクラスは隣の人が近い方が集中できるし、

周りが頑張っていると、頑張りやすくなりますよね!

何より頑張ることが楽しく感じます。

 

そんな中、今年からマイソールクラスに初めて来てくれた方は

各自が無心で淡々と練習しているあの独特の練習風景にちょっと驚いていて、

その姿に僕もマイソールクラスに通いだした頃のことを思い出しました。

 

 

こんなこと言うとちょっと恥ずかしいですが、

僕はマイソールクラスに通うまでに3年半ぐらい継続的にヨーガの練習をしていたので、

『 自分はちょっとできる奴なんじゃないか? 』

という思いで荻窪に引っ越しして IYC 荻窪に行きました(笑)。

まさに井の中の蛙というやつですね。

 

そこで僕は信じられない光景を目の当たりにしました。

そこは IYC 荻窪。

木下景子先生のマイソールクラス。

蛙は大海を知りました。

2009年始でしたが、既に日本のアシュタンガヨーガシーンはかなり盛り上がっていてその日本のアシュタンガヨーガのシーンを盛り上げた方々が沢山練習されていました。

そして、見たことがないようなアーサナのオンパレードでした。

 

『 オレが今までやっていたヨーガと全然ちがーう! 』

という驚き。

そして、

『 オレもこの練習を継続したらこの人達みたいになれるかもしれない。』

という自分の未知なる可能性に胸が高鳴りました。

 

 

また、すごい方達に混じって、

僕の様なアシュタンガビギナーも沢山いました。

そして、たぶん9割以上の方が僕より年上で

僕とケイコから見たら超大人でした。

 

それにすごく驚いたのかな。

 

自分より年上の、30代、40代、50代、60代の方々が

毎朝汗だくになって、とても真剣に自分と向き合っている姿は

僕にはとてもカッコよく見えたし、

『 オレもあんな大人になろう! 』

と思いました。

 

そして、9年が経ち、あの時の期待以上のものを得ました。

得たという表現なら

心身ともに劇的に柔らかく、強くなり、

様々なバランス感覚も養え、集中力も付きました。

そして、今の現状も遥か先まである自身の可能性の途中ということも知りました。

またコツコツ淡々と継続すことにより、

大きな自信も付きました。

 

正直に書くと、アーサナはどこまで進むのだろう?

という期待は、期待以下でした。

僕は憧れたKBTさんや更科有哉さんのようにはなれなかったし、

今後もなれないでしょう。

僕より後から始めた人がどんどん先に進んでいきました。

でも、そういうことを知れたこともとても良かったです。

僕には僕のペースがあるというこを受け入れらるようになったし、

僕が求めていたことは既に得ていたということに気づけました。

 

 

このたった9年の間でも練習をすることが難しい生活環境の時が何度もあったけど、

アシュタンガヨーガの練習を辞めようと思ったことはまだ一度もありません。

ここまで来るとこの先も辞めようと思うことはないでしょう。

 

怪我で苦しんだこともあったけど、

そんな時こそアシュタンガヨーガの底の深さを体験できたようにも思います。

怪我をして、治った時はとてつもなく嬉しいし、更に練習が楽しくなりました。

更には怪我をしても治ることを知っているので、

さほど凹まなくなりました。

( また油断してしまった!と、ちょっと反省はする。)

 

アシュタンガヨーガを通して僕は僕自身を知ったし、

まだまだ自分自身のことを知らないということも知りました。

 

そして年齢や生活環境や時代や社会の変化も受け入れ、楽しめています。

いちいちうまくいかないことにイラつかなくなりました。

 

25歳の僕は将来に不安があったけど、

かなりの頻度で自分の精神的、肉体的を超えてきた今、

もう不安はありません。

たとえ超えられそうにないことでも、コツコツ超えるだろうし、

もし超えられなくても気にしないでしょう。

 

 

僕は3年前から神戸に移住して元町のstudio SUNDARI で

マイソールクラスとレッドクラスを担当させて頂いてます。

このたったの3年間だけど、

多くの人がアシュタンガヨーガを通して変わっていく姿を一番近くで見させてもらえて

本当に幸せです。

 

早寝早起きも練習もキツかったんだけど

思い出したり、振り返ると良いことしかないんだよなぁ。

明日の練習のカポターサナもバックベンドも

一瞬も気が抜けないほどキツイんだけど、

それが楽しみで仕方がないというのは

アシュタンガヨーガあるあるですかね?

 

これも僕の話なので、

人の数だけ感じ方は違いますよね。

あなたにとってのアシュタンガヨーガが人生の転機になったり、

人生がより良い方向に向かうことを願います。

 

 

では、おやすみなさい⭐︎

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

1月

07日

1月のお知らせ

 

ナマステ!

 

そろそろ正月モードも終了ですかね?

 

清水家は僕だけ3日に神戸に帰って来ていたのですが、

本日より妻と康平も神戸に帰ってきて、

いよいよ2018年が本格的に始動してきました。

( 人生初の風邪をひいた康平。花ちょうちんがダブル! )

 

 

では今月のお知らせですが、

ムーンデイは新月が17日(水)、満月が31日(水)でお休みになります!

