SEIYA SHIMIZU

 

お問い合わせ

 

am 9:00 〜 pm17:00

090 9983 1193

 

ashtangayogakobe2015@gmail.com

 

・アシュタンガヨーガについて

・マイソールクラスについて

・レッドクラスについて

・メッセージ

・お仕事のご依頼 など

気になることがありましたらどんなことでもかまいません。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

満月・新月の日はマイソールクラス はお休みになります。

10月25日(木)

11月 8日(木)

11月23日(金)

12月 7日(金)

12月23日(日)

 

 

 

 

 

Work Shop     Event Class    Irregular Class

2018

 

Ashtanga Yoga  / 兵庫県高砂市

『 アシュタンガヨーガ入門クラス 』

10月21日(日) 13:15 〜 14:45

 

 

Ashtanga Yoga WS   / ルルレモン  大阪

10月27日(土)

13:00 〜 14:00

『 さらに深いところへ 』

 

 定員に達した為、キャンセル待ちです。

 

 

Ashtanga Yoga  / 兵庫県高砂市

『 アシュタンガヨーガ入門クラス 』

10月28日(日) 13:15 〜 14:45

 

 

Ashtanga Yoga WS   / ルルレモン  大阪

10月31日(水)

11:00 〜 12:00

『 太陽礼拝からはじめよう! 』

 

 定員残りわずかです。ご予約はお早めにお願いします!

 

 

SORA YOGA  / 神戸市垂水区

11月10日

10:00 〜 12:00 

『 太陽礼拝を深めよう 』

 

12:30 〜 14:30

『 アーサナWS 基礎の応用 』

 

2クラス共に定員に達した為キャンセル待ちです。

 

 

Ashtanga Yoga WS   / ヨガアカデミー大阪

11月18日(日)

13:00 〜 15:00

『 基礎から学ぶアシュタンガヨガ 〜呼吸と太陽礼拝〜 』

 

 

Ashtanga Yoga WS  / ヴィオラトリコロール 三宮

11月23日(祝金)

13:45 〜 15:45

『 はじめてのアシュタンガヨガ 』

 

Regular class

 

 

SUN   

 

『 Primary led Class 』        / Studio SUNDARI

am 9:00 〜 10:30   

 

 

 

 

MON 〜 FRI

 

『 Mysore Class 』      /  Studio SUNDARI

Door open   am 4:00 

6:00 〜 9:00 

 

 

Blog

2018年

10月

16日

練習の一番の敵はやっぱり・・・。

 

ナマステ!

 

ギックリ腰の為今朝の練習はかなり慎重に行いました。

どんな動きが痛いのか、どのように痛いのか、

どれが痛くないのかなど、丁寧に慎重に練習しました。

前屈も後屈もほとんど動かないけど、

その他の動きは以外にも動きました。

ジャンプバック、スルーなども痛いなりに動けるやりかたを探し、

痛くないところで練習している分には

結局はなんでもできることを確認できました。

それでもできないアーサナがいくつもあったので、

いつもより30分ほど早く、

約100分で練習が終わりました。

 

実は日曜日のレッドクラス 中に頭痛があり、

月曜日も体調が良くなかったのですが、

ギックリ腰後に全ての意識が腰にきたせいか、

体調が良くなりました。(笑)

こういうのも人体のおもしろさかな?

 

 

そして題名の『 練習の一番の敵は 』ですが、

やっぱり睡眠不足ですよね。

これは確定じゃないでしょうか?

これも個人差があるのかな?

 

・痛みや怪我

・体調不良

・睡眠不足

・強烈なストレス

が僕の4大練習の邪魔ものなんですが、

順位を付けるなら

1、睡眠不足

2、体調不良

3、強烈なストレス

4、痛みや怪我

です。

 

並べてみても睡眠不足がぶっちぎりで嫌だなぁ。

結局8時間以上寝れたらどんな状況でも練習したくなるんですが、

5時間しか寝れないと、練習より睡眠を取りたくなっちゃいます。

( 練習するけどね。)

 

ギックリ腰なんて靴下を履くのすら大変なほど腰が動かないのに、

練習はできないなりに、できない練習を楽しめるけど、

どこも痛くなくても眠い時の練習は嫌になってきます。

 

極端な意見になってしまいますが、

結局睡眠時間さえ確保できれば

練習を楽しめるし、

練習が楽しめると人生も楽しめると信じています。

 

という訳でおやすみなさい☆

 

 

 

 

 

 

 

2018年

10月

15日

ゆっくり腰

 

ナマステ!

 

土曜日は沢山の方にWSにご参加いただき、本当にありがとうございました!

ご参加頂いた皆様、オーガナイズしてくださったマスミ先生に大感謝です!

