SEIYA SHIMIZU

 

お問い合わせ

 

am 9:00 〜 pm17:00

090 9983 1193

 

ashtangayogakobe2015@gmail.com

 

・アシュタンガヨーガについて

・マイソールクラスについて

・レッドクラスについて

・メッセージ

・お仕事のご依頼 など

気になることがありましたらどんなことでもかまいません。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

Work Shop     Event Class    Irregular Class

2018

 

Ashtanga Yoga  / 兵庫県高砂市

『 アシュタンガヨーガ入門クラス 』

8月5日(日)  13:00 〜 14:30

8月19日(日) 13:00 〜 14:30

 

 

Ashtanga Yoga WS / ヨガアカデミー大阪

8月17日(金) 13:00 〜 15:00

『 基礎から学ぶアシュタンガヨガ 〜 呼吸と太陽礼拝 〜 』

 

 

Ashtanga Yoga WS  / 山口県

8月18日(土)

① 『 アーサナを深めるための基礎と応用 』

  12:00 〜 14:00

② 『 ハーフプライマリーレッドクラス 』

  14:15 〜 16:15

③ 『 質疑応答 & 懇親会 』

  〜 17:00

 

 

華麗なるアシュタンガヨガ / たかちゃん健康研究所 広島県広島市

9月29日(土)

 

清水誠也 アーサナWS  /  WORLD FLOWERs  大阪なんば

10月13日(土)

 

① 『 太陽礼拝 』

13:30 〜 15:30

② 『 基礎の応用 』

 16:00 〜 18:30

 

 

 

 

 

6月7月はインドに行く為、

清水誠也の全てのクラスは

嶋田有希先生の代行になります。

是非この機会に有希先生のクラスをご堪能ください。

代行中の有希先生のスペシャルクラスはこちら!

 

7月15日(日)

13:15 ~ 14:45

兵庫県高砂市

 『 アシュタンガヨーガ・ビギナークラス 』

 

7月22日(日)

13:15 ~ 14:45

兵庫県高砂市

 『 アシュタンガヨーガ・ビギナークラス 』

 

7月28日(土)

15:00 ~ 17:00

Studio SUNDARI    神戸元町

嶋田有希WS  『 実践のヨーガ 2 』

 

 

 

 

詳細はこちらをクリック!

 

 

昨年神戸で大好評だったニュージーランドのキャメロン先生が

今年も日本ツアーで神戸にやって来ます!

 

キャメロン・日本ツアー

8月22日(水) 〜 25日(土)

神戸市元町 studio SUNDARI

 

22日 〜 25日

am 6:00 〜 9:00

『 マイソールクラス 』

 

25日(土)

15:00 〜 18:00

『 アシュタンガヨーガ WS 』

 

詳細はこちら

 

 

 

Regular class

 

 

SUN   

 

『 Primary led Class 』        / Studio SUNDARI

am 9:00 〜 10:30   

 

 

 

 

MON 〜 FRI

 

『 Mysore Class 』      /  Studio SUNDARI

Door open   am 4:00 

6:00 〜 9:00 

 

 

Blog

2018年

7月

19日

7月19日(木)のこと。

 

ナマステ!

 

相変わらず今日の練習のことを思い出すと

カポーターサナとバックベンドについてになっていまいます(笑)。

アシュタンガヨーガのアーサナのクライマックスは

バックベンド(後屈)なんですが、

僕は最後のアーサナもカポーターサナ(後屈)なので、

超後屈の直後に超後屈をします。

 

なので、カポターサナでの感覚がそのままバックベンドに繋がります。

これってかなりやっていて楽しいです。

 

そして、今日(木曜日)の気づきは

『 まだ伸ばせていないところがある。』

ということ。

 

カポーターサナもバックベンドも全身を満遍なく使わないと

できるはずがないようなアーサナなんですが、

どうしても意識しやすいところに頼りがちになり、

全身を均等に満遍なく伸ばすって僕にはとても難しく感じています。

 

そんな中で、今日は今まで伸びていなかったところが伸びて、

新しい感覚が芽生えました。

『 こんなところにこんな感覚がある!