明日の8日(月)は祝日ですがマイソールクラスは変わらずオープンしています!

普段来れない方も是非お越しください!

 

そして、27日(土)15:00 〜 17:30は

『 はじめてのアシュタンガヨーガ 』

 

久しぶりにスンダリでWSを行わせて頂きます!

今回はなんと! 

WSにご参加頂きた方にはマイソールクラスの無料券をお付けします!

詳細は題名をクリックしてください。

 

 

 

この週末、数名の方からマイソールクラスのお問い合わせを頂きました。

きっと神戸以外でも多くの方が各地で

『 2018年はアシュタンガヨーガ、マイソールクラスを始めてみよう! 』

と思っている方も多いと思います。

 

ヨーガから始まる1日の素晴らしさ。

継続的な実践により感じる様々な変化を楽しんでもらいたいです。

 

そして、この実践を始める上で僕が最も大切だと思うのは

早く寝ることです。

睡眠時間を削っての早起きは疲れが溜まるのでオススメしません。

早寝早起きさえできれば寒さなんて問題ありません。

( スタジオ内は早朝でも暖かいです。)

 

 

今週は金曜日まで毎日マイソールクラスで練習できるので、

いつでもお気軽にお越しくださいね!

 

では、今週も楽しんでいきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

1月

05日

明けましておめでとうございます!

 

ナマステ!

 

皆さん、明けましておめでとうございます!

今年も1年間よろしくお願いいたします!

 

最後のブログから間が空いた為、何から書こうか

新年そうそう悩んでおります(笑)。

 

というのも、

・年末に行った千葉の路地裏シャンティさん、

 アシュタンガヨガ東海のマユミさん主催の茨城WSの報告をしたいこと。

 

・神戸〜羽田の飛行機が綺麗だったこと。

 

・年末年始での内臓のダメージ

 

・これからの一年

 

実は今日は時間があるので、長いブログを書いてみようかと思います。

時間があって読みたい方だけどうぞお付き合いください。

 

 

では、まずは年末に戻りますね。

12月28日(木)

17年最後のマイソールクラス後に帰省の準備をして神戸空港に向かいました。

 

今回は左側の窓側。

スカイマークの座席は一番後ろは授乳カーテンがあるとのことで、

空港に着いてから座席を変更してもらい、授乳ができる座席にしました。

丁度生後5ヶ月の康平は全く泣かず、

電車もモノレールも飛行機も、東京での電車でもとても静かに移動ができ、

予想外のとてもスムーズな帰省でした。

そして今回、もう一つの予想外があり、

それは僕が大好きだった南アルプス、北アルプス、中央アルプス、

富士山、伊豆半島、三浦半島がとても綺麗に見れたことでした。

特に3年間住んでいた南アルプスの仙丈ケ岳と甲斐駒ケ岳を空から見れたことに

感動しました。

( 左奥が仙丈ケ岳、真ん中奥が甲斐駒ヶ岳、右奥が鳳凰山。

  僕が山の上で逆立ちしている写真は真ん中の更に中央、北岳です。)

 

山の中に住んでいたので、この山域の大きさがわかる分、

空から眺めた時の山のサイズとのギャップがすごくて、

飛行機という本当にすごい非現実的な乗り物に再度惚れました。

左の雪をかぶっているのが南アルプス、右が富士山。

どこかわからない島。 絶対噴火経験ありでしょ! 

 

 

そして、29日(金)は路地裏シャンティさんでの1Day WS。

シャンティさんはMMBの皆さんやドニ君夫妻がWSをよくやっていて、

彼らから 『 千葉にとてもいいスタジオというか家がある! 』

と聞いていたので、初めてだったけど、初めてじゃない感じで向かいました。

・マイソールクラス

・太陽礼拝

・基礎アライメントとハーフプライマリー

と朝から夕方までガッツリ、伝えたいことを言い切ってきました。

って、書くととても自己満足のクラスのように聞こえますね(笑)。

午前と午後の間にはオーナーのミチコさん手作りの昼食をみんなで囲み、

時間が経つにつれどんどん参加者の皆さんと仲良くなれて、

とてもアットホームな空間でした!

次は泊まりで伺いたいです!

 

『 ブログを毎回読んでいます! 』

って言ってくれた千葉の同志の中には

『 仕事で早番や遅番があるから夜中の1〜2時から練習してます! 』

なんていうすごい方もいて、

とても熱く、気持ちの良いエネルギーを頂いて翌日の茨城に向かいました。

 

 

 

 

30日(土) 『 太陽礼拝 WS 』deuxieme ete(ドゥージェム エテ) 水戸市。

僕は茨城県が地元なので前々から茨城県でもアシュタンガのWSを行いたいと思っていてました。

今回は、オーガナイザーのマユミさんのご好意で年末ギリギリに開催していただきました。

茨城はまだアシュタンガ人口が少ないと聞いていましたが、

長年アシュタンガヨーガを深く長く実践している志賀透人先生も来てくださり、

マユミさんや透人先生の様な茨城アシュタンガの熱い方達、

そしてやる気満々の茨城アシュタンギーニの皆さんと繋がれて

2017年最後のクラスもとても充実した時間を過ごせました!