 

今日は時間がないのでレポートはまた明日。

 

さて、今日はマイソールクラス 中に

なんの予兆もなく、ゆっくりとギックリ腰になりました。

名付けて「 ゆっくり腰 」。

症状はギックリ腰を同じですが、ギックリしなかったです。

 

幸い軽い感じで歩けるので、ご心配なく。

ですが、動きは非常にスローなので

皆様ご理解のほどよろしくお願いいたします!

 

 

康平は元気すぎて顔中傷だらけです。

( 先月は右のおでこを4針縫い、先週は左のおでこを擦り剥き、

  今回はおでこ真ん中と鼻と口からアスファルトに着地。) 

2018年

10月

12日

レッドクラス について

 

ナマステ!

 

 

さて、週末はレッドクラス を行なっているスタジオが多いので

今日はレッドクラス について。

 

レッドクラス は『 lead  』リードの過去形?過去分詞?で『 led  』です。

( 先導する。案内する。)

赤いクラスではありません。(笑)

 

生徒が自立して練習するマイソールクラス とは違い

講師のカウントに合わせて行う集団クラスです。

一般的には講師はサンスクリット語で動きの数だけ数字を数えながら、

英語でクラスを行います。

 

レッドクラス の良いところは

呼吸のタイミングや細かい動きの確認ができること。

アーサナの順番や練習のスピードを確認できること。

アーサナの名前を聞けること。

 

マイソールクラス での練習では

どうしても無駄な呼吸をしてしまったり、

自分の都合の良い練習をしてしまうこともありますが、

レッドクラス は集団クラスなので、

自分の都合では動けません。

 

レッドクラス はよく誤解を受けます。

それは

『 先生のカウントに合わせて練習するから未経験者向き 』

そんなことありません。

先生のカウントに合わせるのって最初は大変です。

 

アシュタンガヨーガの指導をしている先生は

マイソールクラス とレッドクラス の2クラスで指導しているので、

レッドクラス に参加したい人は先生に相談することをお勧めします。

もしもあなたが太陽礼拝しか覚えていなくても

先生に相談さえしていれば無理なくクラスに参加することができます。

それは先生が途中で

『 あなたは今日はここまで、この先は見学してください。』

と言ってくれるからです。

 

よく耳にする

・アシュタンガヨーガは経験者向き

・敷居が高い

・ハード、辛い

・全身筋肉痛になった

などのネガティブな声はほとんどの方が

アシュタンガ未経験でレッドクラス に参加した感想です。

 

これまたよく耳にする

・アシュタンガヨーガは未経験者向き

・敷居が低い

・誰でも簡単にできる

などのポジティブな声のほとんどはマイソールクラス に参加した感想です。

 

そして、上記しましたが、アシュタンガヨーガは

マイソールクラス とレッドクラス の2クラスで実践する流派なので、

どちらのクラスにも参加した方が良いです。

ヨーガが未経験者はまずはマイソールクラス から初めて、

動きに慣れて来たら積極的にレッドクラス に参加しましょう。

順番を覚えるスピードが格段に上がります。

そして、未経験者も1週間でもマイソールクラス に通ったあなたはすでに経験者。

先生のカウントに合わせ、自分が普段しているところまで一緒に練習をしましょう。

それは上記したように太陽礼拝だけでも問題ありません。

太陽礼拝が終わったら、5〜10分見学して帰っても問題ありません。

( スタジオによっては問題があるかも。笑。AYKBでは問題なし。)

 

 

ちなみにインド・マイソールのKPJAYI ではレッドクラス は

必ず週に2回行われます。

例えばムーンデイが重なってもマイソールクラスの代わりにレッドクラスが行われます。

 

レッドクラス では集団で全員が同じタイミングで吐いて、

同じタイミングで吸うので、

呼吸の大合唱を聞くことができます。

マイソールクラス 、他の流派のヨーガではなかなか味わうことができない

グルーヴを味わうことができ、僕も何度鳥肌が立ったことか・・・。

先生のカウントと仲間の呼吸に引っ張られる練習もとても気持ちが良いものです。

 

という訳で、毎週日曜日の9:00 〜 10:30は

フルプライマリーレッドクラス を開催しております。

是非積極的にご参加ください。

 

そして、未経験者の方で気になる方は是非お気軽にお問い合わせくださいね!

皆さん、良い週末を!

 

 

 

 

 

ブログには写真を載せよう!

といつも思うのですが、残念ながらマイソールクラス中に写真を撮る余裕がありません。

それはとても嬉しいことにのマイソールクラスが超盛り上がっているからです!

という訳で久しぶりの今日の康平 ⭐︎

もうすぐ1歳3ヶ月。大きなったでしょ!?

2018年

10月

10日

10月13日はなんばのWORLD FLOWERs さんでWSが開催されます!

 

ナマステ!