  今までの人生で一度も伸ばしていなかったところだ! 

  これだー!! 』

と脳内で興奮してカポーターサナを終え、バックベンド。

 

確実に今までよりも伸びた分、

今までよりも踏ん張れた感覚。

きっと見た目はそんなに変わっていないだろうけど、

内側は今までとは良い意味で違う感覚を得ました。

 

明日の練習で今日の感覚を再確認するのがとても楽しみです。

 

 

 

さて、その後のアシスタントの時間でもとても嬉しいことがありました。

それは僕がよくバックベンドを担当する中国人のおじさんなんですが、

( たぶん50代 )

彼はドロップバックはできるけど、

カムアップができなくて、

いつもカムアップ3回をちょっとだけ手伝っていました。

そして、今日の2回目ではほんのちょっと触っただけでカムアップできたので

3回目は触らずに見ていたら、初めてカムアップできて、

二人で喜びを味わいました。

やっぱり、初カムアップの瞬間を共有することはとても嬉しいです!

なんと言っても、おじさんが超嬉しそうでした!

 

アシスタントも3週目。

3週も練習を見させてもらうと、とても多くの変化と変容、練習生の成長をみます。

そして僕も練習生のことを少しづつ知ってきたし、

練習生も僕のことを少しづつ知ってくれてきています。

僕自身練習に夢中になっているように

シャラにいる一人一人が夢中で練習しているので、

それだけのエレルギーとドラマに包まれて、

めちゃくちゃ疲れるけど、

それ以上のポジティブなエレルギーを頂けています。

 

実は1週目はみんなのエネルギーが強すぎて圧倒されてしまったけど、

少しづつ慣れてきて、練習生が放つエネルギーが消化できるようになったような、

自分のモチベーションの燃料にできるようになってきている感覚です。

 

 

と、実はここまでは木曜日に書いたんですが、

康平の体調が悪化し、

病院に行くと入院することになりました。

 

一旦区切って、経過を連続で投稿します。

 

2018年

7月

17日

今度は発熱

 

ナマステ!

 

日本はとんでもなく暑いようですね。

こちらインドは最近はモンスーン(季節風)の影響の為、

風が強いし、少し肌寒く感じています。

雨期と言っても6〜10月までの5ヶ月間もあるので、

雨期の中でも気候の変化があるようです。

 

そのせいか?

康平が熱を出し4日目になるので、今日は子供病院に行ってきました。

風邪と診断されシロップの薬をもらい、とりあえず様子をみています。

本人はいつも笑顔なんですが、

おっぱいばかりでご飯を食べないので元気がなくなっています。

きっと赤ちゃんが熱を出すなんて当たり前のことなんだろうけど、

初めてのことなので、いちいち心配しています。

 

病院の帰りにお腹が空いたのでお昼を食べに行くと、

アシスタントでお世話になっている

アメリカのヴィヴィアンと旦那さんのエリックが後からきて相席しました。

二人の娘さんは現在20歳になり、今は一緒にインドには来ていないけど、

やはり子供の頃には一緒にマイソールに来ていて、病気の度に心配したそうです。

さらに彼らが来ていた頃のインドはもちろん今よりもはるかに過酷だったようです。

そして過酷が過酷じゃなくなったのはインドの発展と衛生状態の向上はもちろんですが、

もう一つ大きなな理由としてスマホの存在が大きいと思います。

 

例えば、今回の発熱ももちろんスマホを使い

( 1日1、5GBまで毎日使い放題、通話し放題3ヶ月プランで1000円 )

・1歳未満の発熱について調べる。

・日本のママ友にラインで聞く。

・以前インド人から薦められた子供病院の地図を写真のフォルダから探し、

・グーグルマップで検索

・病院の先生とは辞書と翻訳アプリでやりとり

とスマホ一つでほとんどのことができてしまいます。

 