しかも今回はスイーツセット付きでの開催だったので

クラス後のお茶会もとても盛り上がりました。

年末過ぎて時間がありませんでしたが、また次回茨城でクラスを行えるチャンスが来ることを楽しみにしています!

 

 

千葉、茨城、共にお忙しい中ご参加頂いた皆様!

素晴らしい時間をありがとうございました!

 

 

 

 

そして、31日(土)は地元の同級生と忘年会。

僕の人格が作り上げられてきた10代の様々な思い出を共有している地元の友達は

ヨーガで出会った同志達とは別次元の深い絆での繋がりを感じました。

今日も内臓がおかしな感覚になっているのですが、スタートはこの時ですね。

 

 

2018年 1月1日 〜 3日

美味しい食事をたくさん頂きました。

この3日は身体の声に耳を傾けず、流れに身を任せた食事をしました。

久しぶりに食べるものも何点かあったのですが、

僕の味覚は変わっておらず、久しぶりだけどとても美味しかったです。

言葉を濁すとわかりにくいですが、脂っぽいもの達です(笑)。

 

様々な言い訳を足したので罪悪感はなかったのですが、

味覚とは裏腹に胃腸が自分のものとは思えない重さになり、

もう終わりかけですが副作用に苦しんでいます。

 

ここで僕の感覚器官は麻痺しだし、

風邪っぽいな〜。なんて感じ出しました。

 

4日(木)

いよいよ2018年のマイソールクラスが始まりました。

マイソールクラスのことはまた後日。

3日は神戸に戻ってきてもなかなか寝付けなかったのですが、

なぜか目が覚めいつもより早い2時に起床。

 

今年初のスンダリでの練習をスタートしました。

実は年末年始、その後の満月などのスペシャルな言い訳を足し

ちゃんとした練習は昨日が初めてでした。

 

ハーフプライマリーが過ぎ、

『 まだ内臓が重いな〜。』

なんて思っていたけど、

『 この関節のきしむような痛みと耳の奥の違和感、喉の痛みは風邪だ!』

と確信したのはフルプライマリーを終えたところでした。

( 帰宅後薬を飲み、すでに落ち着いているのでご心配なく )

 

5日(金)

日ごろ飲まない薬が効いた為、今日の練習は比較的普通に戻っていました。

明日は土曜なので身体を休めて、日曜から始まる一週間でアーサナの練習を通して

何が不調の原因かを探り、整えることが楽しみです。

 

いつもの生活リズムなら不調でも風邪でも練習はできるけど、

いつもの生活リズムから外れると練習って難しいですね。

 

今年は生活リズムを乱さない年にしようと思います。

 

ふぅ、長くなりすぎて、着地点を見失い

なんだか年始一発目から締まりのない文章になっていますが、

今年もできるだけ書いてみます。

 

 

では、お互い健康第一で素晴らしい一年にしましょうね!

2018年もよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

12月

27日

今年もありがとうございまいした!

 

ナマステ!

 

神戸での今年最後のマイソールクラスを終え、

今から関東に帰ります。

 

今日は久しぶりにナツミさんが早く来てくれて、

今年最後のバックベンドのアジャストをしてもらいました。

この数ヶ月はずっと一人でバックベンドをしていたので、

やはりアジャストをしてもらえると一人では味わえない感覚を味わえますね。

今年最後のスンダリでの練習を最高の気持ちで終えられました。

 

そして、皆さん!

今年も1年間様々な場面でお世話になり、

本当にありがとうございました!

 

振り返ると様々なことがあったのですが、

過ぎてしまうと全てあっという間ですね。

歳を重ねるごとに時間の流れが早く感じますが、

この感じだと来年はもっと早く過ぎ去ってしまうので、

1日1日を今年以上に大切に過ごそうと思います。

 

僕が憧れる、そして目標とする師や先輩方、同志たちのように

来年もこれまで積み重ねてきた努力を継続していきます。

しつこいですが、僕にとってのその努力とは

早寝早起きをして毎朝全開で練習することです。

今年を振り返りとても充実感があるのは

今年はそれができたからだと感じています。

 

来年もヨーガを通して皆さんと共に精進していくことをとても楽しみにしております!

 

では、良い年をお過ごしください!

1月4日からよろしくお願いいたします!

 

 

今年一番の思い出のカポターサナ 7月20日 マイソール池袋にて

 

今年二番目の思い出のカポターサナ 12月27日 真鍋菜津美 

アシュタンガヨーガ神戸にて  

 

 

 

 

 

 

 

2017年

12月

26日

年末年始のお知らせ

 

ナマステ!

 

クリスマスが過ぎると今年も終わり感がすごいですね。

題名通りですが、年末年始のお知らせです。

 

まずは神戸でのマイソールクラスは12月28日(木)までです。

29日(金)〜1月3日(水)までお休みです。

2018年は1月4日(木)からマイソールクラスが始まります。

 

今年の神戸でのマイソールクラスも残り2日。

今年は昨年よりも多くの方にご参加頂き、とても充実した朝を過ごすことができました。

引き続き来年も共に過ごせることを楽しみにしております!

 

 

そして、年末は関東に帰り、WSが続きます!