 

前回、前々回とマイソールクラス について書きましたが

今日はWSについて。

 

ヨーガで言うところのワークショップとは

イレギュラーのスペシャルクラスです。

日頃のマイソールクラス やレッドクラス では流れをできるだけ止めずに指導するので、

一つのテーマで事細かに説明できない場面の方が多いのですが、

( それはそれでマイソールとレッドの魅力でもある。)

WSではテーマを決めてそのテーマについて徹底的に解説と実践を行うので、

やはり特別感もあるし、とても勉強になることが多いです。

僕もWSを受講するのは大好きです!

抽象的なクラス名ではなく

よりテーマがハッキリしているので、

受講者全体の雰囲気もレギュラーのクラスよりも統一感があるようにも感じます。

 

実際僕に関して言えば、

レッドクラス 、レギュラーでのアシュタンガ初心者クラスでは

時間が限られているので踏み込んだことは伝えれないことも多いです。

というか解説よりも身体で覚えてもらうので、

踏み込んだことはあまり伝えないようにしています。

 

マイソールクラス では伝えていますが、一度に多くのことを言わないので

例えば太陽礼拝だったら

・チャトランガダンダーサナ

・アップドック

・ダウンドックの3つの動きを連続で伝えたりすることは少ないです。

また、もし太陽礼拝について指導したら

数日は様子をみるので、他に気になることを全部修正するなんてことはありません。

書いてみて思いますが、少しづつ、じっくり練習に取り組めることはマイソールクラス の良いところですね。

そして、マイソールクラスでのアシュタンガヨーガの実践は

『 先生に教わる 』というよりも

『 自分自身の体験を通して自分で見つける 』

というニュアンスの方が強いと僕は感じています。

 

 

さて、今週の13日(土)は大阪市なんばのWORLD FLOWERs さんにて

『 太陽礼拝を深めよう!』 2時間

『 アーサナWS 基礎の応用 』 2時間半

を行わせて頂きます!

 

これはWSじゃないとできないクラス内容です。

僕が今まで経験したことを全て出し切ります!

 

普段のクラスで小出しにしていたことを

全て関連付けて解説し実践するので、

受講者の点と点を繋げていきます。

 

WSはその場をがんばるクラスではなく、

普段学びにくいことを学び、

受講後の日々の練習の糧になるべきだと僕は思っているので、

皆さんの日々の練習が受講後はより深まるように、

そして、練習がより楽しくなるように

全開でクラスを行わせていただくので

是非ご参加頂けたら嬉しいです!

 

待ってますよ〜!!!

 

 

ハンドスタンドもやりますよー!

2018年

10月

09日

マイソールクラス について ②

 

ナマステ!

 

今日は新月の為、朝のマイソールクラス はお休みでした。

新月と満月の日はアシュタンガヨーガ実践者は練習を休みます。

 

さて、前回マイソールクラス について書きましたが、

今日も続きを書いてみますね。

 

アシュタンガヨーガではシークエンス( ポーズを練習する順番 )が決められていて、

一つづつ覚えながら進めていきます。

が、時々(もしくは連続で)難しいアーサナが登場します。

アシュタンガヨーガのシークエンスでは

今行なっているアーサナができるようになると

次のアーサナを練習する準備が整います。

仮に難しいアーサナを飛ばして次のアーサナにチャレンジしても

ほとんどの場面で次のアーサナもできないことが多いです。

そして、できないアーサナに向き合うことが

アシュタンガヨーガの大きな魅力の一つです。

 

何年も次のアーサナに進めないという話は珍しくありません。

その間にそれまで行なっている全てのアーサナを見直し、

深めることができるし、

自分の身体的特徴や性格の癖なども自覚できます。

更には原因が生活習慣から来ている場合は

生活習慣ですら変えることができます。

 

これがもし次から次へとアーサナを増やしてしまうと

必ず無理をする場面が来るし、

痛みや怪我に繋がる可能性が上がります。

 

アシュタンガヨーガが安全性にとても気をつけている練習スタイルということは

上記の理由からもわかると思います。

 

またどれだけアーサナが増えて行っても

練習時間が2時間半を過ぎることもありません。

( だいたいの目安です。 過ぎる人も中にはいると思います。)

これは、ある程度進むとプライマリーの中盤のシークエンスを削ったり、

スタンディングシークエンスの途中からインターミディエートの練習に飛んだりします。

現在 KPJAYI ではシャラジが個人的に曜日毎でカットする内容を変えるように指示することもあるので、マイソールクラス での練習でどれくらいアーサナをカットするかは

先生と生徒の関係性によって変わる部分だと僕は認識しています。

 

アーサナの進み方、進ませ方についても

先生と生徒の関係性によって違います。

『 なぜあの人は次のアーサナをもらったのか? 』
『 なぜ私は進ませてもらえないのか? 』

これにはかなり個人差があります。

または、練習に来る頻度や、呼吸の深さ、痛みや怪我の有無、

身体的特徴、性格、ライフスタイル。

理由は様々です。

これについてもマイソールクラス の魅力の一つだと思います。

 

 

では、今日はここまで!

また次回続きを書きますね!

 

 

 

 

 

 

過去ブログ