ちなみに、2年前はすでにsimフリースマホをインドで使っていたけど、

3年前は僕はまだwifi環境が整っているところだけでの利用でした。

そういえば2012年の時点でもsimフリーiPhoneを使っている日本人もいました。

2018年現在はほとんどの人が現地の格安simを利用してインドで生活しています。

メルカリで1500円ぐらいから買えるから、持ってこない理由がないですよね。

 

ちょっと便利ついでに話がズレますが、

『 Uber  』ってタクシーを探すアプリがあるんですが、

目的地を入れると料金と、何分以内で迎えにくるかが表示されます。

しかもタクシー(自動車)なのに、リキシャ(ドアなしの三輪車)よりも安いのです。

もちろん、料金が表示されているので価格の交渉やぼったくりもありません。

マイソールは日本と比べるとめちゃくちゃ空気が悪いので

多分もう僕は家族での移動でリキシャを利用することはないでしょう。

 

こういった便利になることで窮地に立たされる業界もあれば

潤う業界もあることでしょう。

便利になることが良いことなのか?

悪いことではないと思うけど、

良いことだけでもないでしょう。

 

リキシャに乗る楽しさが無くなったり(実際乗ると楽しい)、

不便さがもたらすインドの楽しさが減ると思う人もいることでしょう。

 

 

インターネットとスマートフォンのおかげで、

世界中がとんでもなく便利になって、

人間のライフスタイルがものすごいスピードで変化していることを感じます。

00年代と10年代で大きく違うように

後数年で迫ってくる20年代はどんな時代になるのか

僕には想像もできません。

 

と僕の悪い癖で話が二転三転、

落ちどころを見失って来たので今日はこの辺で。

 

早く康平が元気になることを祈ります。

2018年

7月

15日

6月・7月のマイソールの気候について

 

ナマステ!

 

今日は題名通りですが、6・7月のマイソールの気候について書いてみます。

通常 KPJAYI のオープン期間は10〜3月の為、

6〜8月の雨期のマイソールに来ることは少ないと思いますが、

将来的に6〜8月にオープンする可能性もあるし、

サラスワティ先生のクラスに参加する方もいるかと思うので、

この時期のマイソールに来る方の参考になれば嬉しいです。

 

まずは雨ですね

5月末〜6月上旬は夕立が多かったのですが、

いつのまにか夕立も少なくなってきていました。

日中に雨が降ることは多いのですが、

一日中雨が降り続けた日はほんの数日で、

そこまで雨が苦にはなっていません。

ですが、毎日ランダムにパラパラ降るし、

時に大粒の雨が洗濯物を濡らします。

僕が一番心配していたのは洗濯物が乾かないこと。

または半乾きの匂いが残ることでしたが、大丈夫でした。

理由は3点。

① 干せる時間帯がある。

② 速乾の服がほとんどの為すぐに乾く

( いわゆるヨガブランドや・アウトドアブランドの洋服です。)

③ 部屋干し用洗剤を日本から持って来た。

 

②の乾きやすい服は好みの問題もあるでしょうが、

半乾きの匂いの服よりは個人的にはましだと思っています。

Tシャツは10分もあれば乾きます。

 

③の部屋干し用洗剤は日本から一箱持って来ましたが、

まだ半分ぐらい余っています。

2018年のマイソールには部屋干し用洗剤は売っていないので

日本から持って来た方がいいでしょう。

この1ヶ月半で数日でしたが、外に干せない日があり、

とても助かりました。

 

傘などの雨具について

まず、個人的は傘は必須ですかね。

ちなみに僕は外国に行く時は必ず折りたたみ傘は持っています。

それは日本の家から空港や、トランジットの国で雨が降っている可能性があるからです。

もちろん、今回の雨期のマイソールでも重宝しています。

 