29日(金)は千葉県の路地裏シャンティさんで1日WSを、

30日(土)は地元茨城県で『 太陽礼拝 』のWSを行わせて頂きます!

 

年末でお休みの千葉、茨城近郊の皆様!

是非今年のヨガ納めにご参加頂けたらとても嬉しいです!

 

では!

 

 

2017年

12月

22日

冬至 2

 

ナマステ!

 

前回

『 冬至を過ぎたら日の出が早くなる!』

と書きましたが、僕の知識不足でした。

信じてくれた皆様すみません。

 

神戸での日の出に関して言えば

1月12日までが7:07と一番遅く、

1月13日から7:06と少しずつ早くなってきます。

ちなみに今日12月23日は7:03でした。

 

同じ日本であっても地域によって大分差があるので

気になる方はお住まいの日の出の時間を調べてみてください。

 

 

いよいよ今年もあと8日間ですね。

スンダリのマイソールクラスは12月28日(木)までです。

29日(金)〜1月3日(水)まではお休みで

年始は1月4日(木)からになります!

 

残り1週間も楽しんでいきましょう!

 

では、良い週末を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

12月

20日

冬至

 

ナマステ!

 

いよいよ明日は冬至。

年間で最も昼間が短い日ですね。

ということは明後日からは日が伸びていきます。

これで大分朝の雰囲気が変わりますね!

 

寒くない服装で外出しているし、

スタジオは暖房を付けているので冬の寒さってそんなに問題ではないのですが、

7時頃まで外が暗いというのは特に女性にとっては嫌ですよね。

 

来週からはどんどん明るくなっていくので、

朝スタジオに来るのも来やすくなるのでは?

と勝手に想像しています。

 

 

ちなみに練習中は寒くないですよ。

朝の練習に来たことがない方は想像しにくいと思いますが、

この時期でもほとんどの方が汗をかいて練習しています。

僕は3時台はTシャツを着ているけど、4時台は裸で練習しています。

 

季節に関係なく朝はヨーガで呼吸を深め、

汗をかきながら全身を伸ばして曲げてねじる。

 

そこから始まる1日は仕事であれ、休日であれ

とてもいいスタートから始まります。

 

 

 

 

先日の日曜日はスンダリにてトシ先生のWSを受講しました。

第一部のアーサナのWSでは僕が信じている方向性のアライメントだったので、

( ロルフ&マーシー夫妻の元で練習を積んでいるので当たり前だけど)

とても腑に落ちたクラスで、さらに僕が経験したことのないポジションの入り方はとても参考になりました。今週はずっと学んだことを試しています。

 

そして、第二部のヨーガスートラのクラスでは

本を読んだだけでは学べないことを学べました。

というか、ヨーガスートラを読めばわかりますが、

読んだだけではよくわからないんです。

 

彼のように毎年インドで哲学の学びを深めている人と

同じ世代で同じ時代を過ごしていけることは

僕にとってはとても幸運なことの一つです。

 

僕たちは常に何かを選択しながら生きています。

改めてこれからは自分が成長できることを、

幸せになれることを選択して行こうと思います。

 

結局オチはここに持って行ってしまうのですが、

その為に僕は今日も早く寝て、

明日の練習も全力で取り組もうと思います!

2017年

12月

15日

テレビの使い方

 

ナマステ!

 

今日はちゃんと予告通りテレビについてです。

皆さんはテレビを観ますか?

この数年でネットやスマホの利用頻度が増え、観ない方も多かと思います。

 

僕はテレビをつけると、消すのが苦手でずっと付けっ放しになってしまうので

 

長らくテレビを持たない生活をしていたのですが、

テレビを見なくなったという友人からテレビをもらい、

神戸ではテレビライフを過ごしております。

と言っても18時には布団に入るので見れる番組は超限られていて、

ニュースと大相撲ぐらいしか観れませんでした。

 

最近のテレビはリモコンに番組表がついているので

18時以降に楽しそうな番組があるのも知っていたけど、

あきらめていました。

 

が!

 

先月よりテレビ用にハードディスクを購入し、

録画機能を取り入れました!

 

オチから書くと、

この録画機能というのがテレビ革命です!

 

は?

またしても当たり前のこと書きやがって!

録画できるなんて知ってるに決まっているだろ!

 

なんて思った方には申し訳ありません。

 

でも僕はこれまで録画機能を使っておらず、

なんとこの時代にリアルタイムでテレビを観ていたのです。

これはCMも早送りせず観ていたということです。

 

録画するようになって感じたことが二つありますが

① 観たい時間に観たい番組が観れる。

② CMや興味がないところは早送りの為1時間の番組が30分で終わる。

 

最後にテレビを持っていたのは2006年。

まだビデオデッキを使っていおり、

こんなに簡単に録画、視聴、削除ができない時代だった為、

僕はこの二つのことに感動しました。

 

 

いつだったか(今年)金曜日の『 Mステーション 』に竹原ピストルが出演する時があり、

土曜日は休みだから頑張って起きて出番を待っていたのですが、

まさかのトリだった為、1曲を聴くのに1時間もテレビを観るハメになり

とてもストレスを感じたことを覚えています。

そんなことないですか?