バイクに乗ることも考えて、

ゴアテックスの雨具上下も持って来ましたが、

まだ一度も使っていません。

『 ポンチョが便利だよ。』とアドバイスを頂きましたが、

シャラまで歩いているので、今回は傘だけで事足りました。

これがシャラまでバイクの方はポンチョがあった方が便利だと思います。

 

ただ雨については日本同様その年によってかなり違うので、

いっぱい降る年もあれば、そんなに振らない年もあるでしょう。

 

 

続いて気温。

平均気温が何度か測っていないのでわかりませんが、

とても過ごしやすい気温です。

1〜3月のように暑くないし、

そんなに寒くもないです。

ですが、ダウンかフリースは1枚持って来た方がいいと思います。

まず、マイソールは標高が700mぐらいあるので、

高尾山や六甲山の山頂のイメージです。

朝晩はそれなりに寒いですよね。

また、1〜2ヶ月の滞在で体調を崩す可能性もあるので、

そういった時に洗えるフリースがあった方が便利です。

ダウンは洗えないから、僕はフリース派です。

 

日中はTシャツで過ごしていますが、短パンってほどの暑さではないです。

僕は7部丈のパンツで過ごしていて丁度良いです。

長ズボンは早朝の練習の時と飛行機移動の時だけなので

1本しか持って来ませんでしたが、これぐらいの涼しさならもう1本あっても良かったかも。

この辺は人それぞれですかね。

シャツがないと涼しい日も結構あります。

なので、11〜12月のマイソールに似ているように感じます。

 

ロンT2枚、シャツ2枚持って来ましたが、丁度良かったです。

ただ、なぜかレギンスを持ってこなかった為、

次回は必ずレギンスも1〜2枚持って来ようと思います。

睡眠時寒いんですよね。

 

余談ですが、僕は海抜0mのゴア、しかも2〜4月の暑い時期を過ごした頃は

必ず手袋を持って行きました。

なぜか早朝がとても寒く、手袋をしないとバイクの運転が大変だったからです。

早朝にバイクを10分以上運転する可能性がある場合は手袋は必須です。

 

 

食べものについて

何かシーズンで違うかな?と思っていたけど、

マンゴーがあるぐらいで他は僕には違いがわかりません。

くれぐれもマンゴーの食べ過ぎにはご注意を(笑)!

 

 

蚊について

今回一番心配したのはデング熱でした。

僕は今シーズンはかなり病院に行っているので、

デング熱のことも先生に聞いていますが、

マイソール市内では感染者はいるけど、ゴクラムにはいないとのこと。

そしてやはり7月まではまだ流行らないようです。

これもその年によって違うと思うので毎年ご注意を。

僕は今回とても大きな蚊帳を持ってきていて、

それはとても重宝しています。

病気を持っていないとしても蚊がいる部屋での睡眠はとても不快ですよね。

以前蚊に睡眠を邪魔されたシーズンがあったので、

これも家の作りなどによるでしょうが、蚊帳は便利です。

 

また、日本から

『 ワンプッシュで蚊を寄せ付けない! 』

スプレーを持って来ましたが、あまり効いていません・・・。

現地で購入できるベープで十分だと思います。

 

以上、今僕が思いつく気候についてですが、

僕が例年来ていた12〜2月と比べると

6〜7月の方が圧倒的に過ごしやすいです。

やはり暑くない。ということと、

毎日雨が少し降るので、ホコリが舞いにくいという点です。

インドの空気の悪さは半端ではないので、

僕にとってはかなりストレスでした。

 

 

ちなみに8月のことは全くわからないので、

8月のマイソールを検討中の方は8月経験者に聞いた方がいいですよ。

8月からはいよいよデング熱シーズンらしいので

もっと蚊の対策をしっかりした方が良さそうですね。

 

 

 

雨期のマイソールは緑満載。そして様々な花が咲いています。

2018年

7月

14日

カンファレンスについて

 

ナマステ!