ヒロミのDIYだけ観たいのに違うタレントの大食いまで観ちゃうとか。

 

いや、いいんですよ。それでも早起きできるなら。

 

でも、僕の場合そういう時間を削らないと早起きできません。

早起きしても寝不足とかってすごく嫌なんです。

 

だからテレビを観ることって諦めていたんですけど、

録画機能を利用しだしてから

テレビの楽しさを知りました。

『 クレイジージャーニー 』がすごく面白いです(笑)。

 

 

もちろん、テレビを観ない方には関係のない話しです。

が、テレビをリアルタイムで観ている方がいらしたら

是非とも録画で観ることを試してください。

自由な時間が増えますよ!

 

 

 

練習を継続していく為には毎日の練習時間を作らないといけないし、

日々の練習を充実させるには少しでも長く寝た方がいいと僕は思っています。

 

僕の場合は毎日自由で眠くない時間が2時間あれば練習は楽しいです。

ということは自由で眠くない時間を作りさえすれば

楽しい練習を継続できるはず。

そう思ってアシュタンガヨーガを始めてからいろいろ試しています。

 

 

 

最後にお知らせです。

17日(日)の13:00からトシ・アムリタ先生がスンダリでWSを行います。

現在は年に2回のペースで神戸でWSを開催されていますが、

神戸、神戸近郊にお住まいの方は是非とも時間を作って受講されることをお勧めします。 日頃どんな流派のヨーガの練習をされていても問題ありません。

あと、数名空きがあるので興味がある方はスンダリにお電話ください。

ヨーガ初心者の方はもちろん、長く実践されている方はなおさら受講してほしいです。

今年の終わりにこのWSを受講することにより、来年はより素晴らしい年になることでしょう! 

もちろん僕も受講します。

心の底から自身を持ってオススメできる先生です。

 

詳しい詳細はこちらをクリック

 

では、皆さん良い週末をお過ごしください。

日曜日のスンダリでお会いしましょう!

 

 

 

写真は今日のブログ内容とは全く関係なし

12月13日(水)am 7:39 

 

2017年

12月

14日

練習は一番じゃない

 

ナマステ!

 

なんだか誤解を生みやすいタイトルを付けちゃいました。

前回のブログで次回は『 テレビについて 』なんて書いたにもかかわらず、

もっと書きたいことがあるので割り込みます。

テレビはいつでもいいからね。

 

僕は今自分の練習を一番に生活しているけど、

正直に書くと3〜5番目ぐらいだと思います。

またしても当たり前のことすぎるけど、

1番は命か家族

必然的に2番も命か家族

まぁ、こんなこと屁理屈みたいですが念のため。

( 世の中には命より、家族より何かにのめり込んでいる人も多いので。)

 

3番目はパッと思いつかないから、3番目ぐらいに練習かな?

このあたりは変動します。

3番目は友達とか同僚とかを持ってきたいけど、

関西に友達はほとんどいないし、

少ない関西の友達も僕のライフスタイルを知っているから

夜遊びに誘ってくることもありません。

誘われても夜じゃなく、昼間会うようにしています。

 

でも、年に数回は断らずに参加します。

僕は仕事がマイソールクラスだから翌日も絶対スタジオには行くけど、

短い練習に切り替えます。

 

で、何が言いたいかというと

特にこのシーズンの忘年会や新年会、

歓迎会や送別会の翌日は練習を休んでも良いと僕は思います。

そんな日は終電まで飲んで、

朝は早起きせずに練習を休みましょう。

( できれば15分ぐらいはやってほしいが )

 

と言うのも

ちょっと前のブログで

『 夜遊びはやめて、早寝早起き、ヨーガをしよう!』

なんて書いたので、夜の付き合いに罪悪感を覚える人がいたら

ちょっと僕の書き方に語弊があったかな?

と思っていまして。

 

もちろん、練習に来たい方は来ていいですよ。

でも、『 明日の練習どうしよう・・・。』

なんて考える必要はないと思います。

 

基本的には休まず練習に打ち込むけど、

イレギュラーの特別な日は練習のことは忘れて

思いっきりやっちゃいましょう!

というのが現在の僕の考えです。

( 以前はこうじゃなかったし、考えが変わることもあるでしょう。)

 

ヨーガはライフスタイルだけど、

家族があって、仕事があってのことです。

 

『 明日も練習があるので参加しません。』とか

『 明日も練習があるので帰ります。』とか

そういうことを悪く言うつもりはないけど、

( そう言えるのも良いことだと思う。)

ヨーガは調和すること、バランスをとることの練習でもあるので、

家族や職場の調和を乱したり、

家族や職場のバランスを失うことは避けた方がいいのでは?と思います。

 

 

別のクラスに来てくれている生徒さんや、

不定期でマイソールクラスに来てくれている生徒さんと話しをしていると

『 旦那や子供を送り出してからだとマイソールクラスには行けません。』

『 親の介護があるので朝は無理なんです。』

と教えてくれる生徒さんがいるのですが、

自分のやるべきことを全うし、

限られた時間の中から更にヨーガの時間を作っていて、

僕は心の底から尊敬しています。

 

歯磨きやお風呂の様に

気張らずに、ただ当たり前に練習を生活の一部にしたいですね!

 

 

 

 

では! 明日こそテレビのことかな?

 

 

 

 

 

 

 

2017年

12月

12日

寒いからこそ

 

ナマステ!

 

ニュースを見たらどうやら今日は寒いみたいですね。

僕はとても寒がりです。

寒いのが嫌いです。

が、レイヤリング(重ね着)を教わってからはそんなに苦手ではありません。

 

僕が家を出るのは朝の3:30頃です。

真冬の雨でもバイクでスタジオに向かいます。

『 寒いでしょ!?? 』

なんてよく言われますが、

全く寒くありません。

 

というのも僕は寒がりの為、

寒くない格好で外に出るからです。

 

『 そんなの当たり前だろ! 』

なんて言わないでください(笑)。

結構寒がっている方が多いんですよ。

 

こんな僕も以前は寒がっていました。

というのも服の着方を知らなかったからです。

これをアウトドアの世界ではレイヤリング( 重ね着 )と言います。

 

遡ること神戸に移住前の2012〜14年。

インド以外の期間を長野県伊那市の南アルプス国立公園で住み込みの仕事していました。

標高2000m超えの山奥に住んでいた為、

5月でも雪が降り、6月まで雪が残り、

10月にはまた雪が降るという環境でした。

 

そんな環境で仕事をしている先輩方や登山者は

皆完璧なレイヤリングで寒さに強い人たちでした。

というか、レイヤリングを気にしないと生活できない環境でした。

 

せっかくなので順番に書きますね。

① 肌着 ( TシャツやロンT )

② フリース

③ ダウンジャケット

④ ハードシェル ( 雨風を通さないジャケット )

 

僕は練習着のTシャツとロンTを来ているので全部で5枚ですが、

これで上半身は全く寒くないです。

 

そんなこと?

と思う方もいるかと思いますが、

以外と知らない人も多いのです。

( 例えばダウンジャケットでバイクに乗っている人をよく見る。あれは寒いです。)

 

ちなみにもっと寒い所に行ってもフリースやダウン、ハードシェルをもっと暖かいものに変えるだけで着る枚数は変わりません。

 

下半身も大体同じです。

① レギンス ( すててこ )

② ダウンパンツ 

③ 適当なズボン 

④ 雨風を通さないズボン (  雨の日か真冬のみ )

 

まだ冬の始まりなので③までですね。

 

そして足元

① ウールの靴下

② 寒冷地用の雨雪を通さないブーツ

 

手袋も一番外側は雨風を通さない素材です( ゴアテックス )。

 

 

こんな感じで神戸の真冬の早朝の雨の日のバイクでも

目の周り以外は全く寒く感じることはありません。

 

では、ここでのポイントですが、

一番外側はゴアテックス素材の服を着て雨風から身を守る!

これが非常に重要です。

ダウンを一番上に着ていても風を通すので寒いです。

 

でもここまで書いてなんですが、

ちょっと大げさでしたかね?

車や電車移動の人はそんなに寒くないのかな?

外は寒くて、中は暖かいからそれが大変なのかな?

 

何が書きたかったというと、

冬とはいえ、雪が降っているとはいえ、

正しい順番で服を4〜5枚着れば寒さなんて感じないはずなんです。

( ごめんなさい。東北や北海道はわかりません。)

寒いと感じている方は

ダウンの上にゴアテックスを着てください。

( ダウン嫌いやファッションのこだわりが強い方は無理かな? )

 

夏が暑いとか

冬が寒いなんて当たり前のことで

行動を躊躇するようなことはもう止めました。

 

これから始まる冬も寒いことを理由に練習を休むことだけは絶対にしません。

そして、寒いからこそ1日の始まりにアーサナの練習をすることをお勧めします。

 

僕はアシュタンガヨーガの練習を継続したいと思っています。

でもいくつかの邪魔が入るのも事実です。

疲労とか眠さとか寒さとか色々と。

 

でも原因が自分でわかることは解決できるし

解決した時には生活が大きく変化しているから

原因を解決する工程も結構楽しいです。

 

寝不足は早く寝ることで解決したし、

寒さはレイヤリングで解決しました。

 

次回は今年清水家に起きた革命。

テレビの使い方を読んでいただこうと思います。

 

 

では!

 

 

 

 

 

 

2017年

12月

11日

あっという間に一週間

 

ナマステ!

 

ちょっとブログを書く時間を他にあてていたら

あっという間に前回の投稿から1週間が過ぎてしまいました。

 

ヨーガの講師・インストラクターという仕事を始めてから知ったことですが、

クラスを行う時間と同じくらいパソコンを触る時間が長く、

その合間にブログを書いているのですが、

先週はパソコンでの作業に追われていました。

 

さて、

週末は初めてプライベートレッスンを依頼されました。

 

 

その方は朝のマイソールクラスにはスケジュール的に参加できないが、

練習を深めるにはマイソールクラスが一番良いということは確信していて

1対1でマイソールクラスを行なって欲しいとのこと。

 

クラス前に

・僕が今ままで習ってきたアシュタンガヨーガのこと

・練習をする上で気にしているポイント

・指導をする上で気にしているポイント

の話をしてからのマイソールクラス。

その生徒さんも

『 セイヤさんが知っていることを教えて欲しい 』

と言ってくれたので、できるだけ伝えてきました。

 

これがとても新鮮で楽しい時間でした。

 

というのも、通常のマイソールクラスでは

なるべく僕好みの練習スタイルに染めないように、

生徒さんの今までの経験やライフスタイルと意見を尊重するようにしています。

( 明らかに直して欲しいところはやり方を変えてもらうが )

僕にとっての正解がみんなにとっての正解とは限らない。

ということも理由の一つです。

 

けど、今回は1対1で

僕がやってきたことを教えて欲しいと言ってくれてから始まったので

ほぼ全部僕に合わせてもらいました。

 

これから回数を重ねていくなかで

どのように変化していくかがともても楽しみです!