 

今日は週の最後のレッドクラスでの練習でした。

週の最後の練習はどのシリーズを練習している生徒でも

全員プライマリーシリーズを練習します。

何年も何十年も練習しているメンバーでのプライマリーレッドクラスは

とても穏やかな雰囲気に感じました。

 

そして、シャラタイム am 9:30からは

シャラジのカンファレンスがありました。

( 基本的には毎週ある。)

 

話は少し変わりますが、

現在はシャラジはレッドクラスやカンファレンス( 講話と質疑応答 )

ではマイクを使用していますが、

それは2〜3年前からで、それ以前はマイクなしでそのままカウントやお話をしていました。

その為、シャラジの近くに座らないと聞き取れなくて、

更に英語が苦手ということもあり、

カンファレンスのお話の内容をあまり理解することができなかったのですが、

現在はマイクを使用しているので、どこに座っていても聞こえるし、

英語にも慣れてきて、カンファレンスでお話を聞けることがとても良い経験になっています。

 

少し前のブログでも書きましたが、

カンファレンスの内容をSNSやブログでアップすることは禁止されています。

メモを取ることも禁止されています。

以前は録音して文字起こしをしたものがFacebookに上がっていることがあったので、

それを禁止したのかもしれません。

 

何が言いたいかというと

『 禁止されているけど、皆さんに伝えたい! 』

ということなんですが、

文字起こしみたいなきっちりしたものではないので、

『 こんなことを言っていた。』

程度のことはこれから小出しにしてみようかと思います。

もし、この件に関して

『 それはダメでしょ! 』というご意見があれば是非直接ご意見をください。

僕もダメと思う面もあるし、書き方によっては良いのでは?

と思う面があり、ずっと悩んでいます。

 

 

 

今日はドリシュティについて細かくお話されていました。

9つの視点の位置や間違えやすいアーサナの話。

難しい場面での簡単ヴァージョン。

そして、核心は

『 9つの部位を見ているようだが、ドリシュティで見ているのは自分自身だ。 』

とおっしゃっていました。

そこから更に深いお話に入っていきました。

( その話はクラスやWSでシェアしますね。)

 

僕が今シーズン特に感じていることは、

シャラジは質問の答えを細かく説明してくれるようになったように感じます。

以前は冗談を言ってはぐらかすこともあったのですが、

今シーズンは冗談も言うけど、しっかり説明してくれます。

 

例えばバックベンドで毎日足首をつかまされる(つかませていただいてる?)

ことについては、何年か前は

『 Just Fan !』

と言ってみんなが笑って終わりでしたが、

今シーズンも同じ質問があり、その時は質問者に

 

シャラジ

『 つかみに行く時、つかんでいる時に何を考えている? 』

質問者

『 何も考えることができません。呼吸のことで精一杯です。』

シャラジ

『 それでいい。何も考えずに呼吸に意識を向ける練習の為だ。』

 

というやりとりがあり、

その後にもかなりこれについての補足をお話してくれました。

毎日足首をつかみにいくことはシャラジを楽しませる為ではなかったのです(笑)。

 

 

どうしてもヨーガ練習というとアーサナのことをイメージするかと思いますが、

( 実際にアーサナの練習をしている。)

昨日も書いたけど、

アーサナの練習を通して、様々な変化と変容を体験します。

それはすごく個人的なことで、

誰かが変わりに練習することはできないし、

誰かの経験を自分のものにすることもできません。

そして、長い年月がかかるし、終わりもありません。

また、自分自身で経験したことは誰にも奪われることはありません。

 

この経験を一日でも長く、

そして思い切り楽しんで続けて行こうと思います。

 

 

 

 

 

2018年

7月

13日

心の成長について

 

ナマステ!

 

今日はムーンデイの為練習はお休みです。

もうここでの練習も残すところ約2週間となりました。

 

僕の日課の一つにブックマークしているブログを読むということあるのですが、

木下景子先生のブログ『 身体の限界はある、心に限界はない。』

を読んでハッとして、この二日間は自分の心について考えていました。

 

どこか抜粋しようと思ったけど、
全文を読まないと誤解を生みそうなので抜粋できませんでした。
ぜひ全部読んでください。

 

 

僕は今までの人生で、『 頑張る 』とか『 努力 』をせずに大人になってしまい、

( 学校や職場で強制的に頑張らさせられたことはある。)
『 努力 』とは無縁のことに打ち込んだことはあるけど、
それはただ楽しいだけで、
ただ楽しいだけの日々に楽しさの限界を感じていました。
だから自分の意思で何かを頑張ったり、
努力することに憧れを抱き、
そして、アシュタンガヨーガに出会い
初めて真剣に何かに打ち込める人生を歩めて、
ヨーガという生き方に気持ちが高まっていっている最中です。

 

だけど、心にはもっと様々な感情や働きがあって、

頑張ることや努力という性質の気持ちを使った時に現れている
もっと違う感情や思いにも意識を向けていかないと
偏った主観で自分の世界を作り上げてしまうし、
視野が狭くなってしまいますよね。
時に心の成長のチャンスを潰してしまうことも。

 

( ちょっと誤解を生みそうな文脈になってきたので補足ですが、
あくまで練習中の一番のテーマはトリスターナという呼吸と視点を定めるテクニックを用いて、『 集中 』することとしています。
で、僕の中での頑張ることや努力とは
バックベンドやカポーターサナでの最後の一押しと一呼吸や
ウップルティヒでお尻が着きそうになってからのもう一呼吸です。
それ以外のほとんどは頑張ることを手放して、集中することを意識しています。)

 

それを踏まえてあくまで僕なりにですが、
今回のインドではアーサナの練習を頑張っています。
( 身体に痛みがないので。痛みがあったシーズンは全く別のテーマで過ごしていました。)
だけど、痛みがない時に頑張ること自体は思っていたよりは簡単で、
( 前回のブログでは挫けた時のことを書きましたが )
昨日という判断基準があるから
ただ毎日昨日の自分よりもやるだけです。
それが強くなるポイントだと思っていたし、
練習を通して強くなりたいとも思っていました。
だけど、そこから生まれる、もしくはその時に元々存在していた感情には
見向きもせずにいました。

 

昨日、一昨日とその感情がどんなものか見ようとしたけど、
今まで見ようとしてこなかった感情だったので、
それがどんなものかはわかりませんでした。
が、そこに何かはいました。
本当にちょっとづつではあるけど、
ヨーガという実践は自分について様々なことを教えてくれます。
けど、それには師や先生が必要です。
自己解釈のみでの学びと実践は
それこそ独りヨガリ。
景子先生やシャラジの一言がないと
( 今回のような景子先生のブログとか )
火の付いたやる気というエネルギーは
時にコントロールができなくなってしまうようにも感じます。
すでに僕は全開を出しきらなくては満足できないようになっているし、
満足感を得る為の練習になっていました。
まして、僕のようにそれが良いことだ!
自分の為になることだ!
という思いが強くなればなおさらです。

 

心の成長の為にももっと自分の心に意識を向けてみます。

 

アーサナの練習を通してヨーガという生き方に出会いましたが、
アーサナの練習をすればするほどに
アーサナの練習をしている訳ではないということを思います。

 

僕とケイコは幸運にも最初のアシュタンガヨーガの先生が木下景子先生で
10年経った今でも見守ってもらっていますが、
皆さんも素晴らしい先生に出会えるといいですね。
景子先生のブログからのヒントを僕なりに模索していくこと。
答え合わせはないけれど、
きっと僕の道筋が少し危うくなってきたら
また道しるべを差し伸べてくれることでしょう。

 

残り2週間、少し視野を広げて挑戦を続けていこうと思います。

 

少し髪の毛を整えて気分転換

 

 

 

過去ブログ