 

もし、このブログを読んでくれている方で興味がある方がいらしたら

是非お問い合わせのメールをください。

 

 

 

 

 

10日(日)のスンダリで行われた

『 アシュタンガヨーガ ビギナークラス 』

にはマイソールメンバーやスンダリメンバー、

はたまたスンダリに来るのが初めての方も何名も参加してくださり、

( 驚いたのは沖縄のアシュタンガヨガ北谷のフミヤ君からの紹介など)

こちらもとても新鮮なクラスでした!

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

次のタイミングも楽しみにしております!

 

 

今日はまだ続きます。

 

週末に会った方達との話の中で気になったことがありました。

それは

『 マイソールクラスは敷居が高い 』

ということ。

この類の内容はよく書いているので

『 またか! 』

と思う方も多いかと思いますがお許しを。

 

 

アシュタンガヨーガのクラスは

・マイソールクラス ( 超簡単、多分全てのヨーガのクラスで一番簡単 )

・レッドクラス ( かなりハード、初心者は行かない方がよい )

・ビギナークラス ( 先生によるかも。それなりに動くと思われる )

・WS  ( クラス内容による )

などのクラスがあります。

 

こうやって書いてみると、マイソールクラス以外は運動量が多いクラスの為、

これが誤解を生む理由かと思います。

 

たとえば60分のビギナークラスに初心者が参加するとしましょう。

『 ビギナークラス 』とはいえ60分も初心者がアーサナの練習をしたら

( 仮に解説30分、アーサナ30分だとしても )

そりゃ疲れるし、ハードに感じると思います。

 

ですが、マイソールクラスはそんなことはありません。

未経験者は初日は15〜30分ぐらいで終了です。

そんなに短いヨーガのクラスが普通ありますか?

僕は知りません。

そこから各練習生によって各自のスピードで練習量が伸びていきます。

1を覚えたら2

2を覚えたら3

3を覚えたら4

というように少しづつ、無理のないペースで進みます。

 

こんなにも無理なく練習を深められるヨーガのクラスは

通常行われている集団でのクラスではありえません。

なぜなら一般的なヨーガのクラスは集団でのクラスで

マイソールクラスは個別指導だからです。

 

また、経験を積んでいくほどに練習量は増える為、

2時間ぐらい練習をする人もいます。

これまた通常の集団でのクラスではありえません。

一般的にはヨーガのクラスは45分〜90分の長さのクラスが多いと思います。

『 90分では足りなかったので後1時間伸ばしてください 』

なんて普通は無理ですが、

世界中のほとんどのマイソールクラスはクラス時間が2時間以上ある為

自身の練習を深めたい人にももってこいのクラスです。

 

しかも自分の好きな時間にスタートして、勝手に帰ってよし!!

 

 

ふぅ、

 

ちょっと熱くなりましたが、

僕が知る限り最も敷居の低いヨーガのクラス。

すなわちアシュタンガヨーガのマイソールクラスが

未だに大きな誤解を受けていることが多く、

ちょっとでも誤解を解きたいと常日頃思っています。

 

ただ、これだけ簡単なマイソールクラスにも

始めだけ、

ちょっとだけ敷居を高くしている原因と思われるのが、

『 早寝早起きが必須 』

ということでしょうか?

これはすぐにメリットに変わるのですが、

最初は嫌ですかね? 

 

今までの生活習慣より1〜2時間早く寝て、

そのぶん早起きしてもらいます。

いいことなんだけどな〜。

 

そもそも夜遅くまで起きて何してるんですか?

あなたはいくつですか?

もう十分夜を遊びし尽くしたのではありませんか?

もう夜に劇的な新しい発見なんて(あるかもしれないけど)ないですよ。

 

そんなマンネリ化した夜を過ごしていないで、

日の出前のクリアな時間を自分だけの為に使ってはいかがでしょうか?

きっと劇的な発見がありますよ!

 

ふぅ、

 

今日はこの辺で!

 

では!

 

 

 

 

 

 

2017年

12月

05日

同じ時間に練習をしている人たち

 

ナマステ!

 

今年もインドのマイソールでのシーズンが始まり、

SNSやブログではマイソールのことをアップしているのをよく見ます。

僕は今年も日本で過ごしているのでとても羨ましいという気持ちと共に、

KPJAYI での練習がどういうものか知っているので

今日もみんながあそこで全開で練習している、していたと思うだけで

とても大きな刺激を頂いています。

 

そんな時ふと思ったのですが、

今という瞬間は時差はあれど世界中のどこでも今ですよね。

例えばインドのマイソールとは3時間半の時差なので

KPJAYI で4時から練習している方と

(ややこしい話ですがシャラタイムという時差も発生するので約3時間)

日本の朝7時に練習している方は同じ時間に練習しているということですよね。

 

そんなことを考えていたら、

僕は4時から6時まで練習しているので

インド時間の1時から練習しているシャラート師や

2時から練習しているゴアのロルフ師と同じ時間帯に練習しているということ。

 

そう考えたら寒い早朝のスタジオで一人で練習していても

いつもより気持ちが入りました。

 

KPJAYI での練習は一回の練習でも集中力も全然違うし、

シャラート師やアシスタント方に見られていること、

同時に練習している練習生のエネルギーが半端じゃないこと、

他にも様々な理由からとてもいい練習ができます。

 

どこでも練習できるということはヨーガ大きな魅力の一つです。

でもどうしても質は異なります。

 

もちろん毎日練習するだけでも十分だから

質なんてこだわる必要なんてないかもしれません。

 

が、毎日練習することが習慣になった今は

それをわかったうえで、

特別な理由でもない限り

いかにあの練習に近づけるか。

近づく為に努力するか。

というのは僕の個人的なテーマです。

 

誰もいないスタジオで一人で練習していると

誰もいないから集中できない時もあって当然と思うのか、

 

今、この時にシャラート師やロルフ師も一人で練習している。

と思うのでは全然違う効果があることを知りました。

( そう思うだけで相当贅沢な時間に感じる。)

 

そして今日もKPJAYI では同志達が全開で練習しているという事実は

僕にとって強烈なスパイスです。

 

人生は常に今の積み重ねであり

常に今日の積み重ね。

一日中ずーっと今を懸命に生きることは僕には到底無理ですが、

せめてマットの上だけでも集中した今を積み重ねていこうと思います。

 

 

 

 

2017年

12月

03日

12月10日(日)はスンダリにてワンコインレッスンが開催されます!

 

ナマステ!

 

先週の金曜日は息子をマイソールクラスにデビューさせてみました。

細かく言うとキャメロンが来ていた時に一度来ているので2度目なのですが、

金曜日は比較的生徒さんが多いので、

今後もケイコと康平にも来てもらう予定です。

 

そして先日も書きましたが、

明日12月4日(月)は満月の為マイソールクラスはお休みになります。

皆さんお気をつけてくださいね!

 

また火曜日から楽しんでいきましょう!

 

 

 

そしてそして

10日(日)はスンダリにて

ワンコインレッスン & ポットラックパーティーが開催されます!

その為午前中のレッドクラスはお休みになりますが、

午後から

『 アシュタンガヨーガ ビギナークラス 』

を行いますのでタイミングが合う方は是非ともご参加ください!

 

 

 

 

以下スンダリのFBページから抜粋

 

日頃の感謝の気持ちを込めて、今年もワンコインレッスン&ポットラックパーティーを開催します。

・日時 12月10日(日)4クラス開催

・参加費 1クラス 500円(要予約、当日払い)


〜スケジュール〜

①10:30〜11:45 八支則&アライメントフロー(ユウ)

ヨガのポーズは、身体がニュートラルな状態からとることで、 初めてその効果が最大限発揮されるように出来てます。
各関節の可動域の広げ方と実践を通して、 身体をニュートラルに使うことの大切さを、ポーズ&ヨーガ哲学の八支則の双方を用いて、深めてい来ましょう。


②12:15〜13:30 アシュタンガヨーガ ビギナークラス(セイヤ)

このクラスででは、アシュタンガヨーガの練習のポイントになる 呼吸、ドリシュティ(視点)、ヴィンヤサについて解説をした後に アシュタンガヨーガのアーサナを行なって行きます。
普段練習している方はもちろん、アシュタンガヨーガが初めての方でもご参加いただけるクラスです。是非この機会にアシュタンガヨーガを体験してください!


③14:00〜15:15 ハタフロー(キョウコ)

フローでの動きを繰り返す事で、一つ一つのアーサナを深めていきます。
いろいろなアーサナにチャレンジしてみましょう!


④15:45〜17:00 プラーナヤーマで体の内側からポカポカ温めヨガ(ミナ)
体幹を使ってしっかりと呼吸をしながらポーズを取ることで内側さら身体を温め、体幹を鍛えて身体を歪みを整える、痛みのない体つくりをして新しい年に備えます。




そして、夕方からはポットラックパーティー♪

・参加費 お一人 1000円(要予約、当日払い)

17:30〜受付開始、18:00スタート。
何か食べ物を一品お持ちください。ドリンク類、食器はこちらで用意いたします。


インストラクターとメンバーさん達と毎回盛り上がる会です♪
ヨガ仲間との輪を深め、一緒に楽しい時間を過ごしましょう!



どなたでもご参加いただけます。
予約はスタジオでの受付、またはメール、お電話でどうぞ
MAIL info@yoga-sundari.com
TEL 078−381−9513

 

 

 

 

 

 

ポットラックパーティーには清水家で参加するので

是非皆さんもおこしくださいね〜!

 

 

 

12月3日(日) レッドクラス  am 9:39 / 9